寄り道の季節

DSC_0069 (640x428)


ツバメがすいすい飛び交う5月の空。雨が降ってばかりのボローニャの空はツバメたちにとって悩みの種だったに違いなく、それだから晴れた日の夕方には此処数日の運動不足を解消するかのように力強く空を泳ぐように飛び交うのだ。群れになって行ったり来たりを繰り返すツバメたちを眺めるのが昔から大好きだ。今年もそんな季節になった。

素敵な季節になったものだと彼らを眺めなが思う。そんな夕方の楽しみは寄り道で、寄り道先はジェラート屋さんだったりカフェだったり本屋だったりするのだが、最近ひとつお気に入りが増えた。旧市街の、界隈で言えばボローニャ大学に近い辺りに存在するBIOの店だ。其の界隈は私にはあまり縁がなく、そういうこともあってどんな店があるのかについて皆が驚くほど疎いのである。疎いって、道の名前を言われてもぴんと来ないくらい疎いのだ。先週だっただろうか、仕事中に仲間たちが話しているのを耳を澄まして聞いていた。あの通りのあの店、カップチーノがとても美味しくて。質の良い牛乳を使っているに違いない。カウンターの奥に置いてあるパンもとても美味しい。そんなことを耳にしたので何処何処? と訊ねてみたところ私がいつもバスで一気に通り過ぎてしまう道の途中を右に曲がった先のほうにあるということが分かった。成程、途中下車して少し歩かねばならないのだな。実際其のバス停辺りは私好みでなく、一気に通り過ぎてしまうのが得策だった。それで思いついた。もうひとつ先まで行って戻ってくるのはどうだろう。それで其の翌日の夕方、途中下車して後戻りしてみたら、そんなに悪い感じがしなかった。此れなら大丈夫。その其の足で話題になっていたBIOの店へ向かった。まるで探検しているような気分だった。17年も住んでいるのにこの通りに来なかったとはどういうことなのだ。小さな、数珠だまのように連なる小さな店のひとつひとつを外から眺めながら歩いていった先に目指す店はあった。平日の夕方とあって店は空いていた。カウンターに向かってカップチーノと小さな菓子を注文した。注文の品が出てくるまで私は店をぐるりと見回して観察を楽しんだ。モダンな感じはなく、しかし古臭い感じも無い。私が昔暮らしていたアメリカの町にあったBIOの店とも違う。土臭くて手作りの匂いがして、何だか楽しくなってきた。勘定を済ませて足の高い椅子に座った。4人テーブルだがほかに客はひとりしかいないのだから問題はあるまい。カップチーノを飲み込むと、美味い。確かに美味しかった。仲間が言っていた質の良い牛乳は確かに正しく、うまいことを言ったものだと感心した。そのうち若い夫婦とやっと歩き始めたくらいの男の子が入ってきた。どうやら彼らはこの近所に住んでいるらしく、親しく挨拶を交わした。赤い髭を生やした夫が言う。朝の開店時間が遅くなって残念だというと、そうね、朝のカップチーノを楽しんでから仕事へいくのが習慣だった人達から既に散々言われたわ、と店の女性が言って笑った。この店はどうやらそういった朝の常連客が多かったらしく、しかし何らかの都合で営業時間を変えたばかりらしかった。店内ではゆったりと時間が流れ、ひとりでそんな夕方を過ごすのはなかなか宜しいと思った。昔そんな時間を持つのが好きだったように。しかしあの頃は手紙を書くのが目的だったと思い出し、また手紙でも書いてみようかと思った。私が手紙を貰うのが好きだったように、今でも手紙を貰って嬉しい人はいるに違いない。店を出る前に店の女性に声を掛けた。この界隈は私には実に新鮮であること、店内の空気とカップチーノをとても気に入ったので、近いうちにまた来ること。すると女性は顔を輝かせて、隣のスペースにはオーガニックの商品と、それからレストランがあるので是非見て欲しい、と言った。彼女の言う通りに隣のスペースに続く通路へ向かうと確かに小さな、うなぎの寝床のような空間があって、昔通ったアメリカの店にあったような自然栽培の野菜や果物、それから豆類を観察し、そして奥のレストランを拝見した。レストランは主に昼の時間らしく、夜は金曜日と土曜日だけらしかった。平日のこの時間とあってレストランに活気どころか人はひとりも居ず、しかし昼間のにぎやかさが想像できる造りだった。カウンターにもう一度立ち寄り、店の女性に挨拶をして店を出た。いい店見つけた。店と言うよりも自分の居場所と言っても良く、椅子に座っているだけでわくわくするような場所。この良い天気の良い季節に、私は仕事帰りの寄り道がますます楽しみになりそうな予感なのだ。


人気ブログランキングへ

コメント

こういう探検のお話は大好きです。
東京にはワクワクするお店はないなあ。
(。-_-。)

2013/05/12 (Sun) 11:56 | micio #O/XG6wUc | URL | 編集

ひさしぶりにコメントをさせていただきます。私も街歩きが大好きです。香港でも初めて行く店には、ちょっとどきどきします。でも最近は地価が上がり、こんな良質な個人の店がどんどん消えて、大企業のチェーン店ばかりになっています。街文化を大切にしている所、大好きです。

2013/05/12 (Sun) 23:17 | HKMONKEY #LkZag.iM | URL | 編集

いいお店を見つけましたね、居心地の良さそうな。いい時間を持つのにぴったりでしょう。
壁にかかれてあるのはスペイン語ですね。ボローニャでスペイン語、面白いものですね。

2013/05/13 (Mon) 07:32 | basilea #V1zXMXvE | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/05/13 (Mon) 17:53 | # | | 編集
Re: タイトルなし

micioさん、時々探検するのはいいですね。長く居ても知らない場所は沢山あって、まだまだ散策探検に飽きることはなさそうです。ボローニャに探検しに来ませんか。

2013/05/14 (Tue) 22:34 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

HKMONKEYさん、こんにちは。住みなれた町でも初めての店はちょっとどきどきするものですね。初めての店、初めての店の人。今回の店は大当たりで先日は昼食を楽しみにいってきました。この店の客層はなかなか興味深いものがあります。一人で行ったのに隣のテーブルの人達と楽しい昼食になりました香港は地価が上がって良質な個人の店がどんどん消え大企業のチェーン店ばかりになりつつあるそうで残念ですね。ボローニャもいつかそんな日が来るのかと、少々心配しています。

2013/05/14 (Tue) 22:40 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

basileaさん、こんにちは。居心地の良い店って案外少ないものですね。あ、こんなところにあった!とご機嫌なのです。この壁は店から少し離れたところで見つけました。字体がとても気に入りました。でも壁にメッセージを書くなんてねえ。ボローニャ大学に通う学生さんの仕業でしょうか。

2013/05/14 (Tue) 22:44 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさんならきっと知っている筈。私は何をするにも鈍いので、新しい場所の発見も人一倍遅いのですよ。Via San Vitaleの途中の角を入って狭いポルティコの下を歩いた途中にあります。いつかご一緒にどうぞ。

2013/05/14 (Tue) 22:48 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する