快晴の祝日は散策がよい

DSC_0018 small


1月6日、祝日の今日は朝から快晴。青空に飛行機雲が一筋、天に向かって伸びていた。祝日の名前はエピファニア。私がイタリアに暮らし始めた頃は誰もがそう呼んでいた。しかしそのうちこの祝日をベファーナと呼ぶことが多くなり、今ではエピファニアと言ったところで話が通じなくなりつつある。少なくとも若い人たちの間では。そもそもベファーナとは老いた魔女の名前である。サンタ・クロースの姉か妹か従姉妹か何か、誰に聞いても本当のところは分からないくせに勝手にそんな話だけが独り歩きしている。この魔女は見かけはあまりよくないけれど、決して悪い魔女ではないらしい。実際イタリアの子供たちは、この日を心待ちにしているのだから。良い子には甘いお菓子を。悪い子には炭を。そういう伝説らしいけど、私は一度だって炭を貰った子供を見たことはない。この日を最後に冬休みを終える人が多いようだ。明日から普通の生活に戻る私は多少なりとも溜息がこぼれるが、皆が同じだと思えばなんとか我慢できると言うものだ。天気が良いので旧市街へ行った。祝日運行の為にバスの本数が驚くほど少ないほかは、天気は良いし、街を歩く人々は皆笑顔だし、こんなに気持ちの良い一日は滅多にない。街の中心では何やら子供たちの為に催し物があるらしく、何処を見ても小さな子供で笑いが止まらなかった。鳩を追いかける子供、恐れることもなく通りすがりの大きな犬の背中を撫でて周囲をびっくりさせる子供。もう歩けないと言って涙をこぼす子供。周囲の大人の笑みを自然と誘う。この祝日に街を歩くのは初めてのことだ。

と思ったが、そういえばこの祝日に私はローマの旧市街を歩いたことを思い出した。18年も前のことである。私はローマで仕事を得て1月早々ボローニャから大きな荷物を車に詰めてローマにやって来た。相棒が一緒に車で来てくれた。アパートメントが見つかるまで相棒のアメリカ時代の友人のところに世話になることになっていた。相棒が大昔に何か親切にしたらしく、私がローマに行くと知ったら、小さなアパートメントだが暫くいるといいよと言ってくれた。私がローマで働くことは相棒と離ればなれになると言うことで、結婚しているのにと周囲の多くが咎めたが、しかし私はローマで働きたいと願った。ボローニャで納得のいく仕事が見つからなかったこと、自分の友達が見つけられなかったこと。私はいつも相棒の奥さん、と言う存在だった。何かあれば味方はいなかった。18年前のボローニャは外国人が少なかったから仕方がなかった。だから、私は自分が納得のいく仕事をしながら自分の域を作り上げたかった。自分の友達。自分の仕事仲間。自分の足で立って生活したかったのだ。さもなければ私はすっかり自信を失って、どうにかなってしまいそうだったから。相棒の古い友人は確かに小さなアパートメントに暮らしていた。彼の恋人も居たので、そこに私が、そして数日の間は相棒も転がり込んで大した迷惑と言うものだった。しかし文句を言うでもなく、一緒に新聞の貸家のページを見てくれたり、イタリア語が思い通りに話せない私に代わって電話してくれたり、全く親切だった。ようやく住居が見つかってほっとしたのがこの祝日だった。全く天気の良い一日で、私達はローマの旧市街に繰り出して当てもない散策を楽しんだ。確かそのあと私達はヴァティカンの広場へ行って、もうすぐ片付けられるであろうクリスマスの飾りを堪能した。あれがイタリアに来て初めてのエピファニアの祝日だった。その後、相棒はひとりボローニャに帰り、私はローマで仕事を始めた。寒い1月だった。そうだ、そうだった。ローマでの生活は遠い過去のこととなった今、そんなことも私の記憶の小箱にしまわれっ放しだった。あれから色んな大波を乗り越えた、ような気がする。辛いことを数え始めたらきりがないから、幸せを、喜びを数えようと言いながら生活した。そのうちそんな癖がついて、能天気だねと皆にからかわれ、相棒の両親からはどうしようもないと言うような深いため息をつかれたものだ。

旧市街を歩きながらそんなことを思い出した。嫌な思い出ではない。いや、案外良い思い出なのだ。どれも此れも、私と相棒が辿ってきた、かけがえのない思い出だ。


人気ブログランキングへ 

コメント

その癖がつき…私も親から以前同じようなことを聞いたなと思い出しました。自分がまだ、到達できてない境地ですが。1月6日、子供たちむじゃきでにぎやかですね。

2014/01/07 (Tue) 15:50 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。この癖は案外良いことだと思っています。つまらないことを見つけて文句ばかり言っているよりも、俄然ポジティヴだと思うんですよ。だから能天気で、改善される様子は全くありません。1月6日は子供が沢山街に出てくるのだから、毎年こんな晴天になることを望みます。

2014/01/08 (Wed) 23:59 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する