本が好き

DSC_0013 (Small)


昔から本が好き。だから本屋にはよく足を運ぶ。昔は図書館にも通ったけれど、最近は図書館を利用しなくなった。本に対する気持ちが変化しつつあるらしい。手当たり次第読むことはなくなり、これはというものだけじっくり時間をかけて読む。そして好きな本であればこそ手元に何時も置いておきたい。期限付きの貸し出しでは淋しすぎるというのが図書館の本を借りなくなった理由である。別に新品の本だけが好きなわけではない。例えば古本屋で良い本に巡りあうこともある。ところで古本というよりは時代物の本を売る店がある。手に取るなりはらはらとページが落ちてしまいそうなほど古い。丁寧に開いてみると木綿の糸で纏められたその本は幾人もの人の手を渡り歩いたらしくすっかり黄ばんで古びているが、誰もが丁寧に扱ってきたに違いなく、古い割にはページの角を折り曲げた痕もなく、ペンで書き込みがあるでもない。そんな本を見かけるととても嬉しくなる。それにしてもイタリアのこういった時代がかった本の高いこと。それだけの価値があるということなのだろうけれど。私は大抵散策がてら目の保養にみて楽しむだけ。それも案外楽しいものだ。


人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する