綺麗の気持ち

Immagine 070 (Small)


寒い。確実に日は長くなりつつあるが、寒さは一向に和らがない。オーバーコートに襟巻きをぐるぐる首に巻きつけて、帽子を目深に被って街を歩く。手袋も忘れてはならない。それから足首が冷えぬようにブーツを履いて。昔見た写真のようだ。ヨーロッパの人々が冬の街を行き交う様子。其れを見て私は素敵だと思ったが、実際はそんな素敵なことは無い。ただただ寒いだけだ。体が冷えぬように身を包み、足早に通り過ぎていく。後ひと月もしたら人々の歩調は緩む筈で、同じぐるぐる巻きの襟巻きでもふんわりと春らしいものが目を楽しませてくれるに違いない。ああ、春が待ち遠しい。街路樹の花が開く春が待ち遠しい。

先日、化粧品を買いに行った。いつも行く店だ。此の店に初めて入ったのは数年前の秋の終わり。女友達にくっついて行っただけだった。前から存在は知っていたが、何となく入りにくかった。多分気持ちの問題だったのだ。気に入りの歴史ある本屋が姿を消して化粧品店に代わったのが多分気に食わなかったのだ。しかし友人に連れられて行ってみるとなかなか感じの良い店で、肌の弱いという私が色々試すことが出来るように、小さな容器に基礎化粧品を幾つも詰めてくれた。一週間使ってみて肌に合うようなら買えばよい、というように。そんなサービスが気に入って、私は此の店が好きになった。さて、店に行って見慣れた顔の店員にアドヴァイスを求めると、私よし少し若い男性を紹介された。ジヴァンシーからやって来た人だった。私は男性メイクアップアーチストが苦手だ。良く大きな店に行くとその手の人が居て、客人に化粧を施しているのを見かけるが、そういうのを見るのですら苦手である。だから少々困ったことになったと思ったが、話しているうちに考えが変わった。なかなか良い。朝は忙しくてせいぜい10分しか時間が無いからと言う私に、機嫌よく驚くべきテクニックを教えてくれた。ほら、こんな風にね!と。関心を示すと彼は益々機嫌が良くなり、これはこう、あれはこんな風に、と教えてくれる。そして彼はいい事を言ったのだ。綺麗にしていようという気持ちが大切なのだ。そういう気持ちが美しさとなって現れるのだと。彼は勿論ジヴァンシーからの回し者で女性客の扱いには十分慣れている筈だけど、其れとは別に彼のそんな考え方に好感を持ってとても嬉しくなった。先ほどの店員が何時まで立っても話が終わらぬ私たちの様子を見に来たので、ねえ、あなた、此の人とても素晴らしいわね、と礼を言った。僕の名前はステファノ。イタリア中を回っているので何時もここに居る訳ではないけれど、ボローニャに住んでいいるので街で見かけたら声を掛けてください。彼はそう言って私に右手を差し出した。繊細でセンスの良い感じのよい男性。握手を終えると、先ほどから順番を待ち構えていた女性客たちにあっという間に連れ去られて見えなくなってしまった。店の外に出ると寒風。街行く人達が足早に歩き去る。綺麗にしていようとしている人、そうでない人。成程、こんな風に眺めて居ると案外判るものである。良いことを教えて貰った。彼との偶然の出会いに感謝。いつかボローニャの街で見かけたら、綺麗の気持ちを教えて貰ったお礼にカップチーノでもご馳走することにしよう。


人気ブログランキングへ

コメント

yspringmindさん、こんにちは

とても、素敵な御話

今日も共感しています

日本人の精神、考え方にもある

「その気、次第」というのにも、しっくり来ますね~


ボローニャの、春はまだ、遠し・・・・ですかね^^;

京都も、同様ですが

蝋梅に、梅の花・・・そして大好きなショコラの季節

2月も、すてたもんじゃありませんよ^^v

2013/02/01 (Fri) 00:26 | 高兄 #eP1cGWnA | URL | 編集
Re: タイトルなし

高兄さん、こんにちは。確かに気持ちは大切なのです。気持ちの持ち方で外からの見え方も違うものなのです。忘れかけていました。ボローニャには冷たい雨が降っています。少し風邪を引いたらしく寒さが身に沁みます。
蝋梅に、梅の花、そして大好きなショコラ。高兄さんの前向きな考え方を見習って、2月の素敵を探してみようと思います。有難う!

2013/02/02 (Sat) 17:09 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する