春を待つ心

DSC_0014 (640x428)


朝から雨だった。折角の復活祭の連休に雨はないだろう、と空を見上げるも雨雲はそ知らぬ顔。3月も終わりになってこんな寒さでよいのだろうかとか、雨続きで関節が痛むとか、頭痛がするとか、ボローニャの人々の不満は膨らむ一方である。私の此の不調もひょっとしたら此の気候が大いに関係しているのかも知れぬ、と思いながら、もやもやを振り切る為に外に出た。

旧市街は旅行者で思いの他賑わっていた。折角ボローニャに来てくれたのにこんな悪天候ですみません、と旅行者とすれ違うたびに心を痛める。別に私が謝ることでもないけれど、しかし、そうでなくとも何か閉塞感のあるボローニャに来てくれた上に雨まで降ってくさくさしているに違いない彼らが、少しばかり不憫に思えてならないのだ。そういう自分はそんな町に暮らし、雨が降っているのに外に出た。家の中にいたら脳みそと心に黴が生えてしまいそうな気がして。店のショーウィンドウはすっかり春めいていた。其の前を行き交いする人々は未だに冬のオーバーコートに襟巻きと帽子といった重装備なのに。ガラスの向こうのマネキンが踝がでる丈の軽快なコットンパンツに春のニットを合わせて楽しそうな雰囲気で立っているのを眺めながら、こんな日が本当に来るのだろうかと思いをめぐらす。私がボローニャを初めて訪れたのもこんな時期だった。結婚前に相棒の家族に会いたくて私たちは4週間休暇をとってアメリカからやってきたのだ。温暖な町に暮らす私たちにはボローニャの3月は寒く感じられたけど、よく考えれば冬のオーバーコートを身に纏う人はあまりいなかったし、私自身腰丈の皮のジャケットをペラリと羽織っていたのだから、案外過ごしやすい3月だったのだろう。見るもの全てが面白くて歩き回った記憶があるけれど、サン・ペトロニオ教会やネプチューンの噴水、街の中心にひょろりと建つ塔に思い出はなく、思い出すのは郊外の町で開かれていた小さなアンティーク市で美しいルビーの指輪を見つけたことや、其の近くにあるバールでカフェラッテを注文したこと、それから腎臓結石で一週間入院した病院での生活や、満員のバスの中で偶然会った入院中に世話になった看護士のことなどである。以前はもっと沢山のことを覚えていたに違いないのだが、21年の歳月が記憶をふるいにかけて残ったのがこういうことばかりであることに、不思議な気持ちになる。そういえばあの休暇で私たちはウンブリア州へ行った。私が何処かでウンブリアの話を読んだからだ。本には緑の美しい州と書かれていたが、其れはまことに本当であった。深い深い緑。其れはボローニャ辺りでは見ることが出来ない緑で、私たちが暮らしていたアメリカの町の何処を探してもない色だった。私たちは子供のようにわくわくしながら歩き回った。旧市街に隣接するのにこんな緑が存在するウンブリアの魅力を噛み締めながら。グッビオ、アッシジ、フォリーニョ、スポレート。小さな町を4つほど回り、それぞれの町にいつかまた戻ってくるからと約束した。あの約束は21年経った今も果たされず、近いうちに果たされる予定も今のところない。相棒はそんなことをもう覚えていないかもしれないし、ウンブリアのあの町々も私との約束はとっくの昔に忘れてしまっているかもしれない。足が元気で歩き回れるうちにぜひとももう一度、と辛気臭い雨が降るボローニャを散策しながら思うのだ。ふと足を止めた。いつもはない花屋さんがポルティコの下にあった。復活祭向けに設置された店らしく、覘いてみたら春らしい花が肩を寄せ合うようにして並んでいた。こんな寒い復活祭。お花でも飾って一足先に春を楽しみましょう、と人々は足を止めては購入していく。私も。小さな花束を買った。少々疲れ始めた仮住まいの生活。花束を飾ったら少しは楽しい気分になるかもしれない。そんなことを願って。


人気ブログランキングへ

コメント

東京も花曇りなのですよ。
折角の満開の桜も冴えないピンクに見えてしまって残念なので、ついまっピンクの花を買って帰り、部屋に飾っています。(泣)

2013/03/31 (Sun) 03:16 | micio #O/XG6wUc | URL | 編集
Re: タイトルなし

micioさん、こんにちは。花曇。いい響きですね。もっとも折角の桜も冴えないピンクに見えてしまうなら、いい響きどころではないけれど。でもそんなときには花を買って部屋に飾ると良いのです。いやあ、しかし桜ですか。いいですね。春ですね。

2013/03/31 (Sun) 17:02 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する