ロマンティック

DSC_0030 (Small)


夕方になって降りだした雨。今日は一日晴天とばかり思っていたから、昼過ぎから雲行きが怪しくなってきたのにはがっかりだった。17時を待たずに空が暗くなり、あっという間に雨が降りだした。雨。雨が降らなければまだ空は明るくて、夕方の散策を楽しめたかもしれないのに。

金曜日の夕方、久しぶりに寄り道した。久しぶりになった理由は此のところ少々多忙だったからだ。久しぶりと言ったって実際はたったの数日振りなのだけど、寄り道が大好きな私としては数日振りでも久しぶりなのだ。寄り道先は食料品市場界隈の新しい店。先日混んでいては入れなかった店。その次に立ち寄ったときは休みで、その次も休みだった。さて、どうしたのだろう。と思っていたのだ。行ってみると店はまだ準備中だった。準備中では仕方が無い、といつものフランス屋へ行くことにした。フランス屋と呼んでいるが実は店の名前は別にちゃんとある。Fleur du Vin という素敵な名前が。花のワインという意味だそうだ。ただ、私がフランス語に長けていないために上手く発音できなくて、簡単にフランス屋と呼んでいるだけなのである。店に行くといつも居る店主は不在でふたりの女性が店を仕切っていた。ひとりはおそらくこの店の責任者的存在の女性で、もうひとりは以前多分何処かであったことがあるに違いない、しかしどうしても思い出せない女性。先客たちは上の階のテーブル席についているらしく、カウンターでワインを楽しむ人は誰も居なかった。ああ、寒い。と言って入ってきた私に彼女たちは機嫌よく挨拶した。こんばんは、シニョーラ。久しぶりですけどお元気でしたか。彼女たちは何時だってこんな風に気持ちが良い。それで今夜は何にしますか。赤にしますか、白にしますか。それで私はまろやかな口当たりの赤ワインを注文した。そのうち責任者的存在の女性がもうひとりに言った。あのチーズを少し切りましょう。そうして出てきたのは白黴タイプのとろりと柔らかいヤギのチーズだった。バケットにチーズを乗せて口に放り込んだらヤギのチーズ特有の臭みとまろやかさが口一杯に広がった。うーん、美味しい。そうでしょう、これはとても美味しいの。そんなことを話しているうちに前日のヴァレンタインデーの話になった。年々この日を祝う人が少なくなったこと、それにしてもイタリアの男性がだんだんロマンティックでなくなっていること。そういえば私の相棒も昔は大変ロマンティックで24本のバラの花を私の職場に持ってきて皆を感激させたこと。近年はそんなこともすっかり無い。そうよ、結婚が長くなるとそんな風なのよ、イタリアは。そう言って私たちはあははと笑い、その話をお終いにした。男女の客が入ってきたからだった。私たちは此の男性客がずっとずっとロマンティックな心を忘れずに、横に居る恐らくは恋人か奥さんの違いない女性に接してくれることを密かに祈った。
グラスに注がれた赤ワインの最後の一滴を飲み干して、また来ることを約束して外に出た。店主とのお喋りもいいけれど、やはり女性とのお喋りが楽しい。共有できる感情が私たちには少なからずともひとつくらいはあるのだから。それにしても。イタリアの男性はだんだんロマンティックではなくなりつつあるのか。昔アメリカに居た頃は、イタリア人男性は女性に優しくて、大変ロマンティックだからと結婚したばかりの私を皆が酷く羨ましがったものだけど。ふふふ。そんなこともあったな、と20年も前のことを思い出してひとり笑った。時代と共に変わりつつあるのは男性も女性も同じ。女性も随分強くなったもの。そんなことを考えながら夜道を歩いた。


人気ブログランキングへ

コメント

こんにちは。

ご無沙汰いたしております。

実は日本人男性も、心の中ではとてもロマンチックだと思うのですが、うまく表現できないのです(私だけかな?)。
頑張っても、「日本男児らしくない!!」と、逆ギレされたり・・・

歳を重ねると、ロマンチックよりも疲労が上回るのでしょうね。

できて、枝についた梅の花一輪くらいかな・・・

2013/02/18 (Mon) 05:40 | Via Valdossola #P6wRKz4w | URL | 編集

あら大変。
ウチの主人、婚約している頃から花もドッキリなプレゼントもまーったく無く、イタリア男の必殺技(?)なはずの甘い言葉も貰った記憶が無い・・ような(笑

猫なで声が出るのは、手のこった料理が食べたい時。
ココからロマンチック度を引くって。。行き着く先はマイナス、でしょうか?
それは困るわ。。

2013/02/18 (Mon) 21:22 | erieri #.wMK.8Ds | URL | 編集
Re: タイトルなし

Via Valdossola さん、こんにちは。お久しぶりですが元気そうで何よりです。日本人男性がロマンティックであることは実は知っているのです。ただ、恥ずかしがり屋で、その気持ちを言葉にすることが出来ないのですよね。日本でイタリア人並みのことをしたら、多分キザとか言われるのかもしれませんね。言葉にしたり行動にするのは良いことです。是非、人目を気にせずに、さあ、頑張って。

2013/02/19 (Tue) 23:53 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

erieriさん、こんにちは。あら、ご主人、イタリア人にしては珍しいですね。しかし違っても良いのです。そういう人も沢山居るのですよ。そういう人は案外年数を重ねるたびにロマンティックになっていくものです。
手のこった料理、私も是非食べたいです。私、作るよりも食べるほうが得意です。

2013/02/19 (Tue) 23:58 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する