そうだ、脱出しよう

Immagine 013 (Small)


近頃ボローニャにばかり居る。そうだ、ボローニャを脱出しよう。久しぶりにフィレンツェに足を延ばしてみよう。そう思いついて列車の時刻を確認してみた。安い列車がめっきり少なくなった。以前はインターシティなる急行列車が沢山あったが、ユーロスターに続く様々な特急列車が出回ると同時に安い列車が少なくなり、しかもフィレンツェ旧市街に一番便利なサンタ・マリア・ノヴェッラ駅に列車が停まらなくなってしまった。此の駅で下車するには他の駅で乗り換えねばならない。値段の高い特急列車優先と言うことだ。不便になったものだと溜息をつきながらも、しかし特急列車を利用すれば今までの半分の時間でフィレンツェに行けることを確認して、良くないこと有り、しかし良いことも有りだと自分に言い聞かせる。此の時間短縮を昔の通勤仲間たちは喜んでいるだろうか。もっとも私は7年前にボローニャからフィレンツェに通うのを辞めたのだ。あの頃の仲間だって今ではボローニャに仕事を見つけているに違いない。皆一日も早くフィレンツェに通うのを辞めたいとぼやいていたのだから。うん、そうであることを願う。私がフィレンツェに通い始めたのは6月だった。初夏とはいえ既に暑くなり始めた頃だった。7時20分のボローニャ始発列車に乗り込むと既に席を獲得して寛ぐ人達で一杯だった。旅行者は居なかった。見るからに通勤者か学生ばかりで、既に習慣化している列車での通勤、通学を堪えているように見えた。1時間の通勤は長かった。日本でなら案外当たり前の列車通勤は、イタリアではあまり一般ではなく、自分の街に良い仕事を見つけられなかった、みたいな一種の残念感があった。とはいえ、私は4年間定職を探しながら小さな仕事をこなしていたから、定職を得ただけで十分嬉しく、意気揚々としていたけれど。列車が動き始めると私は本を開いた。そうして毎朝毎夕一時間ずつの読書の時間を得たのだった。私が通う職場はポンテ・ヴェッキオのすぐ傍にあり、小さな広場と古い小さな教会に面して建っていた。駅から歩くと15分は掛かるが、私はそんな場所で仕事が出来ることを内心とても喜んでいた。通勤中に散策が出来るからだった。最も早足で通り過ぎるばかりだったが、しかし毎日別の道を選びながらの通勤散策は決してつまらないものではなかったと覚えている。其のうち通勤仲間と言葉を交わすようになり、あら、あなたもこちらの方なの?と途中までお喋りしながら歩くようになった。そんな人がひとり増え、またひとり増えて、週の半分はそんな人達の一人と肩を並べて歩くようになった。互いの職場の場所は知らないが、時々昼時にばったり会うことがあった。食後のカッフェのために足を延ばす共和国広場に面したカフェで。そんな日は私がカフェを奢ったり、相手が奢ってくれたり。私たちはボローニャからフィレンツェに通う通勤仲間なのだから、と。私がボローニャに仕事を得て、これが最後のフィレンツェ通勤という朝、沢山の人がお祝いしてくれた。おめでとう。ボローニャでも元気に仕事をするんだよ。そう言って抱き合い、挨拶を交わして別れた。私はフィレンツェの住人ではなかった。5年間毎日通っただけだ。しかし沢山の思い出を持っていて、時々無性にフィレンツェの街を歩きたくなる。多分心の欠片を落としてきたか、それとも私の心にフィレンツェの空気が染み付いているのかもしれない。。さあ、それで何時行こうか。週末、それとも一日休みを取って出掛けるのも悪くない。久しぶりに小旅行のことを考えたら、急にわくわくして来た。いい調子!此の調子でいつもの元気を取り戻して、2月を乗り切ってしまおう。フィレンツェの路地、広場に面したカフェ、小さなエノテカ、いつも歩いた道。そんなことを思い出しながらのフィレンツェ小旅行計画。


人気ブログランキングへ

コメント

 インターシティ、絶滅保護奇種に登録してもらいたいくらいですよね。ユーロスターよりゆっくりとそしてガチャガチャ音を立てながらプラットホームに入っていくこの電車にのるたびにイタリアを感じました。コンパートメントも独自でしたよね。ただItaloがライバルとして出現したおかげで早く予約すればかなりの割引となります。少し早めの予約でボローニアを脱出、私は久しぶりにナポリに行ければなあ、、と夢想しています。

 お待ちしていますよ。

2013/02/04 (Mon) 23:23 | レオナルド #17ClnxRY | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/02/05 (Tue) 09:20 | # | | 編集
Re: タイトルなし

レオナルドさん、こんにちは。インターシティとユーロシティが主流の頃にイタリアに暮らし始めた私には、ユーロスターの出現に驚くばかりだったのに、今は更に進化して、ITALOまで出現して。急ぎ足で変化していきますね。フィレンツェ小旅行、そしてその後にはローマ小旅行を計画中。レオナルドさんのナポリ行きの方が案外早く実現したりするかもしれませんよ。

2013/02/06 (Wed) 23:20 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: 山を越えると春かも

鍵コメさん、こんにちは。山を越えると春が来ていますか。いいですね。私もお話したいです。行く日が決まったら連絡しますのでお時間が合うようならご一緒に。フィレンツェに行く楽しみがひとつ増えました。有難う

2013/02/06 (Wed) 23:34 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する