リラの花が咲いている

DSC_0038 (640x428)


風に揺れるリラの花。美しい紫色のアイリス。自然は確かに季節を感じとっているのに人間だけがほんの少し季節に後れた装いをしている。5月半ばと言うのに間の季節のコートが手放せないのは風のせい。昨日の土曜日も朝から天気が良くて暖かそうに見えたが、用心してコートを手に持って外に出た。確かに太陽の陽射しは強く暖かいが、案の定、風が吹き始めるとあっという間に冷え込む。コートを持ってきて正解だったと旧市街を歩きながら頷く。
髪を切った。数週間のうちに伸びた髪。少し切ったらすっきりした。其の足で近くの店に行った。クレシェンティーナと言う名の揚げパンに似たものを求めて。揚げたての柔らかいクレシェンティーナに生ハムを挟んでいただくのが大好きだ。旧市街のVia Gallieraにこの店が出来たのは何時の頃だっただろうか。レストランのような素敵な雰囲気はないけれど、美味しいものが沢山あるLA VECCHIA SCUOLA BOLOGNESE。ボローニャの手打ちパスタや菓子、パンの作り方を教えてくれるクラスのあるこの店は、有名な女性料理人がオープンさせたと聞いたことがある。店先でクレシェンティーナを注文して10分も待つと熱々のが出てきた。其れを受け取って店を出た。近くのポルティコの下に佇んで空を眺めながら堪能した。この辺りは人通りが少ない。その少ない通行人たちがそんな私を珍しそうに眺めた。通り過ぎた飼い犬が、クレシェンティーナのいい匂いに鼻を動かしていた。いい匂いをキャッチしたに違いなかった。

またこの季節がやって来た。ボローニャに引っ越してきた日。沢山の不安と希望を鞄に詰めてボローニャの飛行場に降りてから、もうじき18年の歳月が経つ。あれから私はちっとも変わっていない。不安は今も左の手に握り締め、右手に小さな希望を握っている。ボローニャに来てよかった、本当によかったといつか思える日がくればよいと願いながら。


人気ブログランキングへ

コメント

yspringmindさん、こんにちは。私はこの土地に来て「私は此処に来たくて来た訳ではない..」と、ずっと思っていて、言葉は悪いけど都落ちした気持ちで居ました。だけどこういう考え方は良くないなと思いました。国を出たくても、出れない人も居るのに。先日私も3ヶ月ぶりに髪を切りました。地元人のマダムが一人でやっている店で切ってもらい秋らしいキノコのようになりました。力が強くてシャンプーの際、痛いけど上手いな、と思いました。良い事もたくさんあります。寒いのであまり出かける気にはならないのですけど...ボローニャは良い季節ですね。

2013/05/20 (Mon) 03:32 | TSUBOI #XZggG/82 | URL | 編集
Re: タイトルなし

TSUBOIさん、こんにちは。そちらは秋ですね。私がボローニャに来たのは相棒の故郷だから、相棒の家族が居るからと言うことだけですが、かと言って自分が来たくて来たのではないとは思っていず、最終的には自分が決めてボローニャに来たと思っています。だから其のことについて悔いはないのですが、ただ、それが正解だったかといことになると素直に首を縦に振ることができないでいます。不安と希望。このふたつがずっとついて回ります。腐れ縁なんでしょうか。兎に角そういう訳なので、楽しいことは思い切り楽しむのが良いと思うのです。楽しいことを探しながらの生活。良いことを数えながらの生活です。同じ人生なら楽しいほうが良いですね。

2013/05/21 (Tue) 22:49 | yspringmind #- | URL | 編集

いつもの春だと、ライラック(リラ)の甘い香りが我が裏庭や近所から漂ってくるのですが
今年は4月の後半に2度ほど20cmほどの積雪があり、咲き始めた花や蕾が枯れてしまい
ライラックの咲かない寂しい春となりました。

でもボローニャから甘い香りが漂ってくるように思えましたよ(笑)


今ご縁があって住んでいる地で、楽しいことや好奇心惹かれることを見つけながら
生活するっていいですね。
きっとその地のスピリットも喜んでくれることでしょう ^・^

yspringmindさんの日々をブログで垣間見させてもらえるようになって以来
見知らぬボローニャの町や人々に親近感を覚えるようになりました。

シェアーして下さりありがとう~☆

2013/05/21 (Tue) 23:14 | るみこ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

るみこさん、こんにちは。4月の後半に雪ですか。其れは驚きでしたね。蕾たちもびっくりしたに違いありません。しかしリラの花のない春は寂しいですね。
言い方によっては確かに縁があったわけですね、ボローニャと。色んなことがあるけれど、つまらないことを数えだしたらきりがないけど、だからこそ楽しいことを探しながら生活するのが良いみたいです。
ところで私はこの雑記帖を書き始めてから、ボローニャに愛着を持ち始めたような気がします。いや、書いているうちに、愛着を持っていたことに気が付いたのかもしれません。こちらこそシェアしてくださって有難う!

2013/05/23 (Thu) 16:07 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する