ヴェロニカとチャーリー

DSC_0060 (640x428)


休暇まであと少し、と言ってもまだ10日も待たねばならないけれど、其の前にすっかり片付けておかねばと連日居残りで仕事。しかし翌日の朝から、あーあ、と思わないためにも其の日のことは其の日にしておくのが宜しい。そのうちすっかり片付いて定時に帰れる日が来るに違いない。居残りと言っても別に誰に言われてするでもない。大体、空がまだ明るいうちに帰るのだから文句を言えたものではない。職場を後にしてちょうど来たバスに乗って旧市街へ行き、ちょっと歩き回ってみたり、いつものジェラートの店へ行って美味しいのを食べながらいつもの店の女の子とお喋りなどする時間さえある。靴屋に立ち寄って物色もする。居残りは確かにするけれど楽しいことはひとつも欠かしていないのだから、全く暢気なものである。それにしても7月も終わり。明日から8月だなんて信じられないね、と今日はいったい何度同じ会話を交わしたことか。子供の頃は学校が終わることで季節を感じたものだけど、そして夏休みを指折り数えて待っていたからカレンダーを見なくとも今日がいったい何日だか間違えることも無かったけれど、最近はうっかりするとあっという間に一週間が経ち、え、明日は8月なの? と、そんな具合だ。そんなことを考えながら旧市街をそぞろ歩き、7月よ、さようなら、と空に向かって囁いた。

旧市街から13番のバスに乗って、最寄の停留所で下車した。此処からはすたすた歩けば家まで3分と掛からない。丁度上り坂に掛かった頃、後ろから声を掛けられた。チャオ。若い女の子の声だった。振り向くと長い金髪の美しい女の子だった。彼女は多分、筋向いの建物に暮らす女の子だろう、そんな気がする、と思っていたら、彼女のほうから話し始めた。ねえ、あなた、筋向いのテラスの住人でしょう。毎朝仕事に出掛けるのね、こんな遅くまで仕事なの? と笑みをたたえながら訊いた。確かに毎朝仕事へ出掛けるが、こんな時間になったのは靴屋のセールを覗いてみたり、ジェラート屋さんに立ち寄ったから。そんなことを思いながら、とりあえず、うん、そうなの、と返事をした。すると彼女は目を丸くして、すごいわね、忙しいのね、と驚いた。私は少し躊躇いながらも、うん、まあね、と返事をした。彼女は色が白くてほっそりしていて、ショートパンツからすんなりと長い足が伸びていて、其の素敵な姿が羨ましかった。彼女は無邪気に話し続けた。彼女はたったの20歳であること、ルーマニア人で家族でここに住んでいること、姉妹がふたりいること。この界隈が好きなこと。そしてひとつわかったことがある。どうやら彼女は私に関心を持っていたらしい。いったいあの人はどんな人なのかしら、と。6月の終わりに引っ越してきた東洋人。イタリア人と住んでいて、毎朝何処かへ出かける人。それから多分、こんなことも思っていたに違いない。随分洗濯すきねえ。そうなのだ。私は洗濯が大好き。しかし前の家にはテラスが無かったので、其の洗濯好き精神が萎えていたのだ。今は何の問題も無い。だから週に幾度も洗濯してしまうのだ。彼女は犬を抱えていた。チャーリーと言う名の子犬で、この近所のアイドルだ。私ですら其の名は知っていた。通りすがりの誰もが、チャーリー、と声を掛けるからだ。チャーリーも私に関心を持っていたらしい。私が頭をなでると、まるで感動したかのような表情で私をじっと見つめて喜んだ。可愛い子犬。良い友達になれそうだ。良い友達になれそうなのは女の子も同様だった。ねえ、あなたの名前はなんていうの?、と彼女が聞くので名前を述べると、どうやら日本人の名前が珍しいようで目を丸くして聞き入った。一瞬の驚きからさめると、それでね、私はヴェロニカよ、と言って私たちは手を振り合ってそれぞれの庭に入っていった。可愛いヴェロニカ。可愛いチャーリー。私もこの界隈が好きなのよ。私はそんなことを思いながら。

それにしても、彼女とちょっと立ち話をしているうちに随分虫に刺されてしまった。足首を4箇所も。夕方の立ち話は油断も隙も無いのである。


人気ブログランキングへ

コメント

こんにちは。
ところで、yspringmindさんのこのブログ画面を開けると、自動的に画面下にCandy Crushという無料ゲームの宣伝が出てくるのですが、ちょっと煩わしいですね。
どうすれば出なくなるのか、ご存知の方、教えてくださると、助かります。
せっかくの楽しみにしているyspringmindさんの文なのに。
また訪問します。

2013/08/01 (Thu) 12:37 | Via Valdossola #P6wRKz4w | URL | 編集
Re: タイトルなし

Via Valdossolaさん、暑いボローニャからこんにちは。ブログ画面を開けると、自動的に画面下に無料ゲームの宣伝が出てくるのですか?私も色んなパソコンで試してみたのですが、その宣伝、出てこないんですよ。不思議ですね。他にも同じような方、いるんでしょうか。確かにそういうのは煩わしいので消す方法を知りたいですね。知っている方、教えてください。お願いしまーす。

2013/08/02 (Fri) 19:47 | yspringmind #- | URL | 編集

こんにちは。
宣伝が出るのはi Pad miniだけなのです。Appleのストアーからダウンロードできると書いてあるので、Appleに聞いてみましょうか。
一度ワンクリック詐欺にあったことがあるので、少々敏感になってしまっていますが、yspringmindさんのところは、楽しみがいっぱい詰まっていますから、訪問は続けさせていただきます。
熱中症にご注意下さい。

2013/08/03 (Sat) 06:48 | Via Valdossola #P6wRKz4w | URL | 編集
Re: タイトルなし

Via Valdossolaさん、こんにちは。成程、i Pad miniなんですね。それだけって言うのが気になりますが、確かに広告宣伝は鬱陶しいんですよ。同感。ところでワンクリック詐欺にあったことがあるそうですが、それ、何ですか。情報に疎くてすみません。でも詐欺ってことは騙されてしまうんでしょうか。
日本に帰る前に熱中症になどかかっては居られません、頑張る毎日です。

2013/08/04 (Sun) 22:22 | yspringmind #- | URL | 編集

こんにちは。
ワンクリック詐欺にはさまざまな種類がありますが、私のところに来たのは次のようなものです。

1.ある日画面上に「○○のご注文をありがとうございました。確認のため、「同意する」または「同意しない」のどちらかをクリックしてください。」
(そこで私は注文していないのですから「同意しない」をクリック)
2.数秒後、「ご注文承りました。ありがとうございました。」の表示。同時に「クリックの誤操作の場合は下記までご連絡ください。」と表示され、相手先のアドレスが示される。
(すぐにそのアドレス宛に「同意しない」をクリックした旨の連絡をする)
3.しばらくたって相手から「本社には「同意する」との表示が入っていますので、すでに契約は成立しています。したがって3日以内に金5万円を指定口座に振り込んでください。もし振り込みがなかった場合は、貴殿のメールアドレスから勤め先・住所等を割りだし、裁判所に提訴するなど法的措置を取らせていただきます。」
以上のような内容のやり取りがあり、私は急いで消費者センターに相談に行きました。
センターの担当者いわく、この手のものは「同意する」「同意しない」「×」のいずれをクリックしても先方には「同意する」という形で送信されるようにプロクラムされているので、いくら言っても水掛け論です、とのこと。ただしこの手のものは、一種の通信販売ですから法律に定められた条件を満たしていないので、放っておけばよいのです。ただし、本当に裁判所から連絡が来たら、すぐに相談しに来てください。万に一つもあり得ませんが、念のため。
実際に放っておいたら、何も起こりませんでした。

以上が、私に起こったワンクリック詐欺です。大切なのは、相手とのやり取りをすべて保存して、それをもって消費者センターや弁護士に相談に行くという点です。

少々長くなりましたたが、ダイジェスト版で。
i Pad miniの宣伝も、この手のものでないことを祈っているのですが。

2013/08/06 (Tue) 04:17 | Via Valdossola #P6wRKz4w | URL | 編集
Re: タイトルなし

Via Valdossolaさん、こんにちは。そんなワンクリック詐欺がありますか。驚きです。そんなことがあった後では確かに全てのことに用心したくなりますね。同じような体験をした人、案外沢山居るんでしょうね。
イタリアではその手の情報が少ないと言うか、そういう詐欺にあったと言う話はあまり聞きません。単に知らないだけでしょうか。しかしそんなことがあると知ってしまったからには、私も慎重にしなくては、と思うのです。詳しく教えていただきまして有難うございました。

2013/08/06 (Tue) 23:08 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する