あなたのしたいこと

Immagine 100 (Small)


予想どうりだった。ボローニャは急激に暑くなって、ボローニャ市内よりも常に3度ほど涼しい丘の辺りですらこの暑さだから、旧市街は35度近いのではないだろうか。こんな暑さの日は丘に暮らしていることを感謝する。冬はむやみに雪が降るので感謝の気持ちをすっかり忘れているけれど。最近カレンダーを眺めるのが好きだ。あと7週間もすれば待望の夏の休暇だからだ。その間にいくつかの楽しい約束や用事がちりばめられていて私にしては多忙な7週間になるであろう。忙しさにかまけて用事を忘れてはいけないと、カレンダーにひとつひとつ書き込みながら、ふとペンを握る手を止める。こんな風にして用事をこなすことが出来るのも、人との約束が出来るのも健康ならではのことなのだ。私はここ数日の間ずっとそんなことを考えていて、元気になったら生活の基本となる部分を見直さねばならぬと思い始めた。例えば食生活や睡眠時間、人間関係、そして仕事との付き合い方。自分のための時間の保ち方。いつの間にかバランスが悪くなっていたのだろう。こんなに天気の良い毎日なのに家でぐずぐずしているのがもどかしくも、私にはそんな時間が必要だったのかもしれないとも思う。昔、アメリカで私にはこんな知人がいた。友人と呼ぶにはあまり付き合いはなく、しかし単なる知人と呼ぶほど淡白な間柄でもない。多分私たちは互いに好意を持ちながらも程よい距離を保った友人と知人の間くらいの仲だったのだ。彼女は私より少し年上だったと思う。はっきり訊いたことはなかったけれど。彼女の考え方はとても大人びていて私はそれを彼女の素敵な部分だと思っていた。彼女は太い黒ぶちの四角い眼鏡を掛けていた。其れは彼女が自ら作り出した彼女のイメージだった。女であることでハンディを感じるのが嫌だったのか、それとも女であることで有利になるのが嫌だったのか、兎に角彼女は実にシンプルで素っ気ない外観だった。彼女は繊細で優しい、思いやりのある性格だったから、彼女を知る人は皆、彼女の中身と外観のギャップを感じずには居られなかった。ある日私は彼女とふたりでお喋りをした。ふたりで話をしたことは其れまでなかったと思う。彼女は写真を撮る人だったから荷物の中には常にカメラが納まっていて、ふとした瞬間になにか気になるものが目の中に飛び込んでくるとカメラを取り出して写真を撮った。と、彼女は私に訊くのだ。あなたのしたいことってなあに、と。私は滅多な人にはその手の話をしないのだけど、彼女の質問に誘われて告白すると、彼女は笑みを浮かべながら深く頷いた。其れはいいわね。何をしたいか自分で分かっている人はとても幸運。大切にしなさいよ。彼女は私の目を覗き込みながらそう言うのだった。あの言葉。私はあの日から忘れたことは1日だってない。彼女が私に贈ってくれた宝物のような言葉。あれから19年。未だに実現できないけれど、私の大切なもの。自分がしたいこと、言い換えれば夢だろうか。いつか其れが実現したら私は真っ先に彼女の知らせたいと思いながら、一体いつの日になるのだろうと途方にくれる。8月でも夕方になると涼しい風が吹いてスカーフやジャケットが必要なあの海の町で彼女と出会ったことを思い出しながら、ボローニャの暑い夏に引き戻される。夏はこれからが本番。夏を存分楽しむためにはまずは元気にならなくてはね、と我に言い聞かせながら今も痛む盲腸の辺りを掌で覆うのだ。


人気ブログランキングへ

コメント

こんにちは。
お身体の調子はいかがでしょうか。お見舞い申し上げます。
日本は梅雨入りしました。ひと雨ごとに植物がぐんぐん「ほきて」いくようです。このしっとりとした空気が日本にいると感じます。
実は少しの間イタリアに行っておりまして、ここでいつも魅力的な写真とともに街のようすを伺っているボローニャにも6/12に特急電車で行ってみました。
何日か前に「素朴な」と書いておられたボローニャは、本当にそういう雰囲気の街でした。フィレンツェの華やかな、ある意味で旅行者を高揚させる浮ついた雰囲気とは異なる街で「あー、ここにお住まいなんだなぁ」と思いながら歩きました。
夏日。
ウィンドウに飾られているサンダルがたいへん魅力的にこちらを誘う陽気でした。
塔に登れなかったのが残念でしたが、図書館の地下などなかなか印象の残るものの多いすてきな街でした。
どうぞお身体お大切にお過ごしください。

2012/06/18 (Mon) 04:18 | 大庭綺有 #oSFUNe7U | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/18 (Mon) 11:11 | # | | 編集
素敵な夏となりますように~!

昨日、今日と38℃ぐらいまで気温の上がったボルダーです。
でも空気が乾燥しているのでさらっとしており、また朝夕は涼しいので、
超暑がりの私でも大丈夫に過ごせています(笑)

健康で無いと前もっての予定や計画が立てられないというのは
本当にそうだと、自分の体験を通して良く分かりました。

yspringmindさんの診断結果がよくて、速やかに体調改善が
進みますようにと心から願っています。

お大事にされていてください。


2012/06/18 (Mon) 23:38 | るみこ #- | URL | 編集

バタバタしていて、体も心も落ち着かない日々を送っております

体調・・・いかがですか

前とは違う  そんな時もありますね

健康がなにより・・・
そんな言葉 
考えた事もなかった

今では、心身健康って大切だと思うようになりました
お体ご自愛ください

2012/06/21 (Thu) 08:36 | 春風 #jgTtIlIo | URL | 編集
Re: タイトルなし

大庭綺有さん、こんにちは。返事が遅くなりましてごめんなさい。検査のすべての結果は出ていませんが、盲腸炎ではないことだけは判定しました。正直言ってほっとしています。勿論別の炎症があるので治さなくてはなりませんが、これは徐々に回復すると思われます。ご心配頂きまして有難うございました。
ところでイタリアに来られていたそうですね。ボローニャにも特急電車で来て頂けたそうで、ボローニャの素朴を見ていただけて嬉しく思いました。華やかでない分、住むのには丁度良い・・・と言ったら、成る程とご理解いただけるでしょうか。夕方遅くまで明るくて気持ちが良い季節ではありますが、しかし急に暑くなりました。今度は秋にいらしてください。夕方のワインにお誘いします。

2012/06/23 (Sat) 14:06 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、こんにちは。返事が遅くなりましてごめんなさい。盲腸炎でないことが判明してほっとしているところです。内蔵の炎症があるそうでまだ油断はなりませんが、しかし体力も回復しつつ、今週は仕事も休みませんでした。来週はもっと元気になり予定です。ご心配有難うございました。
さて、私は年上の友人知人が沢山居ます。と同時に大変年下の友人知人も。同じ年頃の人と知り合うチャンスが少ないというのが理由なんですよ。年上の人から学ぶことは沢山ありますね。ある年齢にきても美しく輝いている人を見つけると嬉しくなります。年下の人が夢に向かって突進しているのを見ると昔の自分を見ているようで、眩しくて嬉しくて応援せずにはいられません。こんな風に周囲から刺激や喜びを貰っています。考えようによっては幸せものですね。

2012/06/23 (Sat) 14:14 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: 素敵な夏となりますように~!

るみこさん、こんにちは。返事が遅くなってごめんなさい。盲腸炎ではありませんでした。これから薬と食事と生活の改善で内臓の炎症を治していきます。多分あっという間に元気になると思います。ご心配有難うございました。
ボルダーも暑いようですね。そうですよね、その辺りは暑いんですよ!ただ、ボローニャと違うのは湿度。羨ましい限りです。私は年々イタリアの蒸し暑さに弱くなっています。暑くてもいいから乾燥した場所に暮らしたいものですが、かといって場所は簡単にを変えられない。だから自分で工夫するしかないのでしょう。元気が一番。其れに改めて気が付くことが出来たのだから、痛い勉強だったと思えばよいでしょうか。るみこさんもお体をお大事に。暑さに負けない身体を作りましょう。

2012/06/23 (Sat) 14:22 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

春風さん、こんにちは。ご心配有難うございました。健康を害して健康であることの大切さを今回はじっくり学びました。それから生活習慣と食生活! こんな当たり前のことが実は一番健康に繋がっていることを忘れていましたよ。今は盲腸炎の疑いが晴れて、内臓の炎症を治しています。心身ともにばたばたした生活を続けているとこんなことになってしまうそうなので春風さんも是非一瞬立ち止まってくださいね。私はこの一週間ほどペースダウンしてのんびりをモットーに生活していますが、これは大変効果的です。やはり健康が一番なのです。元気に夏休みを迎えるためにも。

2012/06/23 (Sat) 14:29 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する