色の魅力

DSC_0001 small


少し前のことだ。街を歩いていた時にふと目に入った。エルメスの良く磨かれたガラスの向こうに飾られていた男物のセーター。実際はセーターを飾ってあった訳ではないが、ジャケットの隙間から見えるセーターに目の焦点が合ったと言った感じだった。ジャケットの仕立て具合は申し分なかったが、その中に来ているセーターの色合いが特別私の感覚を強く刺激した。幾何学模様とでもいうのだろうか、こんな柄のセーターは何処にもありそうで無かったし、それにスモークがかったモカ色に赤とピンクは一際粋に見えた。私の思考の中で何かが騒いでいた。何だろう、何だろうと探ってみたら、それはマネキンが身に着けているピンク色と赤だった。

イタリアに暮らし始めたのは随分昔の5月の終わりだった。それは初夏と言っても良いような、開放的な季節だった。最近は黒や茶、グレーを好む人が多くなったが、当時のイタリアは他国の人々が口々に言うイタリアンカラー、つまり発色の良い軽快な色が当たり前だった。例えば女性は初夏になるとレモン色や目の覚めるようなグリーン、オレンジ、明るい紫と白を組み合わせるなどして華やかだった。アメリカから引っ越してきたばかりの私と言えば、履きなれたジーンズに真っ白なシャツが定番で、地味で目だた無いはずが街を歩いていると逆に酷く浮いてしまうのだった。そんな私に周囲の人は、何故そんな地味な装いをしているのかと訊いたものだけど、私はそんなラフすぎるかもしれない装いが良いと思っていたのだ。ある日知人が素敵なワンピース姿で現れた。膝上のワンピースの裾から長い素足、そして白いモカシンシューズを履いていた。シンプルな形のワンピースは光沢のある緑色。足元の白との組み合わせが大変新鮮で周囲の目を大いに惹いた。イタリア人女性は見せることを知っているなあと私は酷く感心し、ああ、それだからこの国は様々な斬新なデザインを生み出すことができたのかもしれないと思った。そんなことを考えているところに今度は髭面の男性がやって来た。それは知人のそのまた知人で、背丈はさほど高くなく顔もごく一般的なのに周囲の女性たちが一瞬くらいは振り返らざるを得ない、感じの良い人だった。いや、なに、ごく普通の人なのだ。白い麻のシャツにアイロンがぴしりうと掛かった赤いパンツ、そしてやはり素足にモカシンを履いていた。たったそれだけなのに、何故もこう女性の目を惹きつけるのかと頭をひねっていると、知人がそっと耳打ちした。ねえ、赤という色は、男性に良く映えると思わない? それからピンク色も。この2色は女性が身に着けても色の魅力を発揮することができないと私は思っているの。悔しいわねえ。と、彼女はそんなことを言って笑った。男性が身に着ける赤とピンク色。あの日から私は男性が身に着けると魅力を発揮する色、というものが気になるようになった。

確かにこのセーターは良くできている。多分、女性が着てもそれほど素敵には見えないだろうこのセーターは、男性らしい男性が着ると粋で格好良く見えるに違いない。それも大人の男性。そのうち私の隣には40代後半ほどの男女がやってきて、女の方が指さして言った。ねえ、あのセーター。私はあんなセーターが好きなのよ。すると男がすかさず言った。ねえ、きみ。この手の色は男でなくては駄目なんだよ。     ふーん、やっぱりそうなのか。と、横で私は感心するのだ。


人気ブログランキングへ 

コメント

それは確かにそうですね。
父親にピンク色のシャツとパジャマを買ったのですが、彼はすごく気に入ってよく身につけていました。
周りの人たちからも「素敵ね。」と褒められていました。
初老の男性にピンク色がこんなに似合うとは、プレゼントした私もびっくりしたほどの新たな発見でした。
そして彼はそのピンク色のパジャマを着て、天国に旅立っていきました。

2014/02/11 (Tue) 09:56 | micio #O/XG6wUc | URL | 編集

なんだかわくわくするお話です。
唯一、一度行ったイタリア旅行。ナポリで50代くらいの現地ガイドのおじさんが、白のシャツにまぶしいオレンジのズボンをはいて、素足で靴でした。まぶしすぎました。どう生きたらあんなに軽やかにまとえるのかなと思いました。感性の違いでしょうか。どうどうと着てるのがまた、楽しんでる感じで。ピンク、最近は車の色でうすいピンクやイチゴミルクのようなもの、よく見かけます。水色や黄色、オレンジも。イタリアンカラーがたくさんだった頃、きれいだったでしょうね。どの色とどの色を組み合わせてと考えたら楽しそう。レモン色、明るい太陽の下で映えそう。

2014/02/11 (Tue) 13:48 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

micioさん、こんにちは。ピンク色のパジャマ、素敵ですね。ピンクものは女性が着ると単に甘ったるくなるのですが、男性が着ると洒落者に見えていいですね。私の舅も夏になるとピンクの半袖シャツをよく着ていました。良く似合うね、お洒落だね、と褒めたら、何言っているのさ、と照れていましたが、銀髪とよくマッチしていてお世辞抜きで素敵でした。
ああ、でもお父様はそのピンクのパジャマを着て天国に旅立ったんですね。micioさんのプレゼントを身に着けて。

2014/02/12 (Wed) 20:30 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。”ナポリで50代くらいの現地ガイドのおじさんが、白のシャツにまぶしいオレンジのズボンをはいて、素足で靴”。とてもイタリア人らしい装いでしたね。オレンジ色のズボンの代わりに黄色のズボンをはく男性も多く見られます。あれは環境から生まれるセンスなのでしょうね。スタイルの良しあし構わず、皆堂々とそんなスタイルで歩いているのが嬉しいですね。最近は、特に冬場は黒やグレー、茶色ばかり。そんな中でエメラルドグリーンやレモン色を身に着けたら気分爽快になれるでしょうか。・・・やってみようかな。

2014/02/12 (Wed) 20:38 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する