人間付き合い

P1010296 (640x480)


風の吹く日曜日。しかし寒いわけではなく、春の生ぬるい風がボローニャの隅々にまで行き渡るような感じ。風に乗って大きなくもの大群が幾つも通り過ぎていく。雨雲ではない。初夏に良く見かけるような入道雲で、眺めているだけでわくわくする。日本のゴールデンウィーク気分である。私の覚えている4月の終わりは、何時だってこんなご機嫌な快晴だった。私が思春期の頃、アメリカ東部のロースクールに通う学生たちの装いが流行っていた。きちんとしていながきちんとし過ぎていないのが魅力だった。私と姉はそんなのがとても好きで、そんな服装で一緒に出掛けたものである。ロースクールに通っているわけでもないのにね、と言いながら。4月の終わりには少々早い半袖姿の私たちは、そんな格好では風邪を引くからという母の声を背に、逃げるように家を出たものだ。案の定午後の4時も回ると腕が冷たくなって、母の言うとおりだったと反省するのである。懐かしい思い出だ。多分姉はもう覚えていないだろう。

昨冬くらいから土曜日になると6人が集まるようになった。時間はいつも夕食時で顔ぶれは同じ。主催者は大抵一番若い女の子で、女の子と言っても既に32歳だが、真っ直ぐの長い黒髪の前髪をちょきんと短くした彼女は、女性というよりも女の子と呼ぶほうがぴったりだ。シチリアの血が流れるボローニャ生まれの彼女はゆっくりと話す。初めは外国人の私のためにそんな風に話しているのかと思ったのだが、其のうちそれが彼女の癖であることが分かった。性格も話し方ものんびり。彼女がたとえ怒っても、全然怒っているように聞こえない。私は其れを彼女の素敵な部分であると思っている。ところで私たち6人は皆異なった性格の持ち主で、好みもまた様々だ。別に珍しいことではないけれど、其の違いは驚くほどで、よくもまあ、そんな6人が毎週土曜日に好んで集まっているものだと笑ってしまうほどなのだ。其の中にヴァレンティーノという男がいる。私にあんた扱いされているが実は幾つも年上で、あんたなんて呼んでいる場合ではない。しかしそんな風に呼びたくなるには理由があって、大きな子供みたいな人なのだ。彼は釣りが大好きで、週末になるとフェッラーラ県の小さな港に止めてある自分の船に乗り込んで釣りに繰り出す。大抵恋人も一緒。恋人は釣りには全然関心はなく、船の寝椅子に横たわって海の太陽を一身に浴びながら本を読むのが好きらしい。そんな彼女をよそに彼は釣りに没頭する。誕生日やクリスマスのプレゼントは何がいいかと訊けば、釣り具と答え、宝くじで誰かが50万ユーロ当てたと聞けば、自分にそんな幸運が舞い込んだらば新しい船に買い換えるのになあ、と言う。3ヶ月も仕事を休んでふたりで大きな休暇を楽しみたいと横で夢見るように答えた恋人をよそに。思うに私の周囲に今まで釣り好きは居なかったようだ。そんなこともあり、釣り好きの彼の存在が実に愉快で、毎週土曜日に彼と彼の恋人がああでもないこうでもないと釣りのことについて語るのが面白くてならない。先日は大きなマグロを収穫しかけたらしい。しかし兎に角大きくて、もう少しと言うところで逃がしてしまったらしい。大きいってどのくらい大きいの?と訊ねる私たちに、其れは其れは自慢げに答えるのだ。70キロくらいの大物だったのさ。でも、何しろアシスタントが力不足で、泣く泣く逃がしてしまったのさ。力不足なアシスタントといわれた恋人もとても残念だった様子である。でもこの無駄な贅肉のない美しい女性がマグロの収穫の力になれと言うほうが無理な話であった。ああ、それにしても人間付き合いは面白い。自分の哲学からは考えられないような人が居ることを、私はとても嬉しく思う。皆同じだったらつまらないに違いない。みんな違うから良いのだ。それにしても私があんた扱いしている其の彼に、君は本当に変わっているなあ、と言われた私は複雑な心境なのである。私が変わっているのか、彼が変わっているのか。この件については追求しないほうが良いに違いないと思う今日である。


人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する