美味しい生活

DSC_0007 (Small)


朝の寒さと言ったら。其の分だけ昼間の春めいた空気の喜びと言ったら。それで夕方は仕事を早々に引き上げて旧市街めぐりをした。気が付けば随分日が長くなった。18時を過ぎてもまだ空が明るい。なんて素晴らしいのだろうと感嘆した。後10日もすれば夏時間が始まって、朝は薄暗くて目覚めが悪くなるだろうけど、夕方は19時を過ぎても明るくて寄り道を楽しむ日が多くなるに違いないのだ。ああ、待ち遠しい。そんなことを考えながら街を徘徊した。こんな気持ちの良い夕方は真っ直ぐ家になど帰っていられないのである。

昨晩のことを思い出した。相棒が知人夫婦からトリュフと刻んだトリュフをバターに混ぜたものを貰ったと言っていたので、それでは、といつもの店で手打ちの生タリアテッレを購入した。スーパーマーケットの市販の乾いたタリアテッレは値段が手頃で良いけれど、こんな素晴らしいものを頂いた日は少々奮発しても良いではないかと思って。と言っても驚くほど高いわけではなく市販の乾いたものの倍の値段くらいだから、自慢するほどのものではない。2人分。と店の人に注文するとふた玉取り出したので、うちの腹ペコ大食漢のことを思いだしてもうひと玉追加して貰った。これで5ユーロ弱。安くはないがまあまあである。美味しく頂くこと、それが目的なので少々のことは宜しい。ついでに、とトスカーナのペコリーノチーズも注文した。家に帰ったら早速赤ワインの栓を抜いて・・・と美味しい夕食で頭が一杯になった。家に帰ると追うようにして相棒が帰ってきた。ほら、美味しそうなパスタとチーズを買ってきたからと紙袋の中から取り出すと、嬉しそうな表情をしたかと思うといそいそと赤ワインの栓を抜き始めた。私たちの性格は驚くほど違う。友人の誰もが口を揃えて言うくらい。結婚していて此の性格の大きな違いが支障にならないのかと皆が不思議がるくらいなのだ。しかし、何も言わないのに私が此れと決めていたシチリアの赤ワインの栓を抜くとは。案外何処かで私たちは共通しているのかもしれないと思って、笑いを堪えるのが大変だった。もし私が笑い出して此の話をしたらば、相棒も大笑いして収拾がつかなくなること間違いなしなのだ。溶かしたトリュフのバターを茹でたてのタリアテッレに絡め、上に生のトリュフのスライス。たったそれだけなのに何て美味しいこと。そしてシチリアの赤ワインの合うことと言ったら。此のワインは相棒の知人から分けて貰ったもので、シチリアの田舎街に暮らす知人の両親自慢の自家製ワインなのだ。先日シチリアから戻ってきた知人が、良かったらどうぞ、と分けてくれたのだそうだ。両親が自慢するわけである。店では手に入らぬ美味さであった。チーズを切り分けてはワインを飲み、いつもなら短時間で終わる夕食が長々と続いた。そんな晩が時々あると良い。週に一度、ひと月に一度でも良いから。

そんなことを思い出しているうちに本屋に着いた。本を買いたかったわけではない。本屋の中にある食材コーナーのジャム、プルーンのジャムが欲しいと思っていたのだ。ジャム。ワインを分けてくれた知人から母親が作ったという桃のジャムを分けて貰ったことがある。素晴らしく美味しくて暫くジャムに夢中になった。様々なジャムを様々な店で探し出して試してみたが、あんな美味しいジャムには遭遇できなかった。そうしているうちに私のジャム熱は冷めて、すっかり忘れてしまっていた。知人のワインを堪能しているうちに、再びジャム熱が発生したのである。数種類のブランドからひとつ選び出した。此れが良いだろうと思ってラベルに書かれているのを読んでいたら、背後から声がした。美味しいわよ。先日私も購入して、毎朝頂いているのよ。振り向くとご婦人が立っていた。80歳ほどの老女と呼んでも良かったが、きちんとした装いと美しく整えられた結い髪が、老女と思わせなかったのだ。そうですか、美味しいですか、と訊ねるとご婦人は此れと此れと此れを試してみたけどと指差して、しかし此れが一番美味しくて今一番の気に入りなのよ、と嬉しそうに笑うのだった。それで私が此れに決めたというと、再び嬉しそうに笑った。老女の毎朝食に出される此のジャムはどんなだろう。そんなことを思いながら私は家に帰った。待ちきれぬといわんばかりにジャムのビンの蓋を開た。スプーンですくって口に投げ込むと、ははあ、確かに此れは美味しい。昨日から私は美味しい続き。暫くこんな毎日が続きそうな気配なのである。


人気ブログランキングへ

コメント

読んでいるだけで 美味しさがこちらにも伝わってきました

最近 体がバテているようで 大好きな食への思いがなくなっているのです
健康でなくては ダメですね

今日は これからお墓参りです
日本は お彼岸
亡くなった人を思う気持ち
大切にしたいです

今夜は、三月のお節句に いただけなかった お白酒をいただこうかな
おじいちゃんの大好きだった お酒

2013/03/20 (Wed) 04:53 | 春風 #jgTtIlIo | URL | 編集
Re: タイトルなし

春風さん、こんにちは。トリュフのいい匂いが届いたでしょうか。実は私も暫くの間、食への欲望を失っていたのですよ。何かこう、何を食べても美味しくないというか。其の間はストレスが溜まっていて心身ともに疲れていたように覚えています。やはり健康でなくては。人生を楽しむには健康でなくてはね。生きているうちにたくさんの事を楽しんでおきましょうよ。

2013/03/21 (Thu) 23:18 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する