冬の旅

Immagine 137 (Small)


女友達から電話を貰った。この冬休みの一緒の旅行はどうやら無理そうだと。彼女は酷く気にしている様子で、其れをはっきりと言葉にすることが出来ない。だから私が其れを言葉にしてあげたら、彼女の肩の荷が下りたようだった。そもそも無理だったのかもしれないのだ、初めから。私達は違う種類の畑で働いているので、その時期が私にとって一番都合が良くても彼女には都合が悪かったのだから。初めから分かっていた上での試みだったのだ。それでも試みたのだから、私は彼女の歩み寄りに感謝だった。私達はこれから先も一緒に旅をすることは出来そうにないけれど、ならば互いの町に訪れて交流すればよいと話が纏まった。つまり今迄通りで良いと。正直言えば残念だった。仕方がないと解かっていても。ボローニャの町を歩いていると時々旅人を見かける。ひとりで町を歩きまわる旅人。私はそんな人を見かける度に心の中で思うのだ。いったいどんなことを考えながら歩いているのだろう、どんなことを感じているのだろう、と。そんなことをふと思い出して、それではと小さな一人旅を計画し始めた。ほんの少しいつもの生活から脱出するだけでよい。いつもの気に入りのカメラを持って、違う町をひたすら散策する旅。歩いては立ち止まり、歩いてはカフェに入って休憩して。きっと良い気分転換になるに違いない。先程までがっかりしていたのに急に降って沸いた一人旅の案が、私の心を驚くほど刺激している。暫くこのことでわくわくの毎日が続きそうだ。ボローニャに暮らすために引っ越してきたのは1995年の初夏だった。住み慣れたアメリカの海のある町を離れ、相棒と一緒に此処に暮らすためにやって来た。ずっと暮らすためにやって来たと言いながら、私達の心の何処かに、そのうちまた海のあるあの町に戻るのさ、といった気持ちが存在していた。だからこんなに長く此処に留まっていることに、時々ふたりして驚くのだ。私達はまだ此処に居るんだね、と。いったい何時までここに居るんだろうね、と。この町に暮らすことに決めた時、私はこんな風に思っていた、近隣国にいつでも訪れることが出来る、と。ちょっと気が向いたときに穏やかな太陽を求めてニースへ、眩しい陽射しを求めてアンダルシアへ。洒落た空気を求めてパリ辺りへ。刺激を求めてロンドンへ。白夜の北欧へ、まぶしい初夏の緑を求めてスコットランドへ。どれもこれも簡単に実現できそうでいて、実際はその何処へも訪れる機会を得られぬまま十何年が過ぎていった。この機会に初めての町を訪れてみようと思う。雪が降るかもしれないし、毎日雨降りになるかも知れない。でもそんなことも旅の楽しみの一部として受け入れて、色んなことを感じることが出来たら良い。少し鈍感になってきた自分の感覚に刺激を与える旅。いつもの生活から脱出する旅。成長する為の旅。何とでも名前がつけられそうなこの冬の一人旅に、久し振りに心が躍って仕方がない今日である。


人気ブログランキングへ

コメント

こんにちは。
旅は、人生にとって必要なのでしょうね。
旅は、日常か、それとも非日常か?
日常の延長線にある非日常だから、行ったり来たりできるのでしょうか?
でも、旅に出るって、私にとっては、ちょっと勇気が必要です。

2011/12/01 (Thu) 17:53 | Via Valdossola #P6wRKz4w | URL | 編集
Re: タイトルなし

Via Valdossolaさん、こんにちは。
旅はとても贅沢なものだと思うのです。時間があるだけでは駄目、お金があるだけでも駄目。其の両方があっても旅をする元気がなければ駄目。だから私にとって旅が出来ることは幸運であり、感謝でもあるのです。旅は日常の延長ですが、見るもの聞えるものがいつもと違うので刺激的です。旅が大好きですが、しかし旅に出るのに勇気が必要というVia Valdossolaさんの感覚も何となく理解できるのですよ。

2011/12/03 (Sat) 00:26 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する