ボローニャを歩く

DSC_0011 small


ボローニャ市内に再び暮らすようになって11ヶ月目。今まで暮らしていたボローニャ郊外の丘の町ピアノーロと比べたらなんと静かな日曜日なのだろう。郊外は静か、市内は賑やか。どうやら私はそんな風に思い込んでいたようだ。ピアノーロの週末ときたら町の人々の大声でのお喋りで静寂とは無縁だった。それに比べて今の家は、週末となると皆が息をひそめているのか、それとも留守なのか、物音すらしない。それとも町の暮らしはそんなものなのかもしれない。互いが互いを尊重して静かに生活するのかもしれない。

私と相棒がアメリカ暮らしに区切りをつけてボローニャに引っ越してきた頃、旅行者らしい姿はあまり見かけなかったように思う。いや、居たのかもしれない。ただ目立つ存在ではなかったし、居てもごく僅かだったのではないかと思う。この街には学生と働く人がひしめいていて、何か黙々とした雰囲気に満ちていた。ローマのような賑やかさとも呼べる喧噪はなく、寂しいくらいだった。秋から冬にかけては尚更だった。濃霧が音を包み込んでしまうと言うか、飲み込んでしまうと言うか、妙に静かだった。この季節の静けさは今も同様と言えるだろう。多分何年経ってもきっと変わりがないに違いない。変わったのはこの街に訪れる人が随分と多くなったことだ。アメリカ大陸やヨーロッパ諸国から、そしてアジアの国々から。ポルティコの下を歩きながら時々地図を広げては、あっちかな、こっちかなと悩む姿が微笑ましい。迷ったにしても大した事にはなるまい。何しろ小さな街だから。ボローニャとはそんな街だ。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは。

そうですね、私も道にさんざん迷いましたが、due torriあるいはS.Lucaを目指していれば、とにかく何とかなりました。

でも、やはり空間の区分が日本とは全く異なるので、気疲れした思いがあります。
まだ慣れていなかったのでしょうね。

2013/11/18 (Mon) 11:50 | Via Valdossola #P6wRKz4w | URL | 編集

ボローニャと初めて関わりを持ったのは家族で行ったイタリア旅行。
ヨーロッパ最古の大学があり、とても知的な雰囲気で、大きな平和感に包まれているような温かみのある街に魅了され、また必ずここに戻って来る、と心に近いを立てたとおり、私はボローニャに戻りました。次は学生として。もう十何年以上も前のこと。ポルティコの下を歩きながら、毎日が知的好奇心を刺激される出来事の連続で、また、自分では全く気付いていなかった大切なことに気づかされ、新しい自分を発見した、私の人生の中で重要な意味合いを持つ街です。いくつになっても学ぶことが多い、そんな街のように思います。

2013/11/18 (Mon) 17:17 | ah2012 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Via Valdossolaさん、こんにちは。碁盤の目のように道が施されていてどこまで歩いても同じ名前のアメリカの町に慣れていた私には、十字路の向こうの道はもう違う名前のボローニャには散々困りましたが、それも慣れるものですね。例えばローマのように広い町だと迷ったら迷いっぱなし、なんてこともありますが、ボローニャくらいの規模ならばそれも何とかなるものです。それがボローニャです。

2013/11/20 (Wed) 22:11 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ah2012さん、こんにちは。初めてのボローニャは家族旅行だったんですね。それは良い思い出となったことでしょう。自分の肌に合う街に出会えること、それは大変な幸運だと思うのです。私にとってその町はサンフランシスコでした。そして暮らすために海を渡り4年間暮らしましたが、縁があって今はボローニャ暮らしです。それはそれで良かったと思うのですが、あの4年間は私の人生の中の大切な部分だと思うのです、ah2012さん同様に。そのことを私は大変な幸運、幸福ものであるとも思うのですよ。ボローニャは素朴で地味で目立たない。だけど暮らしてみると味が出てくる。私はそんな風に思うのですが、いかがでしょうか。

2013/11/20 (Wed) 22:18 | yspringmind #- | URL | 編集

yspringmindさん、こんにちは。

前回のコメントに誤字があり大変失礼しました。

yspringmindさんの仰るとおり、ボローニャは「暮らしてみると味が出てくる」、本当にそういう街だと思います。
大きすぎず、小さすぎず、程良い大きさではないでしょうか。何と言ってもやはりボローニャはポルティコが特徴的ですね。

私が住んでいる東京は、都心部で都市再開発が行われた場所などは目まぐるしく様変わりを見せています。街の様子の変化に時間の経過を感じる暇もないくらいです。そこが東京の魅力の一つなのかも知れませんが。

2013/11/21 (Thu) 04:22 | ah2012 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ah2012さん、こんにちは。ボローニャは私にとっては実に丁度良い規模の町です。東京に生まれて育った私ですが、ボローニャに慣れてしまった今は東京の広さと忙しさにお手上げです。それに変化の早いこと! しかしそれが都会と呼ばれる街なのでしょう。それで、お手上げと言いましたが帰省時の東京散策が楽しみなのです。表参道にあった昔ながらのアパートメントが消えてしまったのには驚きましたけど。

2013/11/23 (Sat) 00:05 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する