10月・ブダペスト

Immagine 087 (Small)

10月が駆け足で過ぎ去ろうとしている。夏が終わってから俄かに小さな色々が動き始めて少々忙しい秋になりそうだと思っていたが、実際はとても忙しい秋になった。大きな変化は、無い。でも小さな様々が変化しようとしている。それらの全てに気を配ることに大雑把な性格の私は多少ながらも疲労を感じたりするのだが、そしてぬくぬくと平凡な生活をすることに慣れた私にはめまぐるしくて時々うんざりしたりもするのだが、今のところ良い方向にことが動いているようだ。だから感謝すべきなのだ。文句を言っている場合ではないのだ。先日ハンガリーを訪れた。10月に訪れるのは初めてのことだ。ブダペストから田舎へ車を走らせると美しい紅葉があった。日本のような美しい紅葉。何年もそれを見ていなかった私は、何も無い田舎の風景の中に宝石を見つけたような気分になって、何時までも目を離すことが出来なかった。ブダペストは思っていた以上に寒かった。ボローニャの12月みたいな寒さで、雨が降り始めると寒さがしんしんと身を刺すようだった。そんな雨の晩、私は友人とカフェで待ち合わせをした。メンツァと言う名の店。洒落た界隈にあって、相棒とブダペストに訪れる度にこの店に入ろうと誘ってみるが、成功したためしがない。ボローニャにはないタイプの店で、夏場は洒落た人達がテラス席に一杯に座っている。確かに相棒には不似合いな感じがする。それにひどく高そうな外観なのだ。それで店の前まで来ていながら中に入ったことが無かったのだが、ふた夏前に友人に誘われてようやく店に入ることになった。70年代と現代が複雑に絡み合うセンスに満ちたこの店は確かに他の小さな店よりも少々高いけれど雰囲気代と思えばよかったし、長居をしても嫌な顔ひとつされないのが嬉しかった。1年振りに会う友人。互いの近況の報告が終わると、直ぐに共通の友人の話題に移り、そしてクリスマス休暇の過ごし方へと流れていく。私達は箸が転がっても可笑しいような十代の女の子ではないけれど、何を話しても楽しくて時間を忘れてしまうくらい話すことが多い仲なのだ。私達が出会ったのは20年前。アメリカの海のある町だった。あれから互いに違う国に暮しながら友人関係を続けてきた。この冬一緒に旅をしないかと誘ったのは私だった。未だに行き先は決まらない。実現しないかもしれないけれど、そんなことを考えるのが楽しくてたまらない私達は、20年前からちっとも変わっていないのではないかと思う。さあ、そろそろ店を出ようか、と席を立つ。真冬のように寒い夜のブダペスト。外は糸を引くような雨。はーっと息を吐くと白い煙になって天に昇って行く。夏とは違うブダペストの表情を見つけて、それはそれで嬉しいことであった。



人気ブログランキングへ

コメント

ダイアモンドの街角

こんにちは、こちらに移転されてから初めてコメさせて頂きます。yspringmindさんの写真と文章は、いつも空気感が伝わってきて、熱気とか、ひんやりした感じとか。それに、においやざわめき、心の小さいひだの部分まで。風景も想像するし、そこに自分の思い出も重ねたりします。今回の文章は自分でも理由は分かりませんがなぜか涙が出ました。写真を拝見した瞬間に松任谷由実のダイアモンドの街角が流れてきました。歌詞を覚えているわけではないのですが、歌の最後の「ダイアモンドの、街角」という歌声が妙に頭に響きました(苦笑)
素敵な旅行、何よりですね。寒さも厳しくなりますが、どうぞご自愛くださいませ。これからも素敵な写真と文章、楽しみにしております。

2011/10/30 (Sun) 04:53 | YUKI #- | URL | 編集
Re: ダイアモンドの街角

YUKIさん、こんにちは。色んなことが伝わったようで嬉しく思いました。有難うございます。写真も文章も素人ですが人に何かを伝えることが出来るって素敵なことだと思いませんか。いつも自己流に模索しています。
ところでブダペストに来るといつも以上に色んなことを感じたり考えたりするのは本当に不思議なことです。そういう空気がこの町に流れていると言うか、そういうシーンや色があるというか。そんなこともあって11回も通ってしまいましたが、まだまだ飽きる気配はありません。これからも色んなことを共有していただけますように。お付き合いお願いします。

2011/11/01 (Tue) 00:28 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する