幸せ

DSC_0004 small


連日の晴天に私は大変機嫌がよい。この季節にしては珍しいことだと思う。春とは大抵不安定なもので、空の色が変わり易いものと決まっているからだ。ところが昼頃になると雲行きが怪しくなってきた。向こうの空に黒い雲が広がり、今にも雨が降り始めそうだった。久しぶりに雨が降るといいのに、と思ったのはどうやら私だけらしく、行く先々で反論された。もう雨は充分降ったじゃないか、と。確かに。確かに存分降ったけど、しかし週に一度くらい降るのは自然の為にも私たちの健康の為にの宜しいのではないかと。

雨が降るかもしれない。そう思いながら旧市街へ行った。目的はなかった。ただ、ようやく咳が納まり始め、体が軽く感じるようになったので、ちょっと歩いてみようと思ったのだ。旧市街は春を楽しむ人々で賑わっていて、ショーウィンドウは春らしい色に満ちていた。そんな様子を見るのは楽しく、そんな情景の一部に自分が存在することを嬉しく思った。元気が一番。そんなことを思いながら過ごした土曜日。平凡で、しかしとても幸せな一日。


人気ブログランキングへ 

コメント

よかったです~
こちらの体まで ぽかぽかするような文章です
今年はこちらも春が早くて庭の桜が美しく咲いていますよ
お気に入りのジェラードのお店の前は、長い人の列でしょうねっ*

2014/03/23 (Sun) 11:04 | スプーン #EQkw1b1A | URL | 編集
Re: タイトルなし

スプーンさん、こんにちは。ようやく咳が止まり始めてこの良い気候を楽しむ余裕が出てきました。有難いことです。
庭の桜が美しく咲いているなんて、素晴らしいですね。ボローニャ旧市街でも桜なのか、杏なのか、桃なのか、美しく咲きそろって道行く人たちを楽しませてくれています。気に入りのジェラートの店は大繁盛。繁盛過ぎていてなかなか順番が来なくて困っています。

2014/03/23 (Sun) 23:26 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する