静かなカフェ

P1010487 (640x480)


ボローニャに帰ると早々に夕食に誘われた。たった2週間しか経っていないのに友人達は私が何処か遠い国に行ってしまったような気がしたらしく、私が帰ってくるのを首を長くして待っていたそうだ。それで夕食の誘いに乗ると、彼らはまるで宝くじを当てたみたいに大喜びした。理由はいまひとつ分からないが、会えることを喜んでくれるなんて嬉しいではないか。そうして車を北のほうに40分も走らせて彼らの家を訪ねた。一番初めに飛び出してきたのは私の女友達。そして大好きな、彼女の犬。尻尾を大きく振って喜ぶ犬を見ながら、君も喜んでくれるのかと感謝する。家の中では家の主がキッチンに立ち、腕を振るって料理していた。やあ、やっと帰ってきたね、と言う言葉に、私はふと不思議な気持ちに陥った。それは私が日本の地を踏んだときに思ったことで、しかしボローニャもまた私の家に違いなく、成程、自分には戻る場所がふたつあるのだなと今更ながら発見したのだ。彼らの日本への好奇心は限りなく深く、しかし説明するたびに分からないと首を振る。それもその筈、私にとって当たり前のことも彼らにしてみれば想像の外の文化であり習慣なのだ。彼女の要望で写真を披露した。私の目に映った日本の美や、新鮮と感じたものや情景は彼らにとっても興味深かったらしく、いちいち説明を加えねばならなかった。何もかも違うのね、と言う彼女に彼が言う。そうさ、だから日本からイタリアに来ると何もかもが違って見えるのさ。それが文化や習慣の違いであって、だけど面白いことに同じ地球上に存在するんだ。横でそんな会話を聞きながら、なかなか良いことを言うと感心する。そうだ、同じ地球上に存在するのよ。そんなことを心の中で幾度も繰り返して言ってみた。彼らが一番喜んだのは浅草の履物屋の店先に並んだ下駄や草履の陳列写真だったが、私が一番好きなのは別にあった。
それは六本木の国立新美術館内のある静かなカフェだ。義兄が丁度ふたり分招待状があるからと言って、入場券をくれたのだ。それで姉が六本木へ行こうと提案したのだ。絵をやめてからもう何年も経つ。その間美術館へ足が遠のいて、片手ほどの回数しか訪れていない。美術館へと歩く道の途中で姉がふと思い出したように突然言った、また絵を描けばよいのに、と。まったく違う絵を描いてみるとよいと言った。あなたには面白い個性があるのだからと付け加えて。私はそのどれにも返事をしなかったが、あれから何年も経って、その間一度もそのことに触れなかった姉が急にそんなことを言ったことに内心酷く驚いていた。姉は姉なりに、私のことを遠巻きに見守っていたのだろうか。そうだとしたら、私は姉が言うように、もう一度絵筆を持ってみても良いと心の隅っこでそう思った。義兄がくれた入場券は何とひと月先のものだった。私たちは義兄の不注意が酷く可笑しくて、暫く口もきけぬほど笑った。大体私たちだって気が付かなかったのだから、まったく間抜けな話だった。しかし折角だからと私たちは他の展示を観賞してよい時間を過ごした。開館時間からあまり経っていなかったため、空いていて静寂だった。観賞を終えて踊り場に出たところで見つけた。階下に広がるカフェの空間。悠々と広がる、よく磨かれたハードウッドの床。その上に丁度良い間隔で美しく並べられた丸テーブル。テーブル席に着く人はまだ少なく、声も音も聞こえてこない。姉はそれを見慣れているのか、あまり大した感動も無く、しきりに感心しては喜ぶ私を横目で不思議そうに眺めるばかりだった。ボローニャには無い空間。静寂な空間。私もその一部になりたいと願ったが、姉には姉のプランがあった。すぐそこにある大変美味しい中華料理店に連れて行きたいとにことだった。孫さんの手料理なんだけどね、と姉が嬉しそうに話し始めたので、この情景の一部になるのは2年後のお楽しみとなった。それも良い。次回のお楽しみ。午前早くに絵を鑑賞して、静寂きわまるカフェで休憩する。人に言えばそんなつまらない楽しみと言うかもしれないけれど。それにしても、この日私は気が付いたのだ。姉は姉にしかない方法で私を遠巻きに見守ってくれていたこと。それに気が付いて私は嬉しく、心の中で嬉し泣きした。家族とはそういうものなのかもしれない。姉妹とはそういうものなのかもしれない。

私が日本から持ち帰った手土産のカステラの繊細さ、口の中で溶けるような美味しさに友人達は驚嘆し、夕食会は夜中過ぎまで続いた。ああ眠い、と一番初めに席を立ったのは私。その次は妊婦の彼女。美味しかった、楽しかったと幾度も別れの挨拶のキスを交わした。夏休みの締めくくり、締めくくりの儀式みたいな夕食会。私は今も時差ぼけに悩み、口数が少ない。時差ぼけはいつものこと。口数が少ないのは帰省後によくあるホームシック、みたいなものだ。それも明日から仕事が始まれば、いつもの生活に乗るだろう。

ああ、夏休みが終わっていく。


人気ブログランキングへ

コメント

お帰りなさい!

ほんと11日間なんて、あっという間に過ぎてしまいますね。
思うに、住んでいる場合でも、日本の時間の流れは アメリカよりも早いように感じます。(笑)

ご家族との豊かな時間で満ちた夏休み、きっといつまでも心に残る素敵なものだったのでしょうね。

ブログの文面から ほのぼのとした心地よさが伝わってきました。



2013/08/26 (Mon) 20:46 | るみこ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

るみこさん、こんにちは。日本から戻って一週間が経とうとしているのに、まだまだ日本ボケしています。11日間はあっという間でしたが、ぎゅっと中身が詰まっていました。家族を大いに振り回したので11日間くらいで丁度良いのかもしれませんが、もっと居たかったような・・・。今回の帰省では日本のよいところを沢山見つけました。早くも2年後の帰省が楽しみなのです。

2013/08/29 (Thu) 22:38 | yspringmind #- | URL | 編集

こんにちは、以前からブログを拝見させて頂いています。
自分も最近ボローニャに越してきたので、挨拶代わりにコメントを残していきますね。

2013/08/31 (Sat) 16:53 | Y #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Yさん、こんにちは。ボローニャに越して来たそうですが、いかがですか。ボローニャの良いところを探しながら、楽しい生活になりますように。
これからもお付き合いお願いします

2013/08/31 (Sat) 19:45 | yspringmind #- | URL | 編集

ありがとうございます。
とても素敵な町だと思いますよ!
もう少しイタリア語が堪能であったらと思います。

2013/08/31 (Sat) 22:22 | Y #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Yさん、イタリア語は堪能でなくてもどんどん話すことが鍵です。周囲の人と話が出来るのは楽しいことです。そのうちいやでも上達します。

2013/09/01 (Sun) 22:41 | yspringmind #- | URL | 編集

ありがとうございます、頑張りますね!

2013/09/02 (Mon) 20:35 | Y #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

うん、その調子!

2013/09/02 (Mon) 23:08 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する