曲り角

近頃バスで帰宅するのが楽しい。混み合うバスに乗って帰るのが大嫌いなくせに楽しいとは。理由は簡単、空がいつまでも明るいからだ。冬場は仕事を終えて外に出る頃ににもなると真っ暗だったから大好きな旧市街とて足が遠のきがちだったけど、最近は足取りが軽い。冬も春も夏も、1日は24時間。朝起きる時間も夜ベッドに潜りこむ時間も同じだというのに、空が明るいとちょっとくらい遅くなっても大丈夫と考えるのは何故だろう。これは私に限ったことなのだろうか。此処は気に入りの曲がり角。曲り角に古い塔が建っている。こんな様子が実にボローニャらしいと思いながら、私はこの前を通り過ぎる。私はボローニャに暮し始めた頃この場所に何か深い思い出みたいなものを持っているらしいのだけど、それが何だったのかはいくら考えても思い出せない。しかし時々もう此処まで思い出せそうになったりする。何時か記憶の引き出しがひっくり返って思い出せたら良いのに、と思う。街の中心から96番のバスに乗って家に帰った。8時になってもまだ明るい空。9時を過ぎてようやく暗くなり始め、少し目を離した瞬間に群青色に変っていく。見上げると美しい月。その右下辺りに墨汁を流したような黒い雲の群れ。空の芸術。美しい構図。そんなことを思いながらはっと気が付いた。久し振りだった。こんな風に空を堪能するのは。暫くつまらないことに惑わされて気持ちに余裕が無かったのだ。久し振りに美しいものを美しいと思えたことにそっと感謝した。

人気ブログランキングへ

コメント

No title

『これは私に限ったことなのだろうか。』のくだりですが、そんなことないですよ。日が長くなると、なぜだか不思議と足取りも軽く明るい気分になります。同感です(笑)。
空は、毎日時間の経過と共に姿を変えて、時として同じ空は見られないのが、残念でもあり、また自然の美しさですよね。青空も気分がスカッとしていいですが、綺麗な夕暮れ時の空が、私は一番好きな風景です。

2011/05/11 (Wed) 06:50 | ca_fior #79D/WHSg | URL | 編集
No title

ca_fiorさん、こんばんは。夕方がいつまでも明るいっていいですね。訳も無くうきうきします。これから秋まで空を眺めるのが楽しい季節。私が一番好きなのは大きな入道雲が浮かぶ青空。それから群青色の夕方の締めくくりの空。奇麗な空を見て奇麗だと思えることが大切です。そう思えるうちは心が健全で幸せな証拠です。

2011/05/11 (Wed) 23:00 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/06/15 (Wed) 21:55 | # | | 編集
No title

鍵コメさん、お久し振りです。地震は大きくて驚きでした。大きな被害でしたから乗り越えるための課題も大きいですが、日本の震災復興への力の大きさを日本を外側から見つめながら感じているところです。
それでは改めてメールにて連絡させていただきますね。

2011/06/15 (Wed) 23:14 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する