価値あるもの

DSC_0019 small


年を終えることから少し妙だと思っていたが、何時になっても店が開かない。街の中心に長年存在していたVia FariniのGIORGIO ARMANIのことだ。数日前、前を通りかかって酷く驚いた。店内がもぬけの殻になっていたからだ。最近そういうことが多々ある。昨年末もそんな風にしてBRUNO MAGLIが姿を消した。知っている人は知っていたに違いないが、そんな世界とは無縁な私は店が空っぽになってから、あっと驚くことになる。不況とは知っていたが、それにしてもこんな風にして私達の前から姿を消すとは。入ったことすらなかったけれど美しいショーウィンドウの前を歩きのが好きだったから、残念であることにはかわりない。

私とアルマーニは接点がない。いや、一度だけアルマーニのカシミヤコートを求めて捜し歩いたことがある。勿論自分の為ではなくて、友人の為に。友人と海のあるアメリカの呑気な町で、ほんの偶然で知り合った。私は相棒が結婚して数か月経った頃のことだ。友人はイタリアのサッカーが好きだと言うことで、当時アメリカ国内で始まろうとしていたワールドカップサッカー観戦のことで相棒と話が合うようだった。そんなこともあり、私達は一緒に食事をすることが多くなった。イタリアがブラジルに敗れて2位におさまったワールドカップサッカーが終わり、夏が過ぎて秋になり、冬が始まった頃、友人がふと言い出したのだ。アルマーニのカシミヤコートが欲しいと。当時私が暮らしていた町ではイタリアが酷く持て囃されていた。例えばイタリアのワイン、例えばイタリアのレストラン、例えばイタリアのジェラート。そしてイタリアの靴にしても、衣服にしても。しかしよりによってアルマーニのカシミヤコートとは。恐らく友人は何かの雑誌か、それとも映画で見たに違いなく、日に日にその欲望が増長するようであった。私は仕事をしていたが何しろ気楽な生活だったので、そんな友人の探し物に参加することになった。随分いろんな店を訪ねた記憶がある。アルマーニの店だけでなくメイシーズやサックス、そしてニーマン・マーカスなどの俗に言うデパートメントストアへも足を運んだ。私達は今日はあの店、次はあの店と気長に探し続けたが、友人は身分不相応と自覚したか、高額すぎて観念したか、それとも探しているうちにそれで満足してしまったか、兎に角ある日突然、アルマーニのカシミヤコート熱が冷めたのだった。それで良かったような気がする。確か私はそんな感想を言った覚えがあるけれど。あれが唯一の私とアルマーニの接点で、しかし接点と言いながらもついに交わることがなかったとも言えよう。

私は赤ワインがいい。グラスに少し注いだ深い旨味の赤ワインにひとかけらの良く熟したチーズ。私にとってはアルマーニのカシミヤコートに匹敵するほど価値あるものだ。空っぽになった店の前を通り過ぎながら、私はそんなことを考えた。

翌日、例の友人からメールが届いた。4月の終わりごろイタリアに来るそうだ。目的地は南イタリア。ソレント辺りを楽しむらしい。友人とは遠く離れながらもかれこれ20年の付き合いだ。今は大きな大人になり魅力的な女性と結婚もして幸せそう。アルマーニのことなど、恐らく覚えてもいないだろう。さて、彼らの旅程に合わせて私も南へ行ってみようか。こんな風にでもしなければなかなか会えぬ友人たちを訪ねて。早い初夏を楽しむために。強い太陽の光を浴びるために。


人気ブログランキングへ 

コメント

ロベルト・バッジョが思いっきりPKを外したアメリカのワールドカップですか?
そういえば、あれから5回もワールドカップがあって、都度違う友達と観戦していたなあ。
と、遠い目をして考えてしまいます。
私はyspringmindさんのように大人で穏やかな性格ではないので、自分の感情をダイレクトに相手にぶつけて大ゲンカして別れてしまった友達もいました。
ということを思い出して切ないです。

2014/01/14 (Tue) 04:47 | micio #O/XG6wUc | URL | 編集

こんにちは。
新しい年になりました。
遅ればせながら、ご健康で楽しい一年でありますように。
今年も楽しみに拝見いたします。

さて、昨年末に「BRUNO MAGLIが姿を消した」とあってびっくり。
一昨年にボローニャに行った折に店を探しましたが、見当たらず、とてもがっかりしたものでした。あったんでょうか?
異国の地で空を見上げて嘆息したのを覚えています。ボローニャで唯一寂しかったできごとでした。

2014/01/14 (Tue) 07:20 | 大庭 綺有 #oSFUNe7U | URL | 編集

私が住む街でも、どんどん店が消えて行きます。
最近いちばん悲しく感じるのは、私の都会の止まり木的存在、ブックストアが姿を消したことです。
でも、BRUNO MAGLI のようなハイブランドが店舗をたたみ、ネットショッピングで買い物をするなんて、なんて味気ない世の中なんでしょうね。
私はそういう身分ではないですが、やはり街を華やかにしていた店が消えるのは、寂しく感じます。

2014/01/15 (Wed) 03:13 | Naomin #- | URL | 編集

そういえば昨年ちょっとした記事になっていましたね、アルマーニの撤退。
MAGLIはミラノへ行ってしまったし、大好きだった銀製品屋も2件ほど店を閉めました。そぞろ歩きをしていても、今度はどのお店が?と心配になってしまいます。

4月の南イタリアはいいですよね。
2月のカラブリアの海沿いではオキザリスが満開になるぐらい暖かいんです。ソレントも同じくらいの気候なのでは? 4月の日中ならもう初夏の陽気のはず。
気の早い観光客は海水浴や日光浴をするぐらいの太陽光にも恵まれて、でも夏場ほどザワザワしていなくて。春から夏にかけての花が咲き誇る、花盛りのイタリアを満喫できると思います♪

2014/01/16 (Thu) 18:07 | erieri #TSqh09ZY | URL | 編集
Re: タイトルなし

micioさん、そうですよ、1994年のあのワールドカップですよ。あれは決勝でPK外して本当に残念でした。イタリアは何時負けてもおかしくなかったのに決勝まで行って、驚きでもありましたが。ところで私も色んな喧嘩をしましたが、それを乗り越えて続く友情もあるものです。長年続く友情とはそんな風に良いところも悪いところも見せあうから続くのかもしれませんね。
(当然のことながら私にも喧嘩別れのせつない思い出もあるのですよ。)

2014/01/17 (Fri) 00:07 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

大庭 綺有さん、明けましておめでとうございます。
ところで昨年末にと書いたものの、BRUNO MAGLIが姿を消したのは2012年の12月末でした。様々なうわさが流れていましたが、こんな風にある日突然閉まると裏切られたような気分になったものです。このブランドは元々ボローニャのブランドでしたがミラノに移ってしまいました。話によるとアメリカの誰かが買い取ったとか、何とか。今まで稼働していた工場も、今は随分寂れて廃屋化しています。寂しいですね。

2014/01/17 (Fri) 00:12 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Naominさん、こんにちは。あなたが住む街でも店が消えて行きますか。都会の止まり木的存在の本屋さんが姿を消す…確かにそれは寂しいですね。私にとってもハイブランドの店は単にウィンドウショッピングするだけの対象でありますが、何しろ素敵なディスプレイなので、その前を通るだけでも気分が良いのですよ。ネットショッピング、確かにそれが大きく関係していそうですね。今までそれには気がつきませんでしたよ!

2014/01/17 (Fri) 00:17 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

erieri さん、こんにちは。そうですか、あなたはご存じだったんですね。記事になっていたなんて。私は最近店の前を歩いてもぬけの殻の店内に驚愕しましたよ。他にも、閉まったままの店も多いし、入れ替わる店も多いし、ボローニャ、どうしてしまったのでしょうか。一体次はどの店が!
ところで4月の南イタリアは素敵ですね。私は2001年3月初旬にシチリアへ行きました。まあ、暖かいことと言ったら。ボローニャがまだ10度そこそこだったのに25度なんて気温で笑いが止まりませんでした。4月末のナポリ、今からとても楽しみです。薄着になって沢山太陽を浴びたいものです。

2014/01/17 (Fri) 00:24 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する