兎を赤ワインでじっくり煮込んで

DSC_0019 (428x640)


あなたの日焼けした肌に白いレースのブラウスが良く似合う。昨晩、食事を共にした女友達にそう言われた。有難う、でも別に日焼けしたかったわけではなく、歩いているうちにこんな風に日焼けするのよ、と説明する私に彼女はそれでもいいじゃないかと言う。そうね、と思いながらも、そうかしらと首をひねる。この夏帰省した際に、家族から窘められるに違いないのだ。そんなに日焼けして、と。昼食後、相棒と共に近所のバールに立ち寄ったら店続きのタバコ屋のカウンターの向こう側にステーファノが立っていた。先日のテラスでの夕食会の礼を述べる私にステーファノが言う。先日は楽しかったね。お母さんも友達も僕も、君の食べっぷりが気に入ったよ。横にいた相棒が声を殺して笑いながら、私を指差して言う。彼女は美味しいものに目が無いんだ。控えめな日本女性である筈の私としては、それを褒め言葉として受け止めてよいものかどうか大いに迷うところだが、とりあえず有難うと言っておいた。するとステーファノは続けて言う。そんな君のために、次回は黒いポレンタに兎を赤ワインでじっくり煮込んだものを添えて、特別な赤ワインの栓を抜くことにしよう。あるんだよ、特別なワインが地下倉庫に。相棒と私は目を丸くして、其の素敵な提案を受けることにした。ああ、楽しみ。それはいったい何週間後のプランなのかしら、などと思いながら。

兎を赤ワインでじっくり煮込んだものを初めて頂いたのは、ボローニャに暮らし始めて3年目の夏のことだ。私は友人のふたりの子供のベイビーシッターを時々頼まれては、ある日は友人の家に、ある日は彼女の両親の家に出掛けていった。彼女の両親の家と言うのは旧市街の端っこにある花屋さんで、花屋の上に住まいを構えていた。そして表の通りからは想像できぬほどの広い庭が其の奥に広がっていて、私はふたりの子供たちと庭で遊びながら過ごすのが常だった。僅か3時間。でも3時間子供たちと走り回るのは案外大変だった。特に夏は。時々彼女の母親がベイビーシッターを終えた私を家族の昼食に誘ってくれた。私だけが赤の他人。でも家族の一員のように迎えてくれたのがありがたかった。よく煮込んだ柔らかそうな肉が皿にのせられて出てきた。フォークでつつくとほろりと崩れるほどの柔らかさで、口に含むとほんのり甘くてしっかりした味の美味しい肉で感激した。勧められるままにおかわりして、こんなに美味しい肉は初めてだと褒めると、兎は赤ワインでよく煮込むととても美味しいのだ、と彼女の母親が言って喜んだ。兎だったのか。とショックを受ける私を横目で見る友人は、涙を流しながら大笑いした。お母さん、彼女にとって兎はね、バックスバーニーでありピーターラビットであり、決して食べる対象ではないのよ。彼女はそう言って更にに大笑いするのだった。そんな可愛い兎を食べてショックを受けたのは、もう過去のことだ。あの日から私は兎が大好物になり、レストランのメニューに兎と書かれているならば、やっぱり兎でしょう、と注文するようになったのだ。友人がそんな今の私を知ったらば、また大笑いするに違いない。ねえあなた、本当に日本人なの? 

思うに私は様々な人と接触しながらボローニャの生活をしてきたようだ。それは私の幸運のひとつに違いない。新しい家に落ち着いたこの頃、心が穏やかなせいなのか、私はそんな小さなひとつひとつを思い出しては感謝するのだ。


人気ブログランキングへ

コメント

こんばんは。

ウサギってそんなに美味しいのですか?

ペットとしてウサギを飼っている者としては食べるなんて…

でも、鳥も牛も馬も豚も鴨も食べますけど…

2013/07/22 (Mon) 11:16 | Via Valdossola #P6wRKz4w | URL | 編集
Re: タイトルなし

Via Valdossolaさん、こんにちは。確かにペットとして兎を可愛がっている人にとっては辛い話ですね。すみません。まだ小さな子供だった頃小鳥を飼っていたころがありまして、鳥の唐揚げを食べられなかったことがありました。そういうことってありますね。
でも兎はとても美味しいのです。勿論この兎は食用の兎、もしくは野兎ですよ。ご安心ください。

2013/07/23 (Tue) 22:35 | yspringmind #- | URL | 編集

お久しぶりです
日本は真夏です
・・・が 昨日は目の前も見えなくなるほどの雨

さて、うさぎ
そちらの肉屋さんで 耳が垂れたウサギを見た時には、おもわず
「ひょえ~」っと声を出したのを ハッキリと覚えてます
たくさんの 肉になった(笑)耳付きのウサギには、おどろきましたね~

冬には、足元には鹿が丸まって 肉となっていましたし・・・
日本では、この時期 樽に入った 生きたどじょうが売っていたのを思い出しました
最近では見かけなくなりましたね

2013/07/24 (Wed) 12:07 | 春風 #jgTtIlIo | URL | 編集
Re: タイトルなし

春風さん、こんにちは。お元気そうですね。日本はすごく暑いと聞きましたが、びっくりするような雨も降っているそうですね。そういえば2年前に帰省した際、そんな大雨に遭遇して立ち往生したことを思い出しました。坂道に流れる雨水が川のようでした。
肉屋の店先に裸んぼうの兎が並んでいるのを初めて見たときは、私も、ギャー、と大騒ぎでした。しかしそれも見慣れるものです。私には生け作りのほうがずっと怖いです。

2013/07/24 (Wed) 21:40 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する