夜風、なんて良い響き。

DSC_0045 (640x428)


今日も暑い。道を歩く人は少なく、皆、きっちり日除け戸を下ろしている。暑さから逃げる為に海か山へ出掛けているのかもしれないが、息を潜めて家の中でじっとしているのかもしれない。ボローニャに暮らし始めたころ、7月になるなり何処もが日除け戸を下ろしているのを見て、ほら、みんな何処かへ出掛けている、と言う私に相棒が横に首を振って言ったものだ。違う違う、みんな家の中にいるのさ。夕方になったらあの日除け戸が開くから待っていてごらん。実際18時半を回る頃になると、そろそろと日除け戸が開けられて窓が大きく開かれるのだ。そういうことを不思議に思ったものだったが、そんなこともごく普通のことになってしまった。だから最近知人に私がしたと同じ質問をされて、はっとした。ううん、違うんです、みんな家の中で涼しくなるのを待っているんです、と答えながら、そうだ、私もそんなことを思ったことがあった、と懐かしく思い、小さな思い出し笑いがこみ上げた。

昨夕、長い昼寝から目を覚まして夕食の準備をしていたら、携帯電話にメッセージが入った。送信者は私の若い友達のGiò. 私たちは金曜日の晩に会う約束をしていたがあまりに暑いので約束を延期させたのだ。暫く続くこの暑さだ。いったい何時会えるだろう。何しろ彼女は妊婦で、この暑さが体に大変堪えているようだから。私はそんな風に思っていたのだが、彼女は案外私が考えているよりも強いらしく、ねえ、今晩会わない? とのことだった。この暑さにも負けず彼女が外に出ようと言うのだ。私が暑いからちょっと・・・などと言うのは弱虫過ぎると言うものだ。私は一瞬ためらったものの、うん、勿論よ、とメッセージを送り返した。22時半を過ぎた頃、私と相棒は彼女に会いに出掛けた。大きなお腹を抱えるようにして彼女は夜風の中に立っていた。横には彼女の恋人。そして足元には大好きな犬君。もうすぐ4人家族になると言う彼女の言葉から、犬は家族の一員で、生まれてくる男の子のお兄さんに当たる存在らしかった。私たちはいつものカフェの、一番風通しの良い場所に座った。冷たい飲み物をひとつづつ。でも誰もワインを注文しない。一寸たりとも体温を上げたくない、と言わんばかりに。其のうち彼女の母親の休暇の話になった。日曜日の朝に出発とのことだった。彼女の両親はシチリア島の西の町の出身で、若い頃にボローニャに移り住んで来たと言う。だから母親は夏になると美しい地元の海を求めて故郷に帰るのだそうだ。しかし父親はボローニャに残る。父親のほうは故郷にあまり愛着も執着も無いらしい。妻が留守の間に自由気ままな生活をする、これが彼の休暇と言うことだ。イタリアでは良く聞くタイプの話である。さて、母親はいったい何時帰ってくるのかと訊ねると、分からないと言う。航空券は片道しかとっていないからだった。あらあらと驚く私にGiòと恋人はいつものことだからと全く平然としたものだった。私はまだ会ったことの無い彼女の母親に妙な好感と親しみを覚えて、何時まで笑いがとまらなかった。あなた、どうしたの? ううん、なんでもないのよ。私たちはそんな会話を幾度も繰り返しながら。それにしても素敵な夜風で、昼間のうちにすっかり火照った肌という肌が、冷えて気持ちが良かった。夜風。なんて良い響き。今夜は良く眠れそう、と言いながら挨拶のキスを交わして別れた。

確かに夜風が気持ちが良くてよく眠れたけれど、朝起きたら驚くような暑さが待っていた。今日のボローニャは40度。でも。最寄のバス停の近くの陽当りの良いデジタル温度計は45度。それは本当か嘘かはどうでも良い。暑くてとけてしまいそうだ。


人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する