2月の特別寒い日

Immagine 011 (Small)


もう降らぬと思っていた雪がまた降った。昨晩からの雨が今朝も降り続いていて、昼を過ぎても降っていると時々窓の外を眺めながら思っていた。まあ、雨なら良い。雪が困りものなのだ。そう思っていたところ仕事を終えて外に出たら雪に変わっていた。激しい降りではないにしろ。今日、知人がこんな話しをした。もう随分前に亡くなった彼女の父に良く似た人を買い物の途中に見掛けたこと、あまりに驚いて、あまりに懐かしくて、胸が一杯になって路上で動けなくなってしまったこと。それを聞いて胸が熱くなった。私にも経験がある。私はフィレンツェへと向かうためにボローニャ駅に居た。朝だった。寒い冬の日で誰もが着膨れしていた。と、数メートル前方に時刻やプラットホーム番号を表示した掲示板を見上げている年配の男性が目に入った。よく見ると父に似ていた。着こなしも背丈も、被っているハンチング帽も。顔つきなどは見れば見るほど似ていて怖いくらいだった。近くに寄ってみようと思い一歩足を踏み出したところ、男性はちらりとこちらを見たかと思うとあっという間に雑踏の中に紛れ込んでしまった。あのちらりと私を見たときの顔。それが一日中頭にちらついて離れなかった。それから少しして父が亡くなったことを知った。大好きだった父。直ぐに知ることが出来なかったことを私はとても悔しく思ったが、それは親不孝な自分への罰なのかもしれないと思った。ところでその父が亡くなったのはあの駅で父に良く似た人を見た日だった。そうと解って私は声を上げで泣いた。小さな子供のように様々な言葉を発しながら泣いた。あんな風にして父が旅立ちの挨拶に来てくれたのではないだろうかと思ったら、悲しくて嬉しくて何が何だか解らなくなった。それが7年前。それから毎年父が旅立った2月の特別寒い日に父が夢に出てくる。私が父を思い出しているせいもあるが、2月の寒い日に一度だけ夢に出てくる。父が姉と私、それから母と一緒に何か楽しいことをしている夢。食事を楽しんでいることもあれば、どこかを散歩していることもある。私が思い悩んでいれば、父はいつも私と姉に言っていたあの言葉を掛けてくれた。大丈夫、お父さんが応援しているから頑張れ。そんな言葉を掛けてもらって夢から目覚めた朝は何故だか涙が零れて止まらなかった。私は非現実的な不思議なことはあまり信じない性質だけど、父の事に関してだけはごく自然に普通に受け止めて心の中に大切にしまっている。ところで私はここ数日とても辛い気分なのだ。すべてを放り出してどこかに消えてしまいたいくらい。今夜辺り父が夢に出てきて慰めてくれればよいのに。そうだ、寝る前に神様にお願いしてみよう。


人気ブログランキングへ

コメント

ぜひお父さまと夢で会えますように!


人生は真っ直ぐな道ではなくて曲がり角があるそうな。
その曲がり角にさしかかったら、スピンしないようにスピードをおとし上手くまがら無いといけないとか。
スピードを落とすというのは、一時的に自分の波動が下がります。

曲がり角に来たという合図は、自分の「気」の変化により、不運が続いたり体調が崩れたりした時だとか。

なので、曲がり角だなっと思ったら、ゆっくり焦らず、自分を信じるのが大切みたいです。

どうかご自愛をされ、ご自分を世界一大切な親友のように見守ってあげてください。
見えない世界からもたくさんの応援が届いていると思います。

私もささやかながら応援しています。

2012/02/21 (Tue) 00:43 | るみこ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/02/21 (Tue) 09:01 | # | | 編集
初めまして

初めまして、ひろしと申します。
いつも愉しく拝見しております。

夢でお父上とお会いするという部分にひかれて頑張ってコメントします。
私、少しばかり霊的真理を学んでいるのですが、
人は良い睡眠がとれているとき、幽体離脱をしてあの世に帰って魂の光を充電してきているそうです。
そしてあの世の家族のグループ・ソウル(類魂)と私達の最近の行いやこれから起こる事への作戦会議をしたり故人と会ったりしているそうです。
そして私達は、故人や先祖、守護霊様達からいつも温かく見守られています。
私達が自分で決めて来た宿命を、課題を無事にクリア出来るかどうかを。

本当はもっと細かいのですが、こういった類のものは苦手との事なのでここまでにしておきます。
貴重なコメント欄を使ってしまいすみません。
ですが、お父上のお話を見てとても感動したのでどうしても伝えたくて。
どうもありがとうございました。

2012/02/21 (Tue) 10:24 | ひろし #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/02/22 (Wed) 07:17 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/02/22 (Wed) 09:38 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/02/22 (Wed) 12:56 | # | | 編集
Re: タイトルなし

るみこさん、こんにちは。父と夢で会えるのを心待ちにしているのに、昨晩もだめでした。父は他の人、例えば姉や母の夢のほうに出掛けていて忙しいのかもしれません。
人生は真っ直ぐな道ではなくて曲がり角があるというのは本当だと思います。それから坂道もあるみたいです。だからるみこさんが言うように曲がり角にさしかかったらスピードをおとし上手く曲がらないといけないですね。いま私が曲がり角に来ているのかどうかは自分でも解らないのですが、ゆっくり焦らず、自分を信じてみようと思います。自分を世界一大切な親友のように見守るってなんだかいいですね。良いアドバイスをありがとうございました。

2012/02/22 (Wed) 21:18 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: 初めまして

ひろしさん、こんにちは。初めまして。霊的真理を学んでいるそうで、面白い話をありがとうございました。私はこういう話が苦手ではありますが、興味深く読ませて貰いました。父がどこかで私を見守ってくれているのかと思ったら、とても嬉しくなりました。父は頼りない昔とちっとも変わらない私が心配なのではないかと時々思います。でもそうやって心配してもらっていると思うと安心でもあります。
それにしても父が夢にやってきません。おかしいなあ、いつもだったらこの時期なんだけどなあ、と頭をひねっているところです。

2012/02/22 (Wed) 21:39 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、こんにちは。お話ありがとうございました。こういうことは案外沢山の人が体験しているのかもしれませんね。不思議でびっくりですが、そんな風にして近くにいるのだと思うと嬉しくもありますね。大切に思って貰っていた証拠なのだと思います。そんな思い出を大切にとっておきたいですね。

2012/02/22 (Wed) 21:44 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

お名前がなかった鍵コメさん、こんにちは。もう一度コメントを残して頂いてありがとうございました。仰るように私は自分で熟考しながら試行錯誤で手探りしながら答えを見つけていくのが良いと思うのです。答えが見つからないこともあるのですが、そうすることが大切なのだと思うのですよ。私は人より不器用で何事につけても人一倍時間が掛かりますが、それもまた良いでしょう。

2012/02/22 (Wed) 21:50 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、こんにちは。久しぶりに酷く辛い気分ですが、これもまた乗り越える丘と思っててくてく歩いていこうと思います。いつかきっと通過できるはずです。運命のついてですが、私の人生が既に決まっていたとは思ったことがないのです。ただ、時々不意にそう思うことがあります。運命というか、鍵コメさんが言うように円という言葉で表すと良いのかもしれません。さて、父は随分な年齢で他界しました。父は遅くに結婚したものですから。大好きだった父。素敵だったかどうかは解りませんが、私には最高の父でした。その言葉を最後に伝えられなくて残念です。

2012/02/22 (Wed) 21:59 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

一番初めの鍵コメさん、こんにちは。久しぶりですが元気そうですね。順番が狂ってしまいました。
父をボローニャ駅で見つけた時は本当に驚きました。夕方家に帰ってきた時も驚きは止まず、相棒に駅で父にそっくりな人を見た!と大騒ぎでした。イタリア人には似ても似つかぬ父の風貌ですから、多分あれは父だったのだと思います。涙は様々な感情を押し込めることなく流してくれるありがたいものとは。確かにそうかもしれません。泣ける時には泣くべきですね。良い言葉をありがとうございました。

2012/02/22 (Wed) 22:02 | yspringmind #- | URL | 編集

すみません。
名無しの鍵コメは、私でした。
名を記入し忘れました。
失礼しました。

2012/02/23 (Thu) 11:07 | Via Valdossola #P6wRKz4w | URL | 編集
Re: タイトルなし

Via Valdossolaさん、あなたでしたか。これで謎が解決しました。

2012/02/23 (Thu) 22:21 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する