高気圧に乗って

DSC_0017 (640x428)


高気圧が上空を覆ったご機嫌な日曜日。いつもの調子で外に出たら歩いているうちに額に汗が浮かんだ。こんな年末は僕らがボローニャに住むようになってから初めてのことだねと私に訊く相棒の横で、姑が強く首を振る。いいや、80年代の年末はいつだってこんなだったと身振り手振りで説明する。でも僕らがボローニャに来たのは17年前だからそんな前のことは知らないよ、と相棒が姑に言い返すと、そうだったかしら・・・みたいな表情をした。80年代、私はまだ日本に居たし相棒はアメリカに暮らしていたのだ。最近彼女は昔から私たちがボローニャに暮らしていたような錯覚に陥る。そして私たちを心配させるのだ。姑は少しづつ記憶が曖昧になっているのではないだろうか。人は歳を取ると共に記憶が曖昧になるのは仕方の無いことかもしれないけれど。同じ年齢の自分の母とダブらせてはちょっぴり悲しくなるのである。頻繁に会いに行かなくてはと思う。さもなければいつも遠くに暮らしている糸の切れた凧のような私の顔を忘れてしまうのではないかと思って。気丈な母はひとり暮らしを望み、心配しすぎる娘たちを時々疎ましく思う程だ。元気な証拠であるけれど、それにしたって。それにしても高気圧なのだ。太陽の光が冬にしては強く、サングラスをかけて歩く人が沢山いた一日。なんて素敵な太陽なのだろう。そう思ったのは私だけではないだろう。

ピアノーロの家を売ったらボローニャ市内に暮らそうと決めてから様々なことが少しづつ動き出しているように感じる。いつの間にか出掛け嫌いになってしまった相棒が、最近頻繁に外に出掛けようと私を誘う。12月31日の旧市街なんてとんでもないと言っていた相棒が、今年は旧市街で新年を迎えたいと言い出した。どういう心境の変化だか知らないが、嬉しくない訳が無い。実際実行に移すかどうかは別にして、そういう気持ちは大切だと思う。それからフランコと彼の恋人ジョとの関係。私は数ヶ月まで彼らを知らなかった。相棒から名前を時々聞いていたけれど。ある晩彼らの家の夕食に招かれて初めて話をしてから、頻繁に誘われるようになった。カフェで音楽の演奏があるから来ないかとか。それから昨晩は映画に誘われた。そういえば年末は何をするのかとジョに幾度も訊かれていた。その都度私は引越しと答えて、楽しいイベントが無いことで彼女をがっかりさせていたのだ。映画。そういえば15年も映画館へ行っていないなかった。映画が大好きなのにボローニャに暮らし始めてから何故だか映画館の存在がとても遠くなってしまったのだ。天からころげ落ちてきた話に飛びついて彼らと映画を見に行った。思いがけず好みの映画で、思いがけず居心地のよい映画館で、とても楽しい晩になった。それにしても彼らはどうして私たちを誘うのだろう。ジョは落ち着いた思考能力を持つがまだ若いお嬢さん。一緒に出掛けたい同年代の友達が沢山いるに違いないのに。でも私は嬉しいのだ。彼女の存在が。地に足が着いたしっかり者だけど若い感覚に満ちた彼女の存在が。話しているとついつい笑顔になってしまうような可愛い彼女の存在が。いつも怒ってばかりいる人が多い此の世の中で、文句ばかり言っている人が多い此の世の中で、彼女のような人と知り合えたことは神様からのご褒美に思えるのだ。私もまた彼女にとってそんな存在であればよいのにと思う。出会えてよかった女性、みたいに。私を取り囲む何かが少しづつよい方向に動き出している。気のせいではない。多分。多分そうなのだ。


人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する