小さな楽しい

Immagine 089 (Small)


天気予報で第2号と呼ばれていた低気圧は、確かに秋のようなひんやりした空気を運んできたけれど噂されていた大雨は遂に降らず、空振りと呼ぶにふさわしかった。と言っても空にはまだ雨雲が群れを成しているので案外晩辺りに強い雨が降るのかもしれないけれど。今日は午前中だけ仕事をした。午後一番で用事をさっさと済ませるとその足でお腹にあいた大きな穴を埋めるべく、エノテカ・イタリアーナへ行った。平日の時間が時間なだけに、店には客ひとり居なかった。店の人が生ハムを切る機械を奇麗にしているところを見ると、もうパニーノは注文できないのだろうか、と訊いてみたら、何の問題もない、さあ、何がいいんだい、と機嫌のよい返事が返ってきた。いつもの気に入りのパニーノを作って貰い、柔らかめの赤ワインを注文した。昼から立ち飲み赤ワインとは、と姉が聞いたら驚くに違いないけれど、この店ではこんな客の姿は珍しくもない。話し相手がいる訳でもないし、いつもなら話し相手をしてくれる店の人は後から入ってきた幾人かの客の相手に忙しそうだ。背の高いテーブルに放置されていた新聞を引っ張り寄せて開く。傍から見たら妙な東洋人に見えるのかもしれないと思いながら、パニーノを齧り、赤ワインを胃袋に流し込んだ。長袖を着てきたが何しろ21度にしか上がらない上に風が吹くから、肌寒くて仕方がない。赤ワインはこんな涼しい気候に良い。そんなことを考えているうちに思い出した。10年前の春先、リスボンへ行ったときのことだ。私はポルトガルについて何も知らないまま飛行機に乗ってしまったから、リスボンに着いてから全く手探りで美味しいものや面白いもの、見所を見つけなくてはならなかった。もっとも歩いていれば鰯を外で焼いていたり、いい匂いが漂っていたから、美味しいものを探し出すのはわけなかった。面白いものや見所は、私にとっては全てが面白く見所だった。なにか自分にしっくりくる町、そんなことを考えながら時には冷たい風の吹く3月のリスボンを歩き回った。ある日、地下鉄に乗って大きなスーパーマーケットへ行った。ワインを買いたかったからだ。何故専門店へ行かなかったかと言えば、誰にも声を掛けられずに思い存分ワインを観察したかったからだ。広いワイン売り場に並ぶワインは種類が豊富で観察のし甲斐があった。そして思惑どうり、誰に邪魔されることもなかった。1時間ほど堪能しただろうか。幾つかめぼしいものを選び出しだが、果たしてこれらが美味しいのか私には見当すらつかなかった。本で少しくらい知識を得てくればよかったのに、と後悔したって遅かった。それにしても一体誰に訊いたらよいのか。と、年の頃は40過ぎの男性が通り掛った。思い切って声を掛けるとワインが大好きなのだと言って、私が選んだものを手にとって見始めた。そしてアレンテージョ地方のワインが美味しいのだ、と言いながらその中から2本選び出してくれた。私はその2本を家に持って帰ってきて、何年も経ったつい1,2年前の特別な日に開けてみたら、それは夢のように美味しかった。アレンテージョ地方のワイン。そうか、こんなに美味しかったのか。相棒と毎日のようにその話をしたくらい、それは驚きの感激だった。だからこの夏リスボンを再訪すると決めた時からアレンテージョのワインが楽しみでならなかったのだ。私が借りたアパートメントの大家さんは同じ建物の地上階でカステラ屋さんを営む夫婦だった。ある晩彼らと一緒に食事する機会を得た。テーブルに着くとすぐに店員が注文をとりに来た。飲み物は何にするか、と訊かれて大家の夫婦がすぐに答えた。アレンテージョの赤。まるで当然それしかないと言うかのような口調で。私はそれを聞きながら、ああ、此処にも同じような人がいると、下を向いてこっそり笑ったものだ。夏のボローニャでは逆立ちしても頂きたいと思わない赤ワインだが、8月なのに河からの涼しい風が吹くリスボンによく合った。赤ワインはやはり涼しい気候がいいのよね。客人の相手を終えた店の人にそう話しかけると、彼は大きく頷いてこう言った。これからますます美味しくなるよ。そうだ、ボローニャはこれから赤ワインが美味しい季節。夏には夏の、そして秋や冬にも小さなの楽しみが備わっているのだ。そんな小さな楽しみを探しながら生活するのもよい。誰の人生にも小さな楽しいことが沢山詰まっているのだ。


人気ブログランキングへ

コメント

こんにちは、ご無沙汰しています。
急に涼しくなって、あわてて毛布を引っ張り出しました。ボローニャの天気は本当に気まぐれ。まだ暑い日もあるのかな、と思いながらも朝晩の心地よさを満喫しています。

yspringmindさんとは行動範囲が似ています。絶対どこかですれ違っているはず。
このエノテカにもよく寄るんですよ、ワタシ。
北の街は太陽が弱くて嫌、そんな泣き言ばかり言ってないで、ワタシも「小さな楽しみ」を探しながらこの冬を乗り切ろうと思います。
まだ9月なのにね。もう冬の話(笑

2012/09/15 (Sat) 11:06 | erieri #.wMK.8Ds | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/15 (Sat) 14:48 | # | | 編集
Re: タイトルなし

erieriさん、こんにちは。長い休暇から戻られたようですね。朝晩涼しくて良く眠れますが、確かに毛布が必要になりましたね。多分、もうあんな暑さは戻ってこないでしょう。今年はもう存分暑さを堪能したので、それもよいかと思います。(erieriさんは夏が好みのようなので残念かもしれませんが。)
私たちは行動範囲が似ています。と言うことは絶対どこかですれ違っていますね。今度ひとりで居る小柄な日本人女性を見つけたら是非声を掛けてください。それは多分私なのです! 

2012/09/15 (Sat) 19:16 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、そんな楽しいことが明日にあるんですね。思い存分楽しんできてくださいね。そういう楽しみがあるのは素敵だと思うんですよ。小さな楽しみ? ううん、大きい楽しみです。

2012/09/15 (Sat) 19:18 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する