彼女の電話

DSC_0009 (640x428)


飛ぶように過ぎてゆく毎日。こんな風に私たちの夏もあっという間に過ぎていくのかもしれないかと思えば、この暑い日々が愛おしい。どんなに朝から晩まで蝉が鳴いていて、どんなに窓からの風がうだるような暑さであっても。空が高いのは良いことだ。空が明るいのは素敵なことだ。ただ、毎日の頭痛には閉口だ。酷い痛みではなく、しかし額の辺りを中心に眼球にまで届くような鬱陶しい痛み。夏になると良くあることだ。聞けば誰にでもあることらしいから、あまり心配はしていない。睡眠時間をたっぷりとって体を休めるのが良いだろう。

先日、見知らぬ電話番号から電話を貰った。大抵の番号は登録してあるから、見知らぬ電話番号と言うのは珍しいことだった。銀行から掛かってくることがたまにあるくらいで、あとは・・・と考えてみたが思いつかず、とりあえず電話に出てみたら、懐かしい声が聞こえた。ティツィアーナです。私のこと、覚えていますか。ハスキーな、女性にしては低い彼女の声だった。彼女は私とは特に仲が良くて食前酒を楽しみに出かけたりする仲ではなく、いうなれば衣服店の主人とたまに来るという関係だった。しかも其のたまに店に来る客ときたら割引の時期にしか来ない。それなのにああでもないこうでもないと探した挙句に何も買わずに店を後にすることもある、店主にとってみればとんでもない客だった。ティツィアーナの声を聞いてそんなことを思い出しながら、私は驚きの声を上げた。まあ、あなた!いったい今何処で何をしているの?急に姿を消すなんて。私がそうといたのには理由がある。彼女は昨冬のある日、忽然と消えてしまったからだ。冬のセールがすっかり終わらない時期だったが、何時まで経っても店の外に下りた鉄の格子戸に一抹の不安を感じながら、もしかしたら冬の休暇に出かけているのかもしれないと思ってみることにした。そうでもなければ残念すぎる。気に入りの店のひとつだったから。彼女とのお喋りを私は案外楽しんでいたのだから。電話の向こうの彼女はさばさばとした声で言うのだった。あら、私言ったじゃない、店を閉めるってこと。其の後は、言った、いいや聞いていないの押し問答で、しかし仕舞いには笑いながら、そんなことはどうだっていいわ、それで元気なのかしらと互いの状況を訊ねあった。彼女が店を閉めたとき、沢山の電話番号が手元にあったそうだ。しかし思い入れのあった自分の店を閉めたことが淋しくて残念で、暫く放っておいたそうだ。そして数ヶ月が過ぎて季節が夏になり気持ちが落ち着いたので電話番号を整理しているうちに数人の人の声を聞きたくなったらしい。そのうちのひとりが私だったとは、私はなんて幸せ者なのだろうか。私がそんな風に喜ぶと、あら、当然でしょう、と言わんばかりの口ぶりでこう言うのだった。あなたの感性はちょっと風変わりで私にはとても新鮮だったから、あなたが来るのを楽しみにしていたのよ。それを聞いた私は、あら、それなのに私は割引の時期にしか顔を出さなくて悪かったわね、と詫びると、さばさばした性格の彼女はあっはっはっと笑って、私の笑いを誘った。そうねえ、そうだったわねえ、と言いながら。私も彼女と話をするのが好きだった。彼女のからりとした性格が大好きだった。似合わないものは率直に似合わないと言う彼女が好きだった。それで彼女は今、旧市街の同じ通りで別の仕事をしていると言う。好きな時に休憩時間をとってひょいと職場から抜け出せるらしい。だからね、時々声を掛けて頂戴。ちょっとカップチーノとか、そうねえ、冷たいものなんか一緒にどうかしら。そう言って彼女は電話を切った。私は狐に包まれたような気分だったが、そうだったのか、彼女はそんな風に思っていたのかと嬉しくなり、近いうちに彼女の職場に立ち寄って冷たい飲み物にでも誘ってみようと思った。しかし私の考え方の何処が風変わりなのだろう。教えて貰いたいものだ。

まだ空がようやく薄暗くなりだした21時半頃、大きな大きな満月を見た。いつものような真珠色ではなく、まるで卵の黄身のように黄色い満月だった。周囲は風が吹いていて一気に昼間の熱をさらっていった。木の枝が風に揺れる音はさざ波のようだ。ボローニャに居ながら波の音が聞けるなんてなんて素敵なんだろう。それにしても涼しくなった。どうやら今夜は安眠できそうだ、波の音を聞きながら。


人気ブログランキングへ

コメント

昨夜は(今年一番大きく見える?)スーパームーンだったようですが、
綺麗なお月様が見れてよかったですね。
私はお月様は昇りはじめの姿が大好きです。

昨夜はよく眠れましたように。

yspringmindさんのファッションの感性に興味津々です(笑)

2013/06/24 (Mon) 06:02 | るみこ #- | URL | 編集

おひさしぶりでし
そうです、スーパームーン

こちら日本からの空は、どんより梅雨空でした

日中は晴れ間ものぞき クッションを外に出して外出しました

・・・が、急な雨でびしょぬれのクッションとなり
散々な休日でした

大きな月 見たかったです

2013/06/24 (Mon) 07:19 | 春風 #jgTtIlIo | URL | 編集
Re: タイトルなし

るみこさん、こんにちは。日曜日の満月は本当に大きくて、空から転げ落ちて来そうなほど大きくて、空に見入ってしまいました。スーパームーンって言うのですね。それにしても黄色くて大きくて、この満月のことは当分忘れられそうにありません。美しい月のおかげでよい眠りに付けましたよ。
あ、それで私の感性が風変わりなのはどうやらファッションではなくて考え方、思想や哲学についてらしいです。

2013/06/26 (Wed) 22:40 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

春風さん、こんにちは。あらあら、折角の日曜日の晩に雨でしたか。満月の晩が雨だと私はとても悲しい気分になるのです。しかし梅雨時では仕方が無いのでしょうか。雨に濡れてしまったクッション、残念でした。始まったばかりだけど、今から梅雨明けが楽しみですね。

2013/06/26 (Wed) 22:45 | yspringmind #- | URL | 編集

yspringmindさん、こんにちは

暑中、お見舞い申し上げます^^


なんだか、今回のエピソード

思いがけない、お中元を頂いたようなエピソード^^

違うかな?

なんだか、こちらまで、気分がすっきりです^^v

2013/07/05 (Fri) 23:41 | 高兄 #eP1cGWnA | URL | 編集
Re: タイトルなし

高兄さん、こんにちは。日本は梅雨が明けたそうですね。そうしたら急激に暑くなったとか・・・。栄養つけて元気に過ごしてくださいね。忙しい毎日の中で、時々こんな愉しいことがあるものです。ほんの小さなことだけど、私も夏の贈り物だと思っています。

2013/07/09 (Tue) 23:14 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する