春色

Immagine 037 (Small)


今朝、出勤途中にカフェに立ち寄ったら、うっかり転びそうになった。どうしたことかと路面を凝視してみたら、薄い氷が張っていた。危ない、危ない。しかしそんなに寒かっただろうか。そう思いながらカフェに入ると先客たちが今日は寒いねと話をしていた。そうか、今日は寒いのか。いつもなら真っ先に寒いと大騒ぎする筈の自分なのにと少々不審に思いながら、カップチーノを頂いた。睡眠を沢山とったからだろうか。それならば冬が終わるまで毎日沢山睡眠をとると良いかもしれない。

月曜日はスロー。何事もスローにしておくのが良い。月曜日の朝からばりばりやると大抵つまらない事が起こる。少々気に障っても流すと良い。心配事があっても何とかなるさと思えばよい。此処でひとつ口を挟みたい気分になったら、深呼吸をして言葉を飲み込んでしまうと良い。そんな風にして一日を上手く乗り切った。夕方5時を過ぎた頃、窓の向こう側に美しい夕焼けをみつけた。それで残業せずに帰ることにした。夕焼け空を眺めながら外を歩きたかったのだ。美しい赤。ばら色よりも赤くざくろの実よりも薄い。こんな空を堪能できることを幸せに思った。旧市街のショーウィンドウは早くも春色に染まり始めている。レモン色の春のコートを翻すマネキン。軽いシルクのスカーフ。人々はまだ重い冬のコートに身を包み、革の手袋までしているというのに。店の前を行き交う女性たちがふと足を止めてしまうほど、レモン色の春のコートは魅力を発していた。今年はレモン色が流行なのだろうかもしれない。私はそんなことを思いながら、しかし私はやはり美しいグリーンが好きだと思った。何故グリーンに拘るのだろう・・・と自問しているうちに思い出したのが、母が作ってくれた姉とお揃いのワンピースだった。一枚は鮮やかで快活な新緑に似た色。もう一枚は小さな薔薇が沢山鏤めたれた森の茂みにも似た色。どちらも私の気に入りの服だった。姉とお揃いと言うのがまた嬉しくて、姉が成長して着られなくなると、私はとても残念に思ったものだ。母が何故グリーンを私たちに選んだのかは分からないが、私はあの頃からグリーンが好きになったのだろう。私がまだ小学生になったばかりの頃から。姉は多分レモン色が好きだった。成長していくにつれてレモン色の服を好んで着ていたから。それともやはり母がレモン色の生地を選んで姉に服を仕立てていたからなのだろうか。どちらにしてもとてもよく似合っていて、レモン色のワンピースを着た姉が大好きだった。夏の日差しのような、向日葵のような、明るくて活発な姉。色の好みとはそんな風に子供の頃から育まれるものなのかもしれない。其れならばあの子はどうだろう。友人の子供、ベアトリーチェ。彼女がまだ5歳の頃、時々頼まれてベイビーシッターをした。美しい金髪で瞳が湖のように深い蒼の美しい女の子。友人は時々シルバーの服を着せていた。其れはなかなか素敵で、ベアトリーチェの気に入りだった。今はもう成人した彼女。シルバーの服を身に着けたりするのだろうか。美しい女性に成長したに違いない彼女を想像して、うん、シルバーの服が良く似合いそうだと頷く。それとも今時の子供たちのように黒い服ばかり着ているのだろうか。私も人のことは言えないけれど。

いつの間にか夕焼けは闇の中に溶け込みすっかり夜になってしまった。しかしレモン色のコートを見たらうきうきしてきた。久しぶりにと、いつものジェラート屋さんに駆け込んで一番小さいのを頼んだ。後から後から店に入ってくる客。案外春は近くまで来ているのかもしれない。


人気ブログランキングへ

コメント

yspringmindさん、こんにちは。レモン色、いいですよね。レモン色ではないのですが、レモン柄のワンピースを一枚持っています。黒地に黄色のレモン柄なんですけど。学生の頃、神戸の高架下に小さな生地屋があって「生地自体はフランス製だから良いよ」という店の人に薦められて、ワンピース用にと、当時2千円程で買いました。で、実家の母に送って縫ってもらったんですけどね...15年経った今、洗濯でくたくたになったそれを真夏のこちらで着ています(^^)。グリーン、くすんだ様な暗いグリーンは私も凄く好きです。鮮やかなグリーンは日本人にはちょっと難しい色だなーと思ったことがあります。

2013/02/05 (Tue) 03:31 | TSUBOI #- | URL | 編集
レモン色

私も大好きな色です。

しかし日本では、虫が寄りつく色として、嫌がる人が多いのです!
なぜ黄色に寄りつくのかわかりません。日本だけなんでしょうかね?

2013/02/05 (Tue) 15:22 | のりこ #- | URL | 編集

あぁ、この扉、たまに少~しだけ開いている事がありますよね。
場所が場所だけに秘密の花園の秘密の扉の様で、少し開いているときは覗き込むようにしてしまいます。
冷たい外観とは違った、こんな場所に庭園?といったカンジの大きな木・緑あふれる中庭で、いつか中に入ってみたいなぁと。でも、そんな勇気は無いんですけど(笑

三寒四温とはよく言ったものですよね。
暖かい日があったり寒い日があったり。今日は寒い日、なのかな?
花粉症のワタクシ、春の訪れには敏感でございます(笑

2013/02/06 (Wed) 10:41 | erieri #.wMK.8Ds | URL | 編集
Re: タイトルなし

TSUBOIさん、こんにちは。レモン色ではなくて黒地にレモン柄のワンピースですか。斬新ですね。お母様が縫った一着を15年経った今も着ているなんて、本当に気に入っているんですね。これからも大切にしてくださいね。私は色白ではないのでくすんだグリーンが似合わないのです。色自体は大好きなのですが。思い切り発色の良いグリーンがいいみたいですよ。それでと言うわけではないのですが素敵なグリーンの鞄を見つけました。こんな鞄を持って春を過ごすと楽しいのではないか、とお財布の中身と相談中!

2013/02/06 (Wed) 23:29 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: レモン色

のりこさん、こんにちは。日本では黄色は虫が寄り付く色なのですか。面白いですね。もしかしたらミモザや何やらの花に間違えて虫が寄り付くのかもしれませんね。わたしの周囲の人に訊いてみましたが、イタリアでは黄色に虫が寄り付くなんて聞いたことがないわよ、と言われました。国によって違うなんて面白いと思いませんか。

2013/02/06 (Wed) 23:37 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

erieriさん、こんにちは。此の扉を見て直ぐに分かるとは、この辺にかなり詳しいですね。私がここを通る時、いつも扉が閉まっているのですが、この日に限ってはこんな風に開いていて、外からこっそり覗き見してみました。中、入ってもいいのでしょうか。私も勇気が無くて考えに考えた挙句止めたのですが、一度は中に入ってみたいものですね。全く、秘密の花園ですよ。それにしても寒い一日でした。春は本当にやって来るのかした、と途方に暮れました。(しかし私の鼻も春のアレルギーを早くも察知しています。鼻だけが春を感じています。)

2013/02/06 (Wed) 23:43 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する