もうひとつの夏

Immagine 245 (Small)


夕べ電話を貰った。数ヶ月前に北欧の町に暮らし始めた女友達からだった。昨日は結婚記念日だったのでどこか美味しい店で夕食をと考えていたが、あまりの暑さに辟易して外に出る気分になれなかったから、家で楽しい食事会を催した。と言っても大それたものではない。先日近所の老女がこっそり分けてくれた特別なスパークリングワインに、夏らしいさっぱりとした、しかし美味しい料理を用意して、肩の力を抜いての楽しい食事だ。冷房も扇風機もない我が家だ。テラスに面した高さ3メートルもある大窓を全開して、四方八方の窓と言う窓をすべて開けて風通しを良くしていたところ、晩も9時を回る頃になってようやく微風が吹き始めた。山からの風。街のぬるい風ではない、ひんやりとした、安堵のため息を誘うような気持ちの良い風だった。老女が秘密だと言って分けてくれたワインはとても美味しかった。数日前から暑くてたまらないと老女が言っていたので家にあった扇風機を持っていったからだった。長いことあったが丘の町に来て以来一度も使う必要のなかった扇風機が役に立つならばと思って。老人にこの暑さは堪えるだろうと思って。老女は酷く感謝して、彼女のご主人が先日ワイン農家から手に入れた特別のワインをこっそり持ってきたのだった。おじいさんには内緒にしてね。このワインはおじいさん曰く特別らしいのよ。そんなコメントを付けて。ワインは美味しく、確かにおじいさんが特別扱いしていたに違いなかった。何時かこのワインが行方不明になっているのがわかった日がやってくるかと思うと心配ではあるけれど、老女は上手くかわすに違いない。それで食事を終えて風がようやく吹き始めた頃、電話が鳴った。出てみると女友達からで、元気かと訊く彼女に私は暑くて死にそうだと答えた。すると彼女が言のだ。北欧の町では20度しかない。こんなに涼しい夏があって良いのだろうかと。猛暑真っ只中のボローニャからは20度の夏を想像することは容易くないが、なるほど、そんな場所があるのか、意標を衝かれたような思いであった。話しによればなかなか素敵な町らしい。アパートメントから10分もした所に海があるそうだ。暮らし始めた当初の困惑が終わるとなかなか住みやすい町であることがわかり、数年でブダペストに戻ろうと考えていたが、出来れば長く暮らしたいと思い始めたそうだ。それで遊びに来ないかとのことだった。10年ほど前、彼女を訪ねてブダペストへ行って以来、酷く気に入って毎年のように足を運んだ私だから、恐らく北欧の町もまた大変気に入って何度も来るようになるだろう、と彼女は言う。長い付き合いの彼女のことだ、私のことなんて安易に想像が付くのだろう。兎に角、そうまで言われると酷く気になる。それにそんな涼しい夏が欧羅巴のどこかに存在するなんて、素敵ではないか。近いうちに計画を立てるとしよう。ひとしきり話して電話を切ると、夜なのに蝉の声。先ほどの20度の夏の話から現実に引き戻されてため息をついた。ねえ、扇風機のことだけど・・・と相棒に声を掛けようとした寸前に口をつぐんだ。人にあげてしまったあとに後悔するなんて子供じみたことは駄目駄目。きっとそのうちこの暑さも落ち着くさ。其れまでほんの少しの辛抱だ、と山からの風に吹かれながら自分に言い聞かせた。それにしても暑い。今夜は北欧を訪れる夢でも見ることにしよう。


人気ブログランキングへ


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/02 (Mon) 12:19 | # | | 編集

yspringmindさん、こんにちは


扇風機が、美味しいワインに変わるなんて

イタリアっぽい、エピソードですね

きっと、その扇風機

今頃も大活躍している事でしょう^^


京都は梅雨のじめじめ

時折、豪雨、落雷と荒れていますが

7月に入ったと云う事は・・・・祇園祭


コンチキチンの音色が、洛中に響いています

ああ、夏が来たのだなぁ・・・と実感しています

2012/07/03 (Tue) 01:50 | 高兄 #FoGoijMs | URL | 編集

扇風機・・・

あっという間に扇風機の季節でした

今朝、起きたら 昨夜は無かった扇風機が 部屋に出てました

こちら日本は、雨雨雨です
ムシムシです

2012/07/06 (Fri) 23:37 | 春風 #jgTtIlIo | URL | 編集
Re: ご無沙汰しています

鍵コメさん、こんにちは。ボローニャ暑くて驚いたでしょう?でも今日は久しぶりに過ごしやすいですね。鍵コメさんと初めて会ったのは2年前の夏だったでしょうか。あの夕方も暑かったですね。帰る前に会えたらいいですね。私は7月中はまだボローニャに居ますから、旅行から帰ってきたらお知らせください。Aperitovoしましょ。

2012/07/07 (Sat) 16:47 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

高兄さん、こんにちは。扇風機がワインに変わる。確かに、そう言われてみればイタリアらしいですね。扇風機は活躍しているようです。毎朝老女がテラスから機嫌よく挨拶してくれますよ。京都の夏は暑いですね。其れはそのままボローニャの暑さと考えていただければ丁度よいのです。しかし梅雨は・・・いただけません。これも季節のものだと思えば風情があるのですが、いやしかし、梅雨だけは苦手です。ところで祇園祭、私はまだみたことがないのですよ。一度その時期に京都を訪れたいものです。コンチキチンの音色。自分の耳で確かめたら高兄さんと京都の7月を共有できそうな気がします。

2012/07/07 (Sat) 16:56 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

春風さん、こんにちは。扇風機っていい響きだと思いませんか。私は冷房よりも扇風機の風やこの言葉の響きのほうが好きなのですよ。ところで日本は雨ばかりですか。今日は姉から雨の七夕だったとの報告を貰って、ほんの少し残念に思ったところです。

2012/07/07 (Sat) 16:59 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する