愉快な夕方

DSC_0003 (640x428)


水曜日。今日はまだたったの水曜日なのかと空を仰ぐ。急に気温が上がって体が驚いているらしく、まるで膝下に蛸か子象が絡み付いているかのように足が重い。毎年此の季節になるとそんな感じになるものだけど、今年のそれはあまりに酷い。頑張って乗り切らなくてはと自分を励ましながら歩く。思うの私は血液循環同様、リンパ液の循環も悪いようだ。もう少し健康に気をつけなくてはといけない。朝から全然眠気が抜けず、辛い1日になった。カッフェを飲んでも目が覚めない。それどころか昼過ぎから眠気に加速がついて、植物に水をくべてみたり深呼吸をしてみたり。しかしどれも効果が無く、ああでもない、こうでもないといっているうちに夕方になった。空の高いこと、明るいこと。少し前まで雨降りが続いていたから、此の明るさに気が付く筈もなかった。雨が止み、急に初夏になったボローニャの夕方の空に、此の春生まれたに違いないツバメたちが飛び交う。ツバメの声が頭上に響き、そんな季節になったことに頬を緩める。素敵な季節になったものだ。だって6月だもの。それにしても陽射しの強いこと。世間の人々は既に半袖姿だけれど、私はまだそんな気分になれず、素肌に薄手のコットンセーター姿。朝は此れでも涼しすぎるくらい。けれども昼を回る頃になると、汗ばんで少々後悔する。此処3日ほどそんな調子だ。

昨日私は発見した。帰りのバスの中からあの店が開いているのを。それは冬の間は焼き栗屋だった、店と言うにはお粗末なくらいの緑色の店。誰かが時間のあるときにちょいちょいと建ててみました的、簡易焼き栗屋と呼ぶと相応しい。かと言って大雪が降って屋根に雪が沢山積もっても潰れるでもなく、大風が吹いても吹き飛ばされるでもなく、私が思っている以上にしっかりした建物らしい。其の焼き栗屋は栗の季節が終わると同時に店を閉めたが、店主が言っていたとおり初夏になって店を再開した。今度はスイカとメロンの店だった。入り口を大きく開いて風通しがよさそうだった。冬の間は物置き場になっていたテラスには長いテーブルと椅子を並べて、開放的な空間となっていた。へえ、スイカだけでなくメロンもあるのか。メロンが大好きな私は、そんなことを思いながらバスの窓から店を眺めていた。それで今日の帰りのバスの中でそんな話が持ち上がり、好奇心で同僚と店に立ち寄ってみた。こんにちは。そう言って店に入ると、数ヶ月前までがっちり着込んで帽子まで目深に被っていた青年店主は私たちを覚えていたらしく、短い髪と軽快な装いで迎えてくれた。メロンが四切れで3,50ユーロ。これが高いかどうかは私には分からない。でも、選り抜きの美味しいメロンを頂けるなら、こんなうれしいことはない、と私たちはそれを一皿注文した。ふた切れづつ頂くと丁度良いのではないかと思ったのだ。何しろ、この後に夕食が控えているのだから。青年店主は飛び切り甘いと言うにはまだ早い時期なのだと言いながら、いい色のメロンを皿に載せて持ってきた。そうなのか、まだ少し早いのか。と思いながら口に放り込むと、うーん、甘い。水分が多く、よく熟れた其のメロンは、多分私がここ数年のうちに食べたメロンのなかでも上位に位置するメロンだった。それを相棒に言えば、きっとこう窘められるに違いない。3,50ユーロ? コープでならメロンを2個買えるじゃないか。私と彼の価値観はこんなところで食い違ったりするのである。だから言わないに限るのだが、こんなに美味しくては、ついつい口が滑ってしまいそう。あと一週間もすればもっと美味しいメロンを食べられるよ、と言う青年店主の声を後に店を出た。こんな愉しい夕方ってあるだろうか。シックな店での食前酒よりも、旧市街のいつもの店でのジェラートよりも、この店で夕方の甘いメロン。ついでに言えばメロンを頂きながらスパークリングワインなど楽しめたら最高だ。うん、これは良い。仕事帰りにバスを途中下車してメロンとスパークリングワイン。愉しい初夏になりそうだ。私はうきうきしながら再びバスに飛び乗った。空を行き交うツバメたちも、こんな風にうきうきした気分なのだろうか。私たちは初夏のうきうき感を分かち合っているのかと思ったら、急に愉快な気分になった。初夏の夕方に乾杯。


人気ブログランキングへ

コメント

こんにちは。いつもyspringmindさんの文章には、空気感・温度・湿度などを感じるのですが、今日は「色」を感じました。勝手にコットンセーターが淡い黄色なのだと想像し、店の緑、甘いメロンの色、そこに淡い黄色い涼しげなセーターのyspringmindさん。
それにしても、仕事帰りのメロンとスパークリングワイン。考えただけでワクワクします。

今日は日本も朝から雨。どうぞご自愛くださいませ。

2013/06/13 (Thu) 02:21 | YUKI #- | URL | 編集
Re: 色

YUKIさん、急に夏になったボローニャからこんにちは。この時期は色が鮮やかで愉しいですね。甘いメロンは鮮やかなオレンジで、みずみずしくてとても美味しかったです。隣席でおじさんが食べていたスイカも赤くよく熟れていておいしそうでしたよ。私のコットンセーターは・・・白でした。真っ白をオリーブグリーンの踝の出るパンツに合わせてみました。そんなシンプルな装いがすきなんです。しかし白は危険なのです。時々トマトソースで汚して残念な気分になるものです。来週は更に美味しいメロンが入荷予定らしく、今からとても楽しみなんですよ。夏場にボローニャに来ることがありましたら是非お試しくださいね。


2013/06/15 (Sat) 19:02 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する