フィレンツェへ行こう

Immagine 166 (Small)


何時雨が降り出しても不思議ではない空。あの重苦しい雲の上に雨粒が溜まっているのだろうか。それともあの雲が水分をたっぷり含んだタオルのようなもので、指で押したらぽたぽたと雨粒が落ちてくるのだろうか。おかげで地上の空気も酷く湿っぽく、自然と日本の梅雨時を思い出す。窓の外を眺めながら思う、昨日行ってよかったと。行き先はフィレンツェだった。予定していたわけではない。金曜日の帰り道にふと思いついた程度のことだった。世間の人々は5月1日までの数日を連休にして遠くに足を延ばすけど、私は連休ではないのでいつもどおりの週末だ。しかし天気が良いようだから、どこか近くに足を延ばしてみようかな、と。思いついたその足で翌朝乗る列車の切符を買った。そうすることで少し楽しみが早く始まるような気がしたからだ。ところで翌朝乗った各駅停車は驚くほどの満員だった。ドアの傍に立ち尽くす私は列車の揺れで何度も隣の人にぶつかっては詫び、そうしているうちに言葉を交わすようになった。隣の人は10歳くらいの男の子の父親だ。母親が同行していないのには何か事情がありそうだが、兎に角仲の良い父子で、赤の他人の私が見ていても嬉しくなるくらいだった。彼らは海に凧上げに行くらしく、リックサックと凧を持っての旅だ。本当ならば急行列車で行きたかったが満席だったので各駅停車に乗ったのだそうだ。予想はしていたが各駅停車もこんなに満員だとはね、と苦笑した。私だって驚いた、この各駅停車はいつもならば各車両に10人も座っていればいいほうなのだからと答えた。車両の中の座席につく人達は殆どが大きなリュックサックで旅をする若者だった。1時間半も立ちっぱなしだったので列車を降りる頃には疲れていた。これからが楽しい散策なのに。そうして駅の外を出ると驚くような晴天。それは初夏というよりは夏とも言えるような陽射しの強さで、路上のデジタル温度計が30度を示していた。フィレンツェは旅行者の多い町だ。この街には沢山の人が様々な国からやってくる。私がアメリカに暮らしていた頃に知り合った人達は誰もがフィレンツェを夢見ていた。芸術の町、ルネサンスの都フィレンツェと。そういえば時々購入した旅行の雑誌にもアメリカと言うとまずはフィレンツェの名前が先に書かれた。ローマでもなく、ヴェネツィアでもなく。恐らくそれはアメリカだけではないだろう、と思うほど外国人旅行者が多い街なのだ、フィレンツェは。私はそんな人達を避けるかのように裏道ばかりを選んで川を目指した。アルノ川。私がフィレンツェに通った5年間、毎日見た川。川の手前に職場があったから、昼休みに外に出ると川に遭遇した。あの頃はなんてことの無い川だと思っていたけれど。川の流れを眺めていて思い出した。職場に良く来た女性の犬だ。白いプードルで大きくならない種類だったが何故か大きく成長した。彼女は犬を溺愛して何処へ行くにも犬と一緒だった。ある暑い日、彼女は友人と共にアルノ川に肌を焼きに行った。勿論犬も一緒に。そのうち犬はじっとしていられなくなったらしい。もぞもぞ動いているうちに川に落ちてしまった。驚く犬、焦ってじたばたする彼女。運良く犬は川から救い出されて一件落着。しかしその話は何年経っても私の頭から消えることが無かった。だから川を眺めているうちにまず思い浮かんだのがこのことだった。向こうのほうに寝転がるのに丁度よさそうな場所があった。あの辺りだろうか、彼女たちがいたのは。そんなことを思った。彼女はその数年後、犬と共に日本に帰ってしまったけれど、時々思い出すことはあるのだろうか、例えばこんな感じの大きな川に遭遇したときには。向こうのほうからカヌーがやって来る。仕事をしていた頃はこんな風にゆっくり眺めることも無かったから、街の真ん中を悠々と流れる様子に気がつくことも無かった。案外いいじゃない。そんなことを言ったらあの頃周囲にいたフィレンツェ人たちに今頃気がついたのかと呆れられそうだけど。それにしても日差しが強い。咽喉が渇いた。私は日陰と冷たい飲み物を求めて歩き出した。


人気ブログランキングへ

コメント

懐かしいです。数年も前のことですが、何度かFlorenceにいきました。街の美しさに心引かれ、朝から暗くなるまでカメラを抱えて歩き回った記憶があります。その時思ったのは、Florenceはどこで写真を取っても、絵になるなと思いました。おそらくボローニャもそうなんでしょうけど。私も、またFlorenceに行った気になって読ませてもらいました。ありがとうございました。

2012/04/30 (Mon) 07:11 | HKMONKEY #LkZag.iM | URL | 編集

フィレンツェ
私には忘れられない街の一つです
世の中連休と言えども普段と変わらぬ生活をしている方は沢山いるのではないでしょうか
私もその一人です

近場の浜辺で磯遊びを楽しみ 我が家で毎日バーベキューをしてのんびり過ごしてます
明日は連休の中休み

子供は学校へ

夏休み前の最後の連休 体を休める為の休暇にしたいです

2012/04/30 (Mon) 12:58 | 春風 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

HKMONKEYさん、こんにちは。フィレンツェ、懐かしいですか。私も今回、カメラを抱えてひたすら歩き回りました。この街は目に入るものすべてが魅力的です。ボローニャとは全く違う味わいのある街で、私には実に新鮮なのです。フィレンツェの色とボローニャの色、これは明らかに違いますね。ただ、道はボローニャのほうが断然歩きやすく、そして雨や強い日差しを遮るボローニャのポルティコの有り難さを今回実感しました。何時かまたフィレンツェに行けるといいですね。

2012/04/30 (Mon) 23:44 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

春風さん、こんにちは。春風さんにとってもフィレンツェは忘れられない街ですか。私は通っていた5年間は何も感じなかったくせに、通うのをやめて少し経ってから急に気になりだしました。あれから6年経った今は私にとって特別な街のひとつです。それにしても近場の浜辺で磯遊びを楽しんで、家で毎日バーベキューだなんて連休に何処かへ行くよりもずっと楽しそうですよ。浜辺で磯遊びなんて・・・ちょっと詩の世界みたいで素敵です。残りのお休みも楽しんでくださいね。

2012/04/30 (Mon) 23:49 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する