自分しだい

DSC_0012 (Small)


月曜日から世間が慌しいのは選挙のせいだ。日曜日に引き続き月曜日の午後早い時間まで投票が行われたイタリアは、それから開票が始まるにつれて現在誰がどのくらいいいセンまで行っているのかと誰も彼もがそわそわだ。イタリア国民の選挙に向ける関心の高さは今に始まったことではないが、外国人の私ですら気になるのだから此の選挙がどのくらい重要なものであるか、想像がつくというものだ。さて、何時頃結果が分かるのだろうか。其れによってイタリアに暮らす人々の生活が左右されるのだ。明日は朝から此の話題でもちきりでどの職場でも仕事にならないに違いない。

ところで私は春が待ち遠しくてならない。温かいカシミアのセーターの肌触りやショートブーツに足を包みのも好きだけど、私はコットンやシルクのスカーフの感触や、軽いコートをさらりと着て軽快に歩くのはもっと好きだ。春先のひんやりした空気も、新緑が萌えはじめる街路樹の様子も。店頭に並ぶ国産苺の匂いや花屋の前に並べられたフリージアの花も。春の素敵を探し始めたらきり無く見つかるに違いないのだ。昔、私がアメリカに暮らしていた頃。私がまだシングルで全てが可能で全てが自分しだいだった頃。そんなことを良く思い出す。其れは毎日がチャレンジで、毎日が輝いていた時期だった。掻き集めていった貯金は湯水のごとく流れていくから、あっという間に貧乏暮らしになってしまったけれど、それ以外のことは小さなことですら魅力的に見えて自分の貧しい生活を忘れてしまうほどだった。私は幸運だったのだ。良い人間関係に恵まれて。こんな異国の地にいるのに。私が暮らす町にはボローニャよりもずっと春が早くやって来た。2月も終わりになると太陽の陽射しが暖かくて窓越しに立っているならば、うっすり汗ばむほどだった。もっとも其れも海の近くへ行くと潮風が冷たくて、風除けのジャケットのジップを首もとまで上げて身を包まねば居られなかったけれど。私は時々ひとりで海まで歩いた。当時暮らしていたアパートメントから少し坂を上り、そこから真っ直ぐ北に向かって歩いていけばよかった。西に向かえば大西洋が広がっていたが、そちらへ行くよりも北へ向かうほうが安易だったからだ。北のほうには湾があり、冷たくて足を浸すことも出来ないけれど、眺めて居ると色んな空想が思い浮かぶような深い湾だった。私が昔見て好きになった、ヒッチコックの映画に出てくる湾だった。私がその湾を訪れたのはまだ私が此の街に暮らす前の、初めて此の町に旅行者として来たときのことだった。案内役の髪の長い女性が説明してくれて、ああ、その映画なら私は知っている、私の大好きな映画だから、と言って案内役の女性と言葉を交わしたから良く覚えているのだ。へえ、此処だったのか。飛び込んだら深くて助からないのではないだろうかと思いながら、水面から底を覗き込んだのだ。そうして此の町に暮らし始め、時々思い出したように湾を訪れるようになった。何が在るでもない。単なる湾なのに、此処へ行くとほっとした。そしてまた坂道を上ってアパートメントに帰っていった。坂道の途中にはグロサリーがあって、店先に花が売られていた。いい匂いがすると思って覘いてみたら、大好きなフリージアがあった。この花には思い出がある。いい思い出だ。貧乏だったから贅沢は出来なかったが、そんな風にフリージアを見つけては、数本包んで貰って部屋に飾った。日当たりの良いその部屋にフリージアの花が加わると、春以外の何物でもなかった。ああ、私の部屋に春がやって来た。そんなことを言いながら幸せを感じたのだ。幸せに感じるというのは大切なことだと思った。此の気持ちを大切にしようと思った、あの頃。あの頃ほどの貧しさはもう無く、感謝の気持ちで一杯だ。でも何故だろう。あの頃のほうが幸せだったような気がする。自分が自分で居られたような気がするのは、単なる気のせいなのだろうか。それとも冬の憂鬱のせい。其れならば早く冬が通り過ぎてしまうと良い。


人気ブログランキングへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/02/26 (Tue) 10:54 | # | | 編集

いまはなかなかうまくできないけれど、ささやかなことに幸せを見いだせる自分でいたいと、このブログを読んで思いました。
心細い海外生活の中で、yspringmindさんの文章にいつも癒されています。
ありがとうございます♪

2013/02/26 (Tue) 19:24 | おりりん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、こんにちは。私は確かにあの頃幸せだったと思うのです。貧乏生活ですた楽しかったのだから確実に幸せだったのですよ。町との相性というのはあると思います。思うに、自ら好んで住みたいと思って暮らす町は、基本的に相性がよいのだと思います。後戻りは出来ないけれど、前に進むしか出来ないけれど、そんな時期があったのだ、と時々大きな溜息が出ます。鍵コメさんの言うジェラートの店は今もありますよ。でも周囲の店は随分入れ替わりました。時代の流れを感じます。

2013/02/27 (Wed) 19:51 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

おりりんさん、こんにちは。うまくいかないこと沢山あります。うまくいかな過ぎてがっかりしてしまうこともありますが、小さなことに喜びながら楽しくやっていくのが良いみたいです。そのうちうまく行かないことだらけだった時期を懐かしく思えるようになるのかもしれません。過ぎてしまえば夢と同じですから。これからもお付き合いお願いします。

2013/02/27 (Wed) 19:54 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する