一年の終わりに思う

Immagine 035 (Small)


一年の最後の日にボローニャ旧市街へ出かけた。歩き納め、というよりも天気が良いので家に居るのが惜しかったのだ。冬休みの人達で賑わっているに違いないと睨んでいたのに意外なことに空いていた。そういえば私の知人も毎年この時期には近郊の山に滞在して雪の中で新年を祝う。もしかしたらそんな人達が沢山いるのかもしれない。クリスマス前には満員で中に足を踏み入れることも出来なかったCafe Zanarini 。広いカウンターの周囲をぐるりと客人が取り囲んでいるも、今日は隙間が一杯。ちょっと失礼と言って間に滑り込むのも安易な、普通の混み具合だ。いつもと違うのは、昼間からシャンパンを注文する人が多いこと。本当のお祝いは今夜遅くに、けれども昼間に会う友人知人とも祝わなくてはね、と言うことか。いつもより華やかな雰囲気が漂っていて眺めているだけで楽しくなってくる。そんな風に眺めていたらカウンターの向うに居た若い男女があなたにも乾杯と言わんばかりにそれぞれのグラスを持ち上げて笑みを送ってくれた。私の手元には炭酸水が入った小さな小さなグラスとカップチーノしかない。それで、ええい、どれでも良い、と思いながらまだ掻き混ぜてもいない淹れたてのカップチーノのカップをひょいと目線の高さまで持ち上げて乾杯を分かち合った。勿論シャンパンとカップチーノでは絵にならないがそういう気持ちが嬉しい。イタリアは良いことばかりでは勿論ないけれど、特別良いところは仲間であろうとなかろうと目が合えば挨拶をしあうこと、喜びを分かち合うことである。ついでに時間があれば、知らない人同士もごく普通に話をすることが出来ることだ。私の左隣で若い青年がブリオッシュを齧っている。カウンターの中の男性が彼に話しかけている。君の父上は今年も北の山で新年を迎えるんだね。どうやら青年の父親はこの辺りの有名人らしい。北の山とは、ひょっとしたらコルティーナ辺りかも知れない。ボローニャ辺りの裕福な人はコルティーナに別荘を持つ人が多いから。青年はお腹が空いているらしくブリオッシュを食べるのに忙しいが、ひとつ食べ終えたところで、うん、好きだよね、毎年同じ所に行きたいなんてさ、と言った。それを聞いたカウンターの中の男性はあははと笑ったが、全く同感している様子ではなかった。若者ものとはそういうものだ。目の前にある幸せに気がつくのに時間が掛かる。無い物ばかり探しては不満を言って、目の前にある物の有難さに気がつかない。そう思いながら私はふと自分の若かったことを思い出した。10代の終わり、20代の初め。私だってそんな風だった。もっと我侭だったかもしれない。主張ばかりして欲しいものを求めて夢を追いかけて家を出てしまった。日本を離れて、すべての責任を自分で持たなくてはならなくなって、色んなことに気がついた。それから恐ろしい貧乏をして、今まで何一つ不自由していなかったことに気がついたのだ。取り戻すのは安易ではなかった。でもそれは私には痛くて辛い、しかし大切なレッスンだったと思う。そんなことを思い出しながら隣の青年が、早いうちに現在の幸せに気がつくようにと願った。私みたいなお馬鹿さんはひとりで充分。まあ、そんなお馬鹿さんも、色んなことを学んで成長したと思う。母に言わせれば私は何時まで経っても小さな子供なのだけど、夏に久し振りに会った姉がある日、随分大人になったねと私を褒めてくれた時は嬉しかった。勿論もう随分な大人なので今頃かなあとほんの少し恥ずかしさも混じっていたけれど。一年の終わりに思う。母と姉に会えたこと、祖国の地を踏めたこと、様々な人と出会えたこと、大病もせずに生活できたこと、ああでもない、こうでもないと大騒ぎしながら隠し事無く相棒と生活できたこと。すべての思いを砂糖と一緒にカップチーノの中にざっくり混ぜて、最後の一滴まで飲み干した。

今年もお付き合い有り難うございました。希望に溢れる新しい年が私達全てにありますように。ボローニャの丘からそう願っています。


人気ブログランキングへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/12/31 (Sat) 22:24 | # | | 編集

新年おめでとうございます
今年もどうぞよろしく・・・

2012/01/01 (Sun) 09:34 | ca_fior #- | URL | 編集

新年明けましておめでとうございます。
2011年はyspringmindさんとお会いできてとても幸せなものになりました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。またお目にかかれますことを心待ちに。

2012/01/01 (Sun) 14:30 | orpheusbritannicus #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、明けましておめでとうございます。
ご無沙汰でしたが便りのないのは元気な証拠ということで、お元気そうで嬉しいです。こちらボローニャは不景気の風が吹いておりまして、例年よりも静かな大晦日でした。それにしても最後の最後に食料品市場に行くとは、いいですね。明日は普通の月曜日ですから、私も食料品市場に新鮮な果物やチーズを探しに行くつもりですよ。それでは近いうちに鍵コメさんの未開拓地に遊びにいかせて頂きますね。今年もお付き合いお願いいたします。

2012/01/01 (Sun) 16:45 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ca_fior さん、明けましておめでとうございます。
新しい一年、小さな沢山の喜びがca_fior さんにありますように。今年もお付き合いお願いいたします。

2012/01/01 (Sun) 16:47 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

orpheusbritannicusさん、明けましておめでとうございます。
私もお会いできてとてもよい一年でした。沢山の刺激と勇気に似たようなものを沢山分けていただきました。また近いうちに・・・なんて素敵だと思いませんか。今年もお付き合いお願いいたします。

2012/01/01 (Sun) 16:49 | yspringmind #- | URL | 編集

yspringmindさん、明けましておめでとうございます。

インターネットが発達してネガティブな情報のがいやでも目に入ってくることが多い中あなたのブログには人間的な感情と思考がちりばめられていて、ここにくると自分もボローニャのカフェに、ワインバーに、ピアッツァにいるような感覚にさせてくれます。それもスクリーンを眺めているのではなくその空間のなかで会話にまで参加しているような感覚をくれます。そういう訳で仕事帰りにちょっと一杯みたいな感じでブログにおじゃまさせてもらっているのです。コメントなかなか出来ませんがいつも楽しみにしてます。今年もどうぞお元気ですぐそばにある小さな幸せの発見をしてください。幸せな年になりますように。

2012/01/08 (Sun) 12:35 | basilea #V1zXMXvE | URL | 編集
Re: タイトルなし

basileaさん、明けましておめでとうございます。
返事が遅くなりましてごめんなさい。年明けのご挨拶の日記を書いた後にパソコンが病に罹りまして、今日やっとパソコンのある生活が戻ってきました。インターネットは便利ですが、無い生活も案外よいものです。毎日本を読んだり紙に文章を綴ったりして文化的な生活していました。
私のブログに人間的な感情と思考がちりばめられていていると感じて頂けたことに大変喜びと、同時に感謝に似た感情を感じました。今年も素朴で小さな楽しみや喜びを見つけながら綴っていきますから、ここに来て一緒に街を歩いたりカフェで一杯を楽しんでくださいね。basileaさんにも幸せな年になりますように。

2012/01/14 (Sat) 00:18 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する