気の狂った3月

DSC_0077 (Small)


法王の話題で持ちきりだ。昨晩は雨にも拘らずヴァティカン広場に多くの人が詰め掛けたのは新しく選び出される法王を一刻も早く自分の目で確認したかったからに違いない。さあ、これから選出されると言う合図に屋根から白い煙が立ち上がると大きなざわめきが起こり、広場に集まった人々が波のように揺れた。其れをテレビで眺めながら、私は驚くのだった。ああ、なんて沢山の人が新しい法王を心待ちにしていたのだろうと。私は心待ちにする人々の様子に感嘆したのだ。心待ちにする、なんて素敵なことだろう。そのうち注目の窓が開かれて人々の前に現れたのは温かい笑を持つ法王だった。選ばれた法王についてあれこれコメントする権利は私には無い。今も今迄も、これから先も。でも、こっそり告白してしまうなら、私は新しい法王の、人間的な温かい笑が好きだ。そして第一声が、Buonasera (こんばんは)の平凡で素朴で、まるで近所のおじさんみたいな挨拶だった。これを集まった人々はどんな風に受け取ったのだろう。私は、少なくとも私には、上から民を見渡す法王ではなく、私たちの近くに存在して色んなことを一緒に感じてくれる人間的な法王に思えて嬉しくなった。さあ、どうなのだろう、本当のところは。この素晴らしい笑が何時までも消えないでいて欲しいと思う。

それにしても典型的な3月だ。イタリアでは気の狂った3月と呼ぶけれど、この気候はまったくそうだと思わずにはいられない。先週末には春のような陽気で私たちをあんなに喜ばせてくれたくせに、雨が降り出すや否やまた冬のような寒さに戻った。今夜は氷点下になるらしいから、明朝は寒い出勤となるだろう。雨、また雨。黴が生えてしまいそうだ。恵みの雨と知りながらも、雨が上がって青空が広がることを望まずにはいられない。そうだ、新しい法王を心待ちにするようなものだ。私は青空を、春の明るい空を、心待ちにしているのだ。


人気ブログランキングへ

コメント

yspringmindさん、こんにちは

コンクラーベ終わり

新しい法王の誕生ですね

日本唯一の枢機卿、東大学長もヴァチカンに行ったのかな?


京都も、待ちに待った春がやって来ます

寒さに、ぶーぶー云ってましたが

陽光が射し、梅が輝きだすと

やはり、にんまりとしてしまう自分が居ます^^

2013/03/16 (Sat) 08:57 | 高兄 #eP1cGWnA | URL | 編集
Re: タイトルなし

高兄さん、こんにちは。新しい法皇はテレビや新聞で見るだけでも楽しい気分になってくる優しい笑顔を称えています。其れは素敵なことですね。私たちも、そんな笑顔で居られたらよいのに。
今日はとても寒くて驚きでしたが、それでも太陽が出ると気持ちがよく、ポジティブな気持ちになるものです。もう少ししたら冬のオーバーコートともお別れです。

2013/03/16 (Sat) 21:57 | yspringmind #- | URL | 編集

yspringmindさん、こんにちは。
いつも素敵な文章をありがとうございます。
毎回楽しみに読ませていただいています。

イタリアではやはり新法王の話で持ちきりなのですね。
私はポルトガル語を勉強していまして、ブラジルのニュースを見たりするのですが、
こちらでも未だに毎日毎日法王の話が報道されています。

先日は彼のアルゼンチン時代の様子が報道されていました。
それからも、新法王の温かいお人柄が伺えるエピソードばかりでした。

春のボローニャ、美しいのでしょうね。
季節の変わり目、ご自愛下さい。


2013/03/23 (Sat) 02:36 | Jululú #L8AQBzT6 | URL | 編集
Re: タイトルなし

Jululúさん、こんにちは。
イタリアでは毎日此の報道で持ちきりです。私は個人的に大変良い印象を得ていまして、少しずつイタリアの教会が変化するのではないかと予感しているところです。
此の良い変化に影響してイタリアの政府も良い変化を遂げることを祈るのですが此れに関してはあまり気体は出来そうにありません。それにしても疲れが溜まりダウンしました。今日は折角の土曜日なのに。ああ、残念。

2013/03/23 (Sat) 15:20 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する