雨音に耳を傾けながら

DSC_0013 small


昨日からは想像ができないほどの雨降りとなった月曜日。それでなくとも月曜日は何時だって憂鬱なのに、朝から雨降りではどうしようもなかった。お手上げというか降参というか。雨だと言うのに近所の犬がテラスに出てきて私に吠える。怒っているわけではなく、単に挨拶をしているだけだ。その証拠に私が手を振りながらチャオと声を掛ければ吠えるのをぴたりと止める。可愛い犬。思いがけず大きく成長して飼い主を少々困らせたけど。

仕事中にふと思い出した。土曜日の晩に女友達から連絡を貰い、急遽彼女に会いに行った時のこと。今年の幕開けに小さな男の子を出産した彼女。それまで頻繁に会っていたけれど赤ん坊が生まれてからはそうもいかず、6週間ぶりのことだった。近所に暮らしているならまだしも、ボローニャ市内に住んでいるならまだしも、彼女はもう直ぐフェッラーラ県境というところに暮らしているからだった。彼女は私と大の仲良しで彼女の相棒は私の相棒と大の仲良しだ。年齢も様々なら性格も思想も様々の私達は、良いバランスを保ちながら付き合っていた。待ち合わせ場所は近所のプラガ・カフェ。夜も10時を過ぎていたのでてっきり赤ん坊を両親に預けてきたのかと思えば、小さな小さな赤ん坊が腕の中に納まっていたので驚いた。こんな遅い時間のこんな騒がしい場所で、しかもこんなに人が沢山いる場所に来て赤ん坊が驚いていやしないか。と、思えば赤ん坊は目をくりくりさせながら周囲に愛想を振りまいていた。ぐずることもなくただただ皆に笑顔を向ける。一体誰に似たのかと聞けば、どちらでもないと言う。それにしても顔が父親にそっくりだった。。食欲旺盛で快眠、目を覚ませば機嫌が良く、手間いらずだと彼女は言って笑った。シンプルで健康なのは彼女に似たのかもしれなかった。店の奥でジャズの演奏が始まった。ああ、これは泣き出すに違いないと思ったが、赤ん坊は知らん顔。しかも少しすると深い眠りに落ち、私達を感嘆させた。音楽が好きなのだろうか。それにしても私達にだって音が大きすぎるというのに、眠りにつくとは。そのうち私達も寝くくなりだして、また近いうちに会う約束をしてそれぞれの場所に戻っていった。

夕方になると雨はますます強くなり、冷たい雨から逃げるように帰宅した。家の中は温かく、私を安心させてくれた。雨はさらに強い降りとなり家の中に居ても雨音が聞こえた。と、私は気がついたのだ。私は雨が嫌いだけれど家の中で寛ぎながら雨音に耳を傾けるのは好きらしい。実際こうして耳を傾けていると興奮していた心が徐々に静まっていく。彼女の赤ン坊も今頃、同じ雨音に耳を傾けながら静かな眠りにつこうとしているのかもしれない。


人気ブログランキングへ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する