素朴で静か

昨日の大風が立ち込めていた熱気と空の塵を一掃したらしい。今日はさわやかな微風が吹く素晴らしい青空の1日だった。半袖姿でじっとしていると少し寒く、しかし木綿のカーディガンを羽織っていると暑苦しい。羽織っては脱ぎ、脱いでは羽織る。16年前ボローニャに来る前まで暮していたアメリカの、海のある町がそうだった。風が無ければ暑いくせに、潮風が吹き始めるとあっという間に鳥肌が立つほど冷え込む。今日は1日、何度もあの町を歩いているような錯覚に陥った。一種のノスタルジー。違いは海の匂いがしないこと。それから目に映る眺めが明らかにボローニャであること。ボローニャの旧市街は意外と空いていた。今頃から海や山に家を借りて週末を過ごす人が多いボローニャ。不景気といえどこの素晴らしい季節を楽しまない手はない、ということなのだろう。それがとてもイタリア人らしく、ボローニャの人らしいと思う。5月の終わりにしては涼しくて気持ちが良いので沢山歩いた。素足にモカシンシューズを履いてきて良かったと何度も思った。こんな気持ちの良い日はこれから何度も無いだろう。歩きつかれたのでカフェに入ろうと思ったが、ふと気が変わって市庁舎のほうに足を向けた。モランディ美術館だ。カフェで一息つく代わりにモランディの絵を見ながら一息つきたくなったのだ。此処に来るのは久し振りだった。一瞬その存在を忘れてすらいたのに急に思い出したのは、最近届いたメールにモランディのことが書かれていたからだった。彼の絵が好きだ。モランディがどれほど有名か私は知らないけれど、テレビで見たことがある。モランディといえば静物画らしい。でも私が好きなのは彼の風景画。情熱的でもないし刺激的でもない。私が好きなマティスとは違う、素朴で静かで見る者に優しいモランディの絵。絵の前に置かれている小さな椅子に腰を下ろして眺めているとほっとする。カフェで休憩するのも良いけれど、好きな絵の前で休憩するのも良い。喉が潤う代わりに精神が潤う、と言ったらどうだろう。そういうのもたまには良い。すっかりリフレッシュしてモランディの絵を後にした。建物の窓から土曜日の午後にしてはひと気の少ないPiazza Maggiore が見えた。

人気ブログランキングへ

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://yspringmind.blog.fc2.com/tb.php/1038-64d5bb7a

Comment

inei-reisan

絵を見てから、休憩をしたいなんて、とてもいいですね。。私も今日美術館に行きたくなりました。
  • URL
  • 2011/05/29 07:21
  • Edit

go_to_rumania

盆地ならではの、海がない、ボローニャ・・・
ノスタルジー・・・
なんだか読みいってしまいました。
ボローニャ、今年はまた夏にいけるかしら・・・

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/05/31 03:19

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/05/31 03:19

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/05/31 03:25

florentia55

ボンジョルノ ボローニャでみるモランディって私もとても惹かれます。電車の乗り換え時間をちょっと長めにして結構出かけてるのがモダンディ美術館なんです。絵を楽しんだ後に目にするボローニャの街並みがアクセントになっていたのかも?なんかそんな風に思えてうれしくなりました。

yspringmind

inei-reisan さん、こんにちは。絵はいいですね。好きな絵を見ているとほっとします。来週は別の所に絵を見に行こうかと思っているところです。

yspringmind

go_to_rumaniaさん、今日は祝日なので明日の金曜日を休んで4連休で海や山に行く人が多いようです。夏はいいですね。すべてが輝いて見えます。ボローニャにこの夏も来れるといいですね。

yspringmind

鍵コメさん、こんにちは。メールさせて頂きます。

yspringmind

florentia55 さん、こんにちは。モランディ美術館て小さくて作品数も少ないけれど私はとても気にいっているのです。素朴なボローニャらしいモランディの絵。休憩場所にはもってこいです。

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR