知らない人

Immagine 030 (Small)


雨がしたたかに降り続ける土曜日の晩、外出をした。雨が苦手な私にしては大変勇気の要る外出であったが、楽しみにしていた約束とあれば雨降りも何とかなるものなのである。大雨のピアノーロを後にして旧市街へ行くと雨は既に止んでいて、しかし随分激しく降ったらしくしっかりと濡れた路面が街灯に照らされて強い光を放っていた。生温い湿った空気の中を時々冷たい冬の風が吹き抜ける。空を見上げると雲に霞んだ月が弱く光っていて、全く奇妙な夜であった。広場を横断して待ち合わせの場所へと足を急がす。約束の時間より数分早かったが、相手が待っていたのには驚いた。此処がイタリアであることを忘れた瞬間であった。初対面の人達だった。昔の私だったら少々気後れしていたに違いなく、そもそも会う約束などしなかっただろう。其の辺りが昔と随分変った点で、私はそれをひとつの成長と思う。何時の頃からか、知らない人達と会うのが好きになった。すべての始まりは知らない人同士の出逢いであって、それを避けていたら自分の世界が広がらない。自分の型の中は居心地が良いが、進歩も発展もなく、何時も同じ地点に留まるようなものなのだ。と、いうようなことを誰かの口から零れたのを耳にして、そうか、それなら変えてみようか、と思ったのだ。さて楽しい時間を過ごした。初めての相手も美味しいワインと食事があれば次第に肩の力も抜けて、良い時間を過ごせるものだ。それが出来ない相手というのは、つまり気の合わない同士ということだ。店を出て私達は別れた。広いようで狭い世界だ。何時かまた何処かで会うことがあるに違いない。22時半を回っているのにボローニャの街はまだまだ眠る様子がなく、若者達の集団が広場を幾度も横切っていった。今夜の約束がなかったら、ボローニャの夜の賑わいを見ることはなかっただろう。夜に家から出るのは億劫だけど、たまには良いものだ、と思いながら丁度到着した13番のバスに乗った。おやすみなさい、ボローニャ。


人気ブログランキングへ

コメント

山を越えて お隣 フローレンスより ボンジョルノ。。。
きっと もうすぐ誕生日っていう そんな気分が 知らない人にあってみようって 
思わせているのではないでしょうか? 益々素敵な1年にしてください。 
では お誕生日の日に向けて  TANTI AUGURI! 

2011/11/07 (Mon) 10:15 | FLORENTIA55 #NN0jmGmk | URL | 編集
Re: タイトルなし

FLORENTIAさん、こんにちは。知らない人に会ってみようと思い始めたのは随分前からなんですが、確かに誕生日が近づくといつもと違う行動をしたくなりますね。よく考えてみたら毎年この時期は決断が早かったり思い切りがよかったりと誕生日効果があるみたいです。うふふ。私にとって11月とはそんな月です。

2011/11/09 (Wed) 23:21 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する