5月24日

Immagine 008 (Small)


5月下旬。そろそろ半袖になりたいところだ。それから素足にモカシンシューズで軽快に街を歩きたい。ところが少し暖かくないのである。それどころか寒がりの私に限らず、ボローニャの人達もコートにスカーフという装いだ。中にはブーツを履いている人もいるし、ウールのセーターの人もいる。なかなかすっきり晴れ上がらぬ空を眺めながら、また今日も冷たい雨が降るのだろうかと心配する。この明るくて楽しい季節を無駄に過ぎてしまう気がして、私は心配と焦りの毎日なのだ。私がイタリアに引っ越してきたのは5月24日だった。コットンの長袖シャツにジーンズという装いで午後4時頃ボローニャ空港に到着した。今でもさほど大きくないがあの頃は今の半分ほどの規模だったし、小さなバールと売店があるくらいだったから酷く寂しげな空港に感じた。外に出ると眩い光に満ちていた。あれは本当に明るい午後だった。タクシーで旧市街に向かい、Via Santa Caterina で降りた。古い通りで道の片側だけに古い木製のポルティコがあった。アメリカから引っ越してきた私にはそれが実際よりも古びたように見え、こんなところに暮らす知人のアパートに転がり込むことを多少なりとも不安に感じた。17年前のことだ。あの日は日差しが強くて夕方なのに暑かった。ポルティコの下に椅子を出して寛ぐ界隈の老人達が私と相棒をちらちらと眺めていた。相棒は兎も角、見るからに異国人の私は珍しかったに違いない。私は大きな荷物の上に腰を下ろし、相棒は知人と連絡を取るために電話を探しに行った。私は人々の珍しげな、好奇心に満ちた視線を疎ましく思いながらも、それが悪意に満ちたものでないこと確認してほっと胸を撫で下ろしたのだった。じっとしているのに暑くて、咽喉がからからになってどうしようもなくなった頃、向こうのほうから知人がやって来た。髪を長く垂らした、袖なしのシンプルなワンピースが良く似合う若い女性だった。既に袖なしなのかと驚きながらも、私はボローニャの5月とはこんな季節なのだと思ったものだ。それなのに今年ときたら。そういえば子供の頃、梅雨がなかなか終わらないと随分心配したものだ。私たちの楽しい夏が短くなってしまうのではないかと。そんなことを思い出して苦笑する。あの頃から私はちっとも変わっていない。


人気ブログランキングへ

コメント

あの頃から・・・変わらない
横浜元町から海岸通りは散歩には程良い距離と言えるのですが、
今となれば、ちょっと頑張って歩いたと言ってもいいくらいなのではないでしょうか
先日、元町商店街を端から端まで歩きましたが、少しくたびれました
歩くのは嫌いではないのですが、次の日にひびくとおもうと
以前とは違うと確信しました
日本も昨日今日と夏日になるといわれてましたが、シャツ一枚では肌寒いです

2012/05/24 (Thu) 04:07 | 春風 #jgTtIlIo | URL | 編集

yspringmindさま、こんにちは

初めまして


京都に住む、高兄(たかにい)と云います


御blogは

3月ぐらいから、こっそり覗かせていただいてます


ひとつのエッセイを読ませていただている気分

素敵なblogですね^^


イタリアは、もう

8年ぐらい行ってないのですが

御blogで、イタリアの風を感じさせていただいています

ありがとうございます♪

2012/05/25 (Fri) 10:21 | 高兄 #g5RiUbL. | URL | 編集
Re: タイトルなし

春風さん、横浜元町から海岸通りは散歩には程良い距離なんですね。商店街の左手に美味しい蕎麦屋がありましたが今もあるのでしょうか。少し前まではいくら歩いても一晩眠ると完全に元気になったけど、最近は翌日まで引きずります。寂しいですねえ。今度日本に帰るときは横浜を歩いてみたいと思います。まだ1年以上先のことですが、今からとても楽しみです。

2012/05/25 (Fri) 23:29 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

高兄さん、はじめまして。京都にお住まいのそうですね。素敵ですねえ。ブログを拝見しましたが美しさに驚きました。こういう町に暮らしていると感性も豊かになりますね。イタリアには8年ほど来ていないそうですが、ボローニャを訪れたことはありますか。まだでしたら、一度お立ち寄りくださいね。美味しいワインにお誘いしますよ。

2012/05/25 (Fri) 23:34 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する