匂い

Immagine 021 (Small)


散策に丁度良い気候。目的は何もないが、そのうちこんな軽装でふらふらと街歩きを楽しめなくなるのだろうと思うと、勿体なくて真っ直ぐ家に帰る気になれない。そんな人は私だけでないらしく、街は沢山の人達で賑わっていた。真夏のような賑やかさ、華やかさは無い。その代わりにすっきりした空気が漂っていて、そこらで食前酒を楽しむ人達の表情も爽やかだ。今が一番良い季節。そんな言葉が耳に入ってきたので振り向いてみたら、店の前に出されたテーブル席に私と同じ年頃の女性がふたり座っていた。彼女達も仕事帰りだろうか。仕事帰りの一瞬を仲の良い同士で分かち合っているのかもしれない。たまにはそういうのも良いものだ。9月が終わりに近づくのが毎年楽しみだ。それはテラスの角に置かれた金木犀の花がいい匂いを漂わせるから。数年前に相棒の親戚が贈ってくれた金木犀。日本の家の庭にあった大きな金木犀の花ほど色鮮やかではないにしても、いい匂いは日本のそれと全く同じ。匂いが私の鼻先を擽りながら、日本に居る家族のことや友人知人のことを思い起こさせ、私はと言えばそんな瞬間を口の中でキャンディを転がして味わうように堪能する。夕方、テラスに椅子を出してお茶を楽しんでいたら地上から声が聞えた。うーん、いい匂い。彼女は鼻だけを頼りに匂いの在り処を探しているようだった。私はそっと陰に隠れて、思わず嬉しくて笑みが零れた。この辺りでは珍しい金木犀の匂い。この季節だけの楽しみ。


人気ブログランキングへ

コメント

yspringmindさん、こんにちは!!
ボローニャも秋の空気で包まれているのですね。
コロラド山脈地帯は、アスペンの黄葉が真っ盛りです。

金木犀がボローニャで育っているのかと驚きましたが、
yspringmindさん宅だけに植えられたものなんですね。
あの甘い香りがお家で楽しめるとは、なんて素敵でしょう。

私の実家にも巨大な金木犀があり、甘い香りは遠くまで漂っていました。
懐かしい金木犀の話題に思わず日本の秋へと心が飛びました(笑)

小さな小さな花なのに、あの甘い香りはとても印象的ですね。

2011/09/29 (Thu) 21:24 | るみこ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

るみこさん、こんにちは。コロラド山脈地帯では黄葉が真っ盛りですか。今すぐ飛んでいって観賞したいですねえ。金木犀は調べてみると中国の植物であることが分かりました。どうりでヨーロッパに無いはずです。アメリカでも見かけませんね。金木犀の木は地面に植えれば大きく成長するのですが、4年目にしては家の金木犀は小さいのです。大きな鉢にたっぷり土を入れたとはいえ、地面にのびのびと根っこを張らすことが出来ないのが原因でしょう。しかしあのいい匂い!金木犀の匂いは日本のこと、日本での生活のこと、家族のことをたっぷりと思い出させてくれますね。

2011/10/01 (Sat) 18:04 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する