寒さ第一号

DSC_0059 small


寒さ第一号。と私は呼んでいるが、しかし何の裏付けもない。ただ急に寒くなったと思ったらとんとん拍子で気温が下がった。昨日今日と朝の寒さは呆れてしまう程だった。車に霜が降りてフロントガラス幾度も擦らねばならなかった。車の表面も白く凍り付き、見ていると寒さが増した。街角のデジタル温度計が零下3度を示しているのを見て、ああ、成程と頷いたのわ私だけでなかったに違いない。寒さ第一号、若しくは冬の始まりと言っても良いだろう。

帰り道もひどく寒く、私は旧市街に着くなりフランス屋に入った。フランス屋とは私が勝手につけた名前でもっと洒落た名前を持つこの店は、フランスワインを始めにフランスのちょっとした食料品を置いている。上の階にはテーブルが幾つか置かれていて、軽食とワインを楽しめるようになっている。私が上の階に行くのは稀だ。仕事帰りにふらりと立ち寄るのでひとりでカウンターの前で立ち飲みが多い。ひとりと言っても店主が話し相手してくれるから、ひとりという感覚はあまりない。それからたまには居合わせた他の客とも他愛ない話をするので、立ち飲みは結構賑やかで楽しいのだ。さて、寒い寒いと言いながら店に入ると店主が冬のジャケットを着込んで奥から出てきた。寒いねえ、と言いながら。実際店内は酷く寒く、店主がジャケットを着込んでいるのが頷けるほどだった。話によれば暖房が故障したとか何とかで業者に来て貰ったそうだ。一時間前に直って暖房を入れたものの、冷え切った店内が温まるまでにはまだまだ時間がかかるとのことだった。しまったなあ、温かい店内で華やかな白のスパークリングワインでもと思ったのに。仕方がない、と言いながら赤ワインを注文した。仕方がないと言っても赤ワインが大好きだから、何の問題もない。棚の上の方に70ユーロのワインが置かれているのを見つけた。木箱に入れられたそれは何やら特別のワインらしく、私の興味を引いた。あれ、美味しいのかしら。店主に聞いてみると美味しいと言う。ふとほかの棚を見上げると古い装いのワインを見つけた。あれは? あれはどうかしら。そう訊く私に店主は首を横に振りながら、あれは駄目だ、あれは酢になってしまったと言う。随分前のそのワインは明るいところにずっと置かれていたものだから、残念ながら飲める代物ではないのだそうだ。ワインはね、地下倉庫の暗くて涼しいところに置いておかなくては。残念だったな、と何度も言いながら店主はそのワインを眺めた。店主の自宅の地下倉庫には100本以上のワインが隠されているらしく、その殆どが休暇のたびに訪れるフランスで見つけた選り抜きらしい。私は健康なうちに美味しいワインを堪能したいから、地下倉庫になどしまっておけないわ。そう言って胸を張る私に店主が言う。僕の奥さんとおんなじことを言うんだね。私はあははと笑いながら続けて言う。ワインだけじゃない、健康なうちに人生を楽しんでおかなくては。お金は天国には持ち込めないから、生きているうちに人生を楽しむために使うのよ。店主はまた言う。ああ、君は僕の奥さんと同じことを言うんだね。私は再び笑いながら、案外彼の奥さんと私は良い友達になれるのではないだろうかと思った。この店に来るのはせいぜい月に一度くらいだが、こんな話をしながらフランスワインを楽しむのが好きだ。赤ワインのおかげで血の循環が良くなったらしく、あのすっかり冷えていた身体が温まりだした。そのうち店に客が入り始めたので店主に挨拶をして店を出た。

冷え切った空にダイヤモンドのように光る星がひとつ。明日も良い天気になりそうだ。まだ点灯されていないクリスマスツリーを横目で見ながら、いつものバスに乗るために歩き始めた。


人気ブログランキングへ 

コメント

yspringmindさん、こんにちは


そうそう、人生一度きり

私は、美味しいワインならぬ、日本酒を探しに

祇園に行こうかなぁ・・・


そう云えば、馴染みの御茶屋にも、

最近、顔だしてないなぁ・・・・

相方の眼が怖くて、なかなか、行動出来ない私^^;

2013/11/29 (Fri) 23:21 | 高兄 #TgMZ4Uks | URL | 編集
Re: タイトルなし

高兄さん、こんばんは。高兄さんは日本酒ですか。しかも祇園に捜しに行かれるんですね。それから馴染みの御茶屋。お相方の目はいつも光っていますから、お気を付けくださいませ。危険は冒さない。これは鉄則ですよ。
しかしお酒にしてもワインにしても美味しいものに巡り合った時の喜びは大きいですね。深みに嵌らぬように気を付けているんですよ。

2013/12/01 (Sun) 00:49 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する