初夏がやってくる

Immagine 103 (Small)


金曜日の夕方はなんて素敵なんだろう。特に予定も無ければ約束も無いけれど、わくわくする。今週は様々なことに気持ちを大いに振り回されて疲れた。全てが解決した訳でもなく来週の課題として残ってしまったことも幾つかあるけれど、私はいつも決めているのだ。金曜日の夕方を迎えたら、とりあえずそれらの課題や問題や悩みは小箱に押し込んで、楽しく週末を過ごそうと。勿論、時々それに失敗して悶々とした気持ちで過ごすこともあるけれど、まずは楽しく週末を過ごそうという気持ちが大切なのだ。幸運なことに空が明るい。雨が降る気配も無い。帰り道、旧市街の真ん中の2本の塔の手前でバスを降りた。信号待ちをしていたら大きくも大変若そうな犬がやって来た。飼い主の若い女性と一緒だった。犬は私を見つけるとするすると近づいて、横でぴたりと静止したかと思うと私の顔を覗き込むように真っ直ぐ上を見上げた。最近私は犬と大変相性が宜しく、街中で通り過ぎる犬たちが皆そんな風にして私に視線を送ってくれる。私が犬好きと分かるらしい。と言っても私は同じくらい猫も好きで、犬贔屓ではないけれど。飼い主の女性がくすりと笑って、どうやらあなたに好感を持っているらしい、と私に話しかけた。それで私もあなたの犬に好感を持ったと答えると、彼女は良かったわねえ、と犬の頭から背中へと優しく撫でた。犬は尻尾をふりふりしてご機嫌だった。まだ9ヶ月だと彼女は言った。これからまだまだ成長するのだと言ったところで信号が青になった。ふと思い出して大好きなチョコレート屋さんに足を向けた。何しろ金曜日の夕方だ。ちょっと美味しいものをひとつふたつ摘んでみると良いのではないかと思ったのだ。久し振りだった。チョコレート屋さんのある通りはいつも賑やか。細い道なのに、地味な通りなのに、ボローニャの人達はこの通りが大好き。私もそのひとりだった。右手のお洒落だけど高い、しかし大変流行っている眼鏡屋さんの店先を覘き、パン屋さんの入り口に飾られている菓子を物色して、その筋向いに在るチョコレート屋さんへ行ってみると閉まっていた。それも単に閉まっているのではなく、店内の殆どの棚が空いていて、廃業のように見えた。不況の波がついに此処まで来たのかと驚いていると中から女性が出てきた。いつもカウンターの中で忙しく働いている感じの良い女性で、この店の経営者の一人と思われた。声を掛けてみると9月半ばまで休みだと言った。そして彼女はガラスの扉に鍵を掛けて行ってしまった。ふと横を見ると確かに“9月半ばにまた会いましょう”と書かれていた。と、思い出した。10年ほど前の7月、トロントに暮らす私の大好きな大切な友人を訪れる際に私の好きなボローニャのチョコレートを土産にしようと考えた。それで、それを求めて旧市街の店に行ってみたら、無かった。あんなに美味しくてボローニャの人で知らない人は居ないようなチョコレートが無いとは。怪訝な顔を向ける私に店の人が教えてくれた。あのチョコレートはデリケートなので初夏から初秋まで店に置かないのだと。あの時は酷くがっかりして、少々憤慨したものだ。しかし自分の大好きなチョコレートがデリケートと呼ばれたことに少なからずとも気を良くしたものだ。もうひとつ思い出した。昨年の8月の初め、この店の前を通ったらやはり同じような紙切れが張ってあった。9月の半ばまで休みだなんて長い休みだこと、と思ったが実際はこの時期から休みが始まっていたのだろう。それもやはり10年前のあのチョコレートと同じように、デリケートで溶けやすいから、なのだろう。ちょっぴり残念だったけどチョコレート屋さんとはそういうものだと思えばよい。楽しみが少し先に延びたと思えば良い。チョコレート屋さんが長い休暇に入る頃、ボローニャに初夏がやってくる。


人気ブログランキングへ

コメント

お掃除されたガラーンとした店先の写真が
いっぱい語ってくれて凄く好きです
私の住む古い街でも、磨かれたガラスに貼られた紙で
朝4時から働くパン屋さん一家の長い休暇を知ると、なぜかうきうきします
また、古くからイタリア人家族がしているジェラードのお店は
10月にパンと閉めてサルディーニャに休みに戻ってしまうんですが 
3月になって開いてるのを発見すると嬉しくなったり 
住む街のお店ってもう自分に入り込んでいる。。? 笑 
yspringmindさんの撮られる街のお写真と文章を大切に拝見させて頂いています 
ボローニャにある美味しいチョコレート屋さんは、地味ないい感じの通リにあるんですね!
次回には必ず探しに行きます 数個買ってすぐ食べながら歩いて 
また帰りに買いに立ち寄る  こんなぶらぶらがしたいです   

2012/05/26 (Sat) 10:46 | スプーン #EQkw1b1A | URL | 編集
Re: タイトルなし

スプーンさん、こんにちは。がらんとした店内にはショックでした。一瞬不景気による閉店かと思いましたが、よく考えたらこの店は何時きても混んでいるので不景気とは無縁でした。スプーンさんの町でもそうなのですね。欧羅巴の人々は思い切って休暇を取りますね。その思い切りが見事なので、買いに来て肩すかしを受けてがっかりなのに、何だかにやにやしてしまう。ということで美味しいチョコレートは9月中旬までお預けです。ということでボローニャに来られる時は夏場を外してくださいね。店が閉まってます。それかえらどうぞ声を掛けてくださいね。美味しいワインをご馳走します。

2012/05/26 (Sat) 19:33 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する