気持ちの良い人々

ボローニャ旧市街の中でも南の部分に値するところに私の取っておきの道がある。と言っても特別な店が在るでもないし洒落たカフェがあるでもない。由緒ある建物があるでもないし、まあ、あえて言えば道路よりも数段高いところにポルティコ続いているだけだ。ただ、此処を通る人はあまり居なく、通る車もごく僅か。だから静かで気持ちが穏やかになる。そして此処を歩く人は少ないから人とすれ違ったりするとどちらからともなく挨拶を交わす。ただし静かな声で、辺りの静けさを壊さないように。まるで私達は数少ない同類であるかのように。先日私が此処にきたら、いつも見慣れたポルティコが何時もより格段素敵に見えた。午後の日が照りつけるでもなく、しかし光に抱かれているような。それで写真を撮ろうと思って足を止めた。前方の様子にレンズを向けていると後の方からアメリカ人女性の声がした。私が初めてこの道を発見したとき・・・。どうやら彼女は連れの誰かに語りかけているらしかった。そして私の後ろで足音と声が止んだ。それで振り返ってみると私の直ぐ後ろにアメリカ人女性が両親らしき人達と立っていて、彼らは笑みをたたえてこう言った。待っていますからお写真をどうぞ。と、アメリカの西の方のアクセントが強い英語でそう言った。それで私は急いで写真を数枚撮って、有難うと礼を述べた。彼らは私を追い越して歩き出し、前方の光の中に消えていった。気持ちの良い人々。こんな気持ちの良い人達との小さな接触があるだけで1日が楽しくなる。それにしても彼女はあの時どんな言葉を続けようとしていたのだろう。私が初めてこの道を発見したとき・・・。あれこれ想像してみたが上手く言葉が続かなかったが、多分彼女もまた私同様にこの道がこの静かな通りが好きなのだろう。そうだ、きっとそうに違いない。

人気ブログランキングへ

コメント

No title

yspringmindさん、こんにちは。
ポツダムの田舎も春爛漫、本当に待ち遠しかった良い季節になりました。この「とっておきの道がある」ということが羨ましく思います。こないだ安い中古の車(VWpolo 97年式)を買って、携帯ナビを買って、ようやく街に出ることが出来ました。この車、既に走行距離10万キロ超えていましたが、なかなか走ります!きっとボローニャまでも走れそうです。ポルティコの橙色を見ていたら、行きたくなってきました。

2011/04/21 (Thu) 12:37 | TSUBOI #79D/WHSg | URL | 編集
No title

TSUBOI さん、こんにちは。ポツダムにも春がやってきましたか。冬が長くて憂鬱な分だけ春の来訪の感激は大きいですね。中古とはいえ私的にはVWはなかなか走りが良いと私は思っているんですよ。ボローニャまでこれそうですか? ポツダムからボローニャは一体何キロあるのでしょうね。兎に角、決心したらお知らせくださいね。楽しみにしていますから!

2011/04/23 (Sat) 17:58 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する